五輪スポンサー 動揺がヤバい!東京五輪の開催に不透明感が出始めた

エンタメ
スポンサーリンク

五輪スポンサー 動揺が注目されていますね。

新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中で

心配されている東京五輪・パラリンピック開催の開催

五輪スポンサー企業に動揺が広がっていると話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

五輪スポンサー 動揺がヤバい!東京五輪の開催に不透明感が出始めた

五輪スポンサーの動揺について次のように報道されています。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が本格化し、7月からの東京五輪・パラリンピック開催に不透明感が漂い始めた。国際オリンピック委員会(IOC)をはじめ、主催者側は中止も延期もないと強く主張しているが、多額の協賛金を支払う五輪のスポンサー企業の間には動揺がみられる。

そもそも、新型コロナウイルスの影響で

ここまで色々なイベントやスポーツが注目されているのに

東京五輪・パラリンピック開催に中止や延期がないと言い切っている

主催者側の意見は誰も信じていないのではないでしょうか?

主催者側とスポンサー企業非公式に会合を開いて準備状況を話し合った。出席した関係者によると、新型コロナの感染状況から大会の計画変更はありうるのかどうか、変更があるならそれはいつ決まるのかといった具体的な話はなかったという。

非公式で行われた会合では具体的な話はなかったそうです。

そんな中で五輪スポンサーの動揺は広がっている様です。

あるスポンサー企業はロイターに「懸念する人が増えているが、我々にできることは何もない」と語った。「もし4月も5月も6月も続くなら問題になるだろう。何が起きるか注視している」 。

パートナー企業と東京五輪・パラリンピック組織委員会は定期的に会合を開いており、この日は何十人もの出席者がいた。ある関係者は、「何ら決まっていない。内部はぐだぐだな状態だ」と語り、混乱している様子であることを明らかにした。

現在の状況が続いていくと

東京五輪の開催は無理だというのは明らかだと思えますが

簡単に延期や中止には出来ないのでしょうね。

 

スポンサーリンク

五輪スポンサー 動揺の詳細

詳しい記事はこちら

[東京 12日 ロイター] – 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が本格化し、7月からの東京五輪・パラリンピック開催に不透明感が漂い始めた。国際オリンピック委員会(IOC)をはじめ、主催者側は中止も延期もないと強く主張しているが、多額の協賛金を支払う五輪のスポンサー企業の間には動揺がみられる。

主催者側とスポンサー企業は先週、非公式に会合を開いて準備状況を話し合った。出席した関係者によると、新型コロナの感染状況から大会の計画変更はありうるのかどうか、変更があるならそれはいつ決まるのかといった具体的な話はなかったという。

あるスポンサー企業はロイターに「懸念する人が増えているが、我々にできることは何もない」と語った。「もし4月も5月も6月も続くなら問題になるだろう。何が起きるか注視している」 。

パートナー企業と東京五輪・パラリンピック組織委員会は定期的に会合を開いており、この日は何十人もの出席者がいた。ある関係者は、「何ら決まっていない。内部はぐだぐだな状態だ」と語り、混乱している様子であることを明らかにした。

最終的な決定権はIOCのトーマス・バッハ会長にある。コカ・コーラ<KO.N>やブリヂストン<5108.T>、キヤノン<7751.T>、トヨタ自動車<7203.T>、 パナソニック<6752.T>などがスポンサーに名を連ね、日本企業は昔から気前が良かった。

IOCをはじめとした大会関係者はここ数週間、東京大会を予定通り行うことを強調してきた。IOCは4日、「東京五輪の成功に変わらぬ自信を持っている」と声明を発表。大会組織委員会の森喜朗会長も11日の会見で「安全で安心な五輪を進めるのがわれわれの基本的スタンスだ」と述べ、計画の変更はないと強調した。森氏は「ウイルスの影響はないとは言っていないし、あると思うが、専門家が対応を考えている」と語った。

大会期間中、日本を訪れる外国人は観客と選手を含めて60万人以上と予想されている。もし中止となれば、3300億円以上の企業協賛金と、会場建設など1兆円以上の準備費用が吹き飛ぶことになる。

インバウンド効果と五輪特需も見込まれているだけに、東京大会の成功を自身の政治遺産にしたい安倍晋三首相にとっては避けたいシナリオだ。世界保健機関(WHO)が「パンデミック(世界的大流行)」に相当すると表明した12日、安倍首相はすぐに会見し、「必要な対策は躊躇(ちゅうちょ)なく決断して実行していく。感染の広がりを抑えるために全力を尽くしていきたい」と強調した。

<延期なら1─2年が現実的か>

五輪の予選とテスト大会の一部は場所を変えて行ったり、延期された。本大会は7月24日に開幕予定であり、主催者が最終決定を下すまでにはまだ時間がある。

CBSスポーツで冬季大会の放送権交渉に3回関わったことがあるニール・ピルソン氏は、遅くとも5月初めには状況を見極めると予想する。「感染が縮小しているのか拡大し続けているのか分かるだろう」 と、ピルソン氏は言う。

専門家は、多くの選手が一カ所に滞在する環境で安全な大会を開催するのは難しいだろうと指摘する。「オリンピック村だけでも1万7000人─1万8000人が集まって交流する」と、米スミス大学でスポーツ経済学を専門とするエコノミストのアンドリュー・ジンバリスト氏は語る。

大会組織委員会の理事の1人、高橋治之氏はロイターの取材に、新型コロナが五輪に与えうる影響について、委員会の中でシナリオ作りを始めたことを明らかにした。

高橋氏は、今のところ何も決まっていないとしつつ、たとえ延期の必要があっても「年内の延期は難しい」とみる。高橋氏は「プロスポーツの日程は数年先まで決まっている」と指摘。「あらゆる可能性に備えて準備を始める必要がある。夏に開催できない場合、1─2年程度の延期がもっとも現実的だ」と語った。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

五輪スポンサー 動揺についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

普通に考えてもうオリンピック開催は無理だと思います。意地を張って開催とか言ってますが、現実を見れば開催できないのは明白。

 

まあ分かるが、まず選手のことを心配しなさい。携帯電話契約の注意書き程度の小さな文字も存在しない。

 

オリンピックを巡っては金、施設、コース、環境その他 色々問題が有った。
一度立ち止まり、オリンピックのあるべき姿を見直す機会かと。
ま、見直した所で、米国の放映権、利権争いで決まるんだろうが…
東京が決まった時は素直に良かったと思ったが、その後のゴタゴタ、巨大な建設費、浮かれ振り等…五輪後に来る不況予測
これは興味が失せるわ~

 

IOC、JOC、東京都、そして関係する国会議員の皆様はどうしても開催したい。

「我々は、多額のお金をもらったのです。そして、多数のスポンサーがいる。そのスポンサーの利益のためにも、選手の健康などはどうでも良いから、とにかく開催すれば良いのです」と聞こえる。

仮に開催地が、武漢として、5月に終息したから開催しますと発表されても、各国から出場すると思いますか?

とにかく、早急に中止発表して、全ての関係者が「中止の準備」に取りかかれるようにすべきでしょう。

 

コロナの影響で各国に大量に感染者がおり日本人お断りの国も増えアジア人差別も起きてるいま果たして日本でオリンピックを開いて人が集まるかな?
遠い未来のあり得ない話より目先の問題に取り組んで欲しいまずはコロナでしょ

 

企業協賛金はオリンピックが取りやめになったら返金するのか。契約はどうなっているのかな。

 

オリンピック開催に関しては日本が独断で決めれる問題では無く、参加される国との問題もあるので日本だけが仮にコロナが終息方向に向かったとしても他の国はまだまだこれから影響が現れるような国もあり、予定取りの開催は残念ですが望みは薄そうです。ビジネススタイル的に本来収入があるタイミングの収入がなくなったり、遅延したりした際に資金などでも体力のある企業以外は本当に大変だ。この経済損失は本当に計り知れない。

 

選手の心配、観客の心配もあるからな。
今回ばかりはヒヤヒヤしながら行うよりバスっと延期を決めてコロナに対する対応をしっかりとして行った方が良いと思うが。

 

スポンサーリンク

五輪スポンサー 動揺のまとめ

以上、五輪スポンサー 動揺について調べてみました。

 

コメント