能町みね子 私見に共感の声!専門家以外の意見は聞かない方がいい

エンタメ

能町みね子 私見が注目されていますね。

コラムニストの能町みね子さん

新型コロナウイルスの混乱が広がるなかでの

様々な人が情報を発信する現状私見を述べた事が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

能町みね子 私見に共感の声!専門家以外の意見は聞かない方がいい

コラムニストの能町みね子さんが

TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」に出演して

新型コロナウィルスに関する情報錯綜にたいする私見を述べています。

 


能町みね子さんが考える新型コロナウイルスの感染拡大で広がる混乱の中

専門家以外の人々が様々な情報を発信する現状への私見とは

「私がすごく思うのは、いろんな情報をツイッター、ネット、テレビで見るんですけど、専門家じゃない人の意見は聞かない方がいい、というのが超大きな結論で」

と新型コロナウイルスの

情報が色んなところから出ている現状に対して

「専門家じゃない人の意見は聞かない方がいい」という結論に達したそうです。

その理由を

「例えばツイッターを見ていると、いろんな人がいろんなことを言いたくなっちゃう。“これは間違いじゃないか”“実は陰謀じゃないか”とか言いたがりの人が多くて…。名前は言わないんですけど、私がずっと情報を頼りにしてる人で見なくなった人がいる。本人は自覚がないんだろうけど、多分パニックなんだろうと思って。ひたすらいろんな情報をリンクに貼ってガンガン出してしまう。で、それが偏ってる気がしてきて、その人(のツイッター)を見なくなったってことがあって

能町みね子さんが普段、

ツイッターで情報を頼りにしていた人の情報が偏ってきたのだそうです。

 

 

スポンサーリンク

能町みね子 私見の詳細

詳しい記事はこちら

コラムニストの能町みね子が、28日放送のTBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜・前9時)に出演し、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、専門家以外の人々が様々な情報を発信する現状に私見を述べた。

「コロナの話ばかりで気がめいるじゃないですか」と切り出した能町は「私がすごく思うのは、いろんな情報をツイッター、ネット、テレビで見るんですけど、専門家じゃない人の意見は聞かない方がいい、というのが超大きな結論で」と続けた。

さらに「例えばツイッターを見ていると、いろんな人がいろんなことを言いたくなっちゃう。“これは間違いじゃないか”“実は陰謀じゃないか”とか言いたがりの人が多くて…。名前は言わないんですけど、私がずっと情報を頼りにしてる人で見なくなった人がいる。本人は自覚がないんだろうけど、多分パニックなんだろうと思って。ひたすらいろんな情報をリンクに貼ってガンガン出してしまう。で、それが偏ってる気がしてきて、その人(のツイッター)を見なくなったってことがあって」と自らの体験を紹介。

「情報の錯綜(さくそう)が起こっているので、科学者と経済学者、それなりに名前を出して活動している学者(の意見)が第一にあって、その中でも悲観的な人と楽観的な人と両方見ておくのがいいんじゃないか」とバランスある情報入手の重要性を説いた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

能町みね子とは

能町みね子プロフィール

  • 誕生 1979年3月17日(41歳)
  • 出身 北海道
  • 職業 エッセイスト、イラストレーター、ライター、コラムニスト、漫画家
  • 学歴 東京大学
  • ジャンル エッセイコラムニスト
  • 代表作 オカマだけどOLやってます。

 

代表作「オカマだけどOLやってます。」は

身体上・戸籍上の性が男性であった(性同一性障害の診断書を得ている)ことを隠して

女性としてのOL生活を送る日常を描いた作品です。

能町みね子さん自身はその後、性別適合手術を受け、

現在では戸籍においても女性になっています。

 

スポンサーリンク

能町みね子 関連動画

 

スポンサーリンク

能町みね子 私見についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

それが現実よ。
「専門家」だってこのウイルスがどういうもので,どうやったら治るのか,正確には分からないんだから。
状況を見ながら「多分こうだ」と言うしかないのよ。
だから自分を含めた国民も,情報をよく分析して,考えて行動しないとダメなんだよね。

 

情報の取捨選択は本当に大切だと思う。

最初に結論ありきの情報や主観すぎる意見も要注意。

公平で客観的な情報かどうかも見極めポイントですね。

 

震災の放射能騒ぎのときもそうだったけど、極端な悲観的観測と、正常化バイアスとのあいだで、正しく恐れバランスのいい情報と精神状態を保つのはなかなかむずかしい。
さらには、政権とか権力への反発意識や不信感もこういう非常時には悪いバイアスになることが多いし、ふだんSNSで情報発信が多い頭よさげな人ほど、危機に対してはピーキーなビビりが多いので、冷静な顔してパニックになってることが多いので、逆に信用がおけない。

 

そうだと思います。
価値観は人それぞれですし、優先する物事は人によって違います。複数の人の意見を聞いて個人個人が判断すべきで、その総合で世の中の方向性は決まります。
私は研究者サイドの者ですが参考にすべきは、
新型コロナの病の実態→実際に患者の治療にあたっている医師
新型コロナのウイルスの正体や今後のこと→実際に手を動かして研究している分子生物学に強い研究者等、統計学や数学に長けた疫学研究者
と考えています。
基本的には付け焼き刃の知識で話すジャーナリストみたいな人や専門家を名乗っていても政治的な発言を普段している人は信用しない方がいいです。
ちなみに私自身は経済や心理に関しては素人ですので、基本的にコメントしないように控えています。

 

震災の時と同じ。
むしろ一度経験してるから落ち着いてる。
陰謀論が1番簡単に理解できるし不合理な事でも説明がついて安心できる。
専門家だって初めてのウイルスなんだし断定口調の人は信用してない。
震災の時も自称専門家が口だけの仕事してたけど頑張ってたのは原発で作業してた人。
家にいられる時はなるべく家にいて人とも距離をとるパニックに加担するような買い物しない。
いくら情報入れてもできる事はこのくらいしかない。
コロナに効く食べ物とかも信用しない。
薬もないのに効く食べ物があるわけがない。

 

専門家で、テレビに出ても淡々と説明してる人の意見を信じたいんだけど、
そういう人って、テレビ局受けしなくて呼ばれなくなるのか、演出を求められて本人が断るのか、出演しなくなっちゃうんだよね。

 

「専門家じゃない人の意見は聞かない方がいい」
→その通りだと思う。
とくに民放のテレビ局は酷い。
「内科医であるのに感染症に詳しい医師」という謎の肩書きで登場したり、
「本業は薬剤師であるのに感染症の専門家」を名乗ったり、
とにかく怪しい人物が多い。

NHKだけが「博士号以上で実務経験がある人物」という基準を設けている。
キー局を観ていると殆どが医師であっても専門外や実務経験のない人物ばかり。
NHKでは専門家扱いされず出演もできない人物ばかり。

不安から断言する明確な答えを求められがちだが・・
現状研究中の段階で本当に詳しいなら「わからない」と答えるのが正しい。

そもそも感染症の専門家がテレビに出るほど暇なはずがないです。

安易に安心させたり断言してしまう人物は専門家ではないです。

 

現時点では何が正しいかの答えは確定してないが、自分が信じたい情報を正しい情報と思い込む所が人間の心理にはある。これはコロナに限らず普段からあらゆる事象でそう。

 

スポンサーリンク

能町みね子 私見のまとめ

以上、能町みね子 私見について調べてみました。

 

コメント