エヴァンジェリン・リリー 謝罪!LOSTケイトがコロナ問題発言

エンタメ

エヴァンジェリン・リリー 謝罪が注目されていますね。

「LOST」のケイト役でお馴染みのエヴァンジェリン・リリーさん

新型コロナウイルスに関する問題発言をして謝罪した事が話題になっています。

どんな発言をしたのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

エヴァンジェリン・リリー 謝罪!LOSTケイトがコロナ問題発言

ドラマ「LOST」のケイト役でブレイクしたエヴァンジェリン・リリーさん

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Evangeline Lilly(@evangelinelillyofficial)がシェアした投稿

 

新型コロナウイルスの世界的な感染が拡大している現在

アメリカでもウイルス拡大防止のため自主隔離が呼びかけられている中で

エヴァンジェリンは先日、2人の子供達を体操クラブに連れて行き、通常通りの生活を送っていると投稿したところ、ファンから『子供達を家にいさせ、自主隔離すべき』とコメントが寄せられたことに対し、新型コロナウイルスを「インフルエンザ」と呼び、隔離生活へ難色を示したことで、非難の的となっていた。

これは批判されて当然ですね。

炎上したインスタグラムに謝罪文を投稿しました。

 

エヴァンジェリン・リリーさんの謝罪のインスタがこちら↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hello everyone. I am writing you from my home where I have been social distancing since Mar 18th – when social distancing was instituted in the small community where I am currently living. At the time of my Mar 16th post, the directives from the authorities here were that we not congregate in groups of more than 250ppl and that we wash our hands regularly, which we were doing. Two days later, those directives changed and, despite my intense trepidation over the socioeconomic and political repercussions of this course of action, PLEASE KNOW I AM DOING MY PART TO FLATTEN THE CURVE, PRACTICING SOCIAL DISTANCING AND STAYING HOME WITH MY FAMILY. I want to offer my sincere and heartfelt apology for the insensitivity I showed in my previous post to the very real suffering and fear that has gripped the world through COVID19. Grandparents, parents, children, sisters and brothers are dying, the world is rallying to find a way to stop this very real threat, and my ensuing silence has sent a dismissive, arrogant and cryptic message. My direct and special apologies to those most affected by this pandemic. I never meant to hurt you. When I wrote that post 10 days ago, I thought I was infusing calm into the hysteria. I can see now that I was projecting my own fears into an already fearful and traumatic situation. I am grieved by the ongoing loss of life, and the impossible decisions medical workers around the world must make as they treat those affected. I am concerned for our communities – small businesses and families living paycheck-to-paycheck – and I am trying to follow responsible recommendations for how to help. Like many of you, I fear for the political aftermath of this pandemic, and I am praying for us all. At the same time, I am heartened by the beauty and humanity I see so many people demonstrating toward one another in this vulnerable time. When I was grappling with my own fears over social distancing, one kind, wise and gracious person said to me “do it out of love, not fear” and it helped me to realize my place in all of this. Sending love to all of you, even if you can’t return it right now. EL

Evangeline Lilly(@evangelinelillyofficial)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

エヴァンジェリン・リリー 謝罪の詳細

詳しい記事はこちら

 ドラマ「LOST」や映画「アベンジャーズ」などで知られる女優エヴァンジェリン・リリーが、新型コロナウイルス拡大防止対策に関し、「無神経」な発言をしたことを謝罪している。エヴァンジェリンは先日、ウイルス拡大防止のため自主隔離が呼びかけられている中、「自由」を失いたくないため社会距離を置いたり自主隔離はしないとインスタグラム上に綴っていた。

【写真】肩丸出し…エヴァンジェリン・リリーの美しいデコルテ

しかしウイルス拡大が深刻化している今、エヴァンジェリンは、「心からの謝罪」の言葉をインスタグラムに投稿した。

「今、これを家で書いている。社会距離を置くためにここにいるわ。私が住む小さなコミュニティに社会距離のお達しが出た3月18日からね」

「3月16日に投稿した時点では、250人以上の集会の禁止、そして頻繁に手を洗うように指示が出されている状況だった。そして私達はそれに従っていた」

「その2日後、指示が変わったの。この行動による社会経済政治的影響を私は極度に恐れているけど、感染拡大の急上昇を押さえるべく、社会距離を置いて、家族と家に留まるといった私がすべきことをしていると分かって欲しい」

そして、同ウイルスに感染した人々やその家族らに対しても謝罪。

「Covid19 が世界に本物の苦しみと恐怖をもたらしていることに対する私の無神経さを心から謝罪したい」

「おじいさん、おばあさん、親、子供、兄弟姉妹が亡くなっている。世界は、このとてもリアルな危機を治めるべく、奔走している。私の沈黙は、否定的で、傲慢、そして暗号のようなメッセージを送ることとなった」

「このパンデミックの最も影響を受けている人々に直接、特別に謝りたい。あなたを傷つけるつもりはなかったの。10日前にあれを書いた時は、ヒステリックな状態を落ち着かせようとしていたの」

また問題のコメントは自らの恐怖からきたものだったが、ある友人の言葉に気づきを得たそうだ。

「社会距離を置くことへ対する恐怖に苛まれていた時、ある思慮深く親切な友人に『愛を理由にそうすること。恐怖ではなく』と言われたの。そこで、この状況下での私の位置が分かったの。皆に愛を送るわ。今はそれを返してくれることが出来なくても」

エヴァンジェリンは先日、2人の子供達を体操クラブに連れて行き、通常通りの生活を送っていると投稿したところ、ファンから『子供達を家にいさせ、自主隔離すべき』とコメントが寄せられたことに対し、新型コロナウイルスを「インフルエンザ」と呼び、隔離生活へ難色を示したことで、非難の的となっていた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

 

スポンサーリンク

エヴァンジェリン・リリー 謝罪についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

無神経だが、笑えない。
今の日本の若者と全く同じだから。
自分が感染しても無症状の可能性が高い。自分が菌を巻き散らかしても自分が元気ならば構わないという考え。

この方は猛批判を浴びて反省する機会ができたが、日本の若者は、自分のために犠牲者が出てもなんとも思わない。親となる人たちですら人の迷惑に目を向けられない人が多い
近い将来の日本が大変だ、ということ。

 

認識が甘かったのは、トランプも同じ。最初の感染者が出たとき、「完全にコントロールできている」等、暫くは悠長な発言だったのが、8万人超えてようやく事の重大さを認識している。いと愚かなり。

 

自由を奪われたくない。当然です。
皆そうです。
それを主張して悪くありません。
ただこのウイルスは終息しない気がします。
人類は生活スタイルの変化を求められている気がします。

 

こんな酷いものだと予想しないですよね。
怖いし職場や家族に迷惑かけれないと自主規制していたけど、2月の終わり頃にはマスク入るだろうなとか、4月までには収束するだろうなとか、安易に考えてた部分はある。
早く薬やワクチンが出るといいですね。

 

自由がなくならないように、早くこのパンデミックを終わらせたいですね。
来年またお花見がたのしく出来る様に、好きな舞台が見れるように…。もし、かかって、悪化して亡くなってしまったら、自分は生き残っても大切な人が死んでしまったら、騒動が収まっても、元どおり生活出来ないと思う。今回のウイルスは自分が罹ることより、誰かにうつす方が怖いって私は個人的に思ってます。

 

これは日本でもよく見られる勘違いだな。重症化するのは高齢者や疾患のある人ばかり、若い健康な自分は大丈夫なので伝染らないと思い込んでいる。でも実は無症状なだけだったり潜伏期間の可能性があり、その場合は周りの大切な人に知らずに伝染してしまうかもしれない。
批判に逆ギレするのではなく、友人の意見を聞いて早いうちに気づけてよかったと思う。

 

みんなそれぞれの考えを気持ちの支えにしてるから、仕方ないですよ。もう気にしなくていいと思います。
個人的に仕事がなければ家にひとりでいるのが大好きなので、この状況を何とも思いませんが、活動的な方には堪えがたいんだろうなと、その気持ちも理解しようと思うこのごろです。

 

今回の騒動は人間が起こしたことだと思います。動物はお腹が空けば必要な数だけしか狩りをしません。でも人間が自分たちの欲だけで生態を変えて地球の環境をどんどん悪い方向にもっていってる気がします。自分たちの子孫や今まで守ってきたものを大切にしないととんでもないでっかい罰を我々人間は受けることになると思う。
一人一人が今、できること!自粛しろと言われたのなら外出を極力控えて自宅待機する。こんなシンプルでわかりやすいこともできないんだもん。今週と来週は感染者数はかなり増えると思う。今回の週末自粛などで再来週頃~終息は無理でも数字が減れば見えてくるものもあるが増えたら今年1年では収まらないだろうな。どうかみんなで辛抱してなんとかまた普通の生活に戻れるように協力し合いましょう。過度の備蓄も気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

エヴァンジェリン・リリー 謝罪のまとめ

以上、エヴァンジェリン・リリー 謝罪について調べてみました。

 

コメント