通天閣社長 涙の決断で臨時休業!従業員に伝えるのが辛かった

エンタメ

 

スポンサーリンク

通天閣社長 涙の決断をした理由

新型コロナウイルスの感染拡大のなかでも

なんとか営業を継続していた通天閣でしたが

もう無理だと判断した理由は

しかし、新型コロナウイルスの感染者が日に日に増え、大阪府では3週連続で週末の外出自粛要請があった。通天閣でも新型コロナウイルス対策を講じた上で展望台をオープンしていたが、今月6日の入場者数は80人、7日は60人、そして、きょう8日は30人となってしまった。

「きょうの入場者数でとどめを刺された感じです」と高井社長。実は、7日に閉めるという案もあったが、8日に開けてみてから判断しようと決めていたという。

高井社長は「通天閣は暇な時でも一日3000人は来てもらってました。それが8日は30人。新型コロナウイルスの影響を従業員とともに肌身で感じて共有し『これが結果ですよ』と分かり合えた」と辛い胸中を語った。

「地域ならびに地元のみなさんへの責任は果たせたかと思います」

「大阪観光局に電話で聞いても、こうした観光施設で開けているのはうちだけと聞きました。これまで菓子の半額販売とか知恵を絞って頑張ってきましたけど、新型コロナウイルスと賞味期限に追われるばかり。けどこれで、地域ならびに地元のみなさんへの責任は果たせたかと思います」と語った。実際に、新世界の飲食店などは、8日現在で閉まっている店も多く、高井社長は少し孤独感もあったそうだ。

そして、7日の緊急事態宣言。安倍晋三首相の会見や、宣言を受けて行われた大阪府の吉村洋文知事の会見をみても、休業要請はないものの補償もないという現状は響いた。しかし、高井社長は「これは、どこの施設でも会社でもそう。うちだけじゃないので」とつぶやいた。

そんな中で決めた今回の臨時休業。「従業員にあしたから休めというのは辛くて、言葉が詰まってしまって。従業員も有休消化、それでも足りない場合は、いつまで続くかわからないコロナの中では、どんどん月収が減っていってしまう、本当に申し訳ない。そういう中で、業者支援の菓子販売や通販で雇用の最低限確保をはかってきました。新型コロナウイルスの前で太刀打ちできない自分の力のなさというか、精一杯やり遂げたというか悔いはないんです。大阪の観光施設の最後の砦(とりで)になったという思いはありますが、従業員に申し訳ない」と高井社長は涙声で語った。

通天閣の展望台などは9日から「当面の間」臨時休業となる。しかし、地下入り口の菓子の半額販売については、営業を継続するという。

高井社長は「絶望感ではないですけど…とはいえ絶望してる場合じゃなくて。朝がない夜はないので、地域の方々スタッフと一緒に来るべき朝を迎えられるよう準備を頑張っていきたい」と語る。9日からは様々な残務整理をしながらも、菓子販売に来る客でスペースが混雑しないよう、自ら店先に立つという。

「当面の間休業というのも、いつまで続くかわかりません。緊急事態宣言の効力は5月6日までとなっていますが、その日までにウイルスが撲滅してるかといえば、正直してないと思います。いつ再開できるか確約が言いきれない中で、みなさんに期待を持たすのは嫌なので、当面の間休業と発表しました」と高井社長。

最後に「府民全国の方とコロナウイルスの猛威に耐え忍んで、みんなですてきな朝を迎え、笑顔のある大阪にしていきたい」と力強く語っていた。

スポンサーリンク

通天閣社長 涙についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

いやこれ、本当に辛い。従業員のみなさんも入場料がないと厳しいというのが浮き彫りになっている。しかし、それ以上に通天閣は日々3000人も入っていたというのは、さらにすごい。大阪のシンボルは過言ではない。きっと復活できる

 

通天閣でさえ、こんなに苦しんでいるのかと心配になる。ここの従業員がテレワークは難しいし。従業員を養っていくには補償も大事。けど、それもあてにならないとなれば、粛々とお菓子売りを継続するしかないのか。ライトアップするにも維持費はかかる、けど入場料は入ってこない。大阪のシンボル、文化財でもあるんだから、なんとか大阪府・市も手助けできないものか?

 

この通天閣の社長さんは全然悪くないと思う。その前に政府も大阪府も休業要請もなく褒章もなくでは、手の打ちようがないわけだし。こういう現状をちゃんとみてほしい。大阪府知事もよくやってくれている。これは通天閣のことだけでなく、府全体でなんとかしないと

 

政府は結局、休業要請を2週間見送り。
自主的に休業せざるを得ない状況を作って、
なんの補償の話も出てこない。まさに兵糧攻めだよね。

ほんと国は海外へはホイホイ金を出すのに、
国民には全然還元しない。
今度はコロナ被害途上国支援のためにIMF基金へ拠出だってさ。
国民よりも海外への支援を優先するニュースを見て、
すごく気分が悪いよ。

 

コロナ騒動は、元々、この社長が悪いわけじゃないんだよね。「目先の利益」とかすぐ言う人いるけど、どんな現場でもそんな理由だけじゃない。俺はこの社長の気持ちをわかってあげたい。

 

正直、この臨時休業の記事を見るまでは、通天閣がウハウハなのかと思っていた。しかし、この現状は厳しいのがわかる。入場料は700円だったと思うけど、これがいかに重要かが改めてよくわかる。お菓子販売だけでは間に合わないのか。応援したい

 

人の接触8割減って世の中の
従業員社員さん達のほとんどが休業休職しないと

なかなか難しそうだよね
有給になるか休んでる間の補償金が出れば

休めるかもしれないけど今のところ不十分で
会社によっては経営者に休業の意識も無かったり

厳しい現実だけど出来るだけやるしかない

 

通天閣に関しては日立製作所という日本を代表する大企業が大広告を出してくれており、観光収入が絶たれても当面は日立からの広告収入でなんとかやっていける。日立としても現通天閣への広告出稿のおかげで関西で著しく低かった企業知名度が以後一気に高くなって飛躍の礎になったわけで、通天閣から簡単に広告撤退するという事はまずない(東芝にとっての「サザエさん」と同じようなもの)。
一般の中小企業はそんなバックアップなんてないから休業倒産はかなり増えるだろうね。

 

スポンサーリンク

通天閣社長 涙のまとめ

以上、通天閣社長 涙について調べてみました。

 

コメント