土屋太鳳 神対応の真相がヤバい!ネットは疑問の声

エンタメ

土屋太鳳 神対応が話題となっていますね。

土屋太鳳さんのマスコミに対する対応やイベントでの対応が良いと言われているそうです。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

土屋太鳳 神対応の真相がヤバい!ネットは疑問の声

土屋太鳳(つちや たお)さんの「太鳳」は本名なのだそうです。

そんな土屋太鳳さんが、マスコミにもファンが多いと言われているそうなのです。

どうやら、イベントででの対応が神対応と言われている見たいですね。

マスコミの評価が高いと、自然と露出も増えて人気の人になるという事なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

土屋太鳳 神対応についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

うーん、好き嫌いが分かれる女優さんだと思う

 

スタッフやマスコミ受けがいいからといって、世間でも人気があると思ったら大間違い。

 

良い子、頑張ってる、妬み。
性格とか友達じゃないからわかりません。
可愛いかどうかは好みの問題。
ただテレビ画面で見た時の見た目、表情、演技、声、発言、空気がよめてない感じ…総じてみなさん苦手と感じるのでは?
直感というか生理的なものというか…

 

神対応?堂々とした司会ぶり?
二十歳過ぎたいい大人が自身を名前呼びする事には以前から違和感がありましたが、事務所の方針やキャラの設定もあるのだろうと思っていました。でも、レコ大の司会の場で自身を「太鳳」と呼ぶのには正直ありえないと感じてしまった。

 

頑張ってるんだろうけどそれをあからさまに出すのがね、、これだけ露出と人気が反比例なのってこの人がダントツでしょ。それに画像もイケてない方のが多いし。

 

この人自身に、世間の一般の声は耳にってるのか?
それでも、ここまで貫き通すなら、それはまた凄いけどね。持続も大変だからね。

 

ごり押しごり押しと感じてしまうが、脇役期間が無かったわけじゃないんだよな。映画るろうに剣心の操なんてメインキャストに名前はあるけど、出番はほとんど無かったし。
あのままアクションのできる女優で幅が広がっていけば面白かったのに、いつの間にやら漫画の実写化女子高生役は広瀬か土屋か、ばっかりになって、演技自体はどうにも成長しない。
さらにいつの間にかバラエティだの司会の横のお飾りだのやってるけど、ほとんどの場合別に土屋である必要が無いポジションでニコニコしてるだけ。

 

マスコミ「にも」?
あとは誰に人気があるんですか?
あ、広告代理店?
間違っても世間では人気はありません。

 

まるで土屋太鳳自身が書いた原稿を夕刊フジがそのまま掲載したような
あからさまな提灯記事で逆に嘘っぽい感
特に特技の羅列がバーゲンセール並に安っぽくて…

 

声も顔もとにかく生理的に無理。好きな人だけ見ればよい。
この人のおかげで見なくなったテレビ番組は多々ある。関係者の誰が好きなのかわからないけど、テレビではなく舞台とか映画だけなら。見たい人だけがお金払ってでも観て応援してくれる。テレビに出れば出るほどアンチが増えて可愛そうでは?事務所は気づいていないのかしら?

ネットのコメントを見ると、土屋太鳳さんが可哀そうになるくらいの批判的な意見が多いですね。

作られた人気は本当の人気ではないという事でしょうか?

スポンサーリンク

土屋太鳳 神対応の詳細

詳しい記事はこちら

「太鳳」は本名だ。母親の夢に出てきた文字から取って名付けられたという。いまや鳳凰のような華やかさをもった女優に成長した。

昨年はTBS系「第60回輝く!日本レコード大賞」では初々しくも、堂々とした司会ぶりをみせた。はつらつとした“健康美人”で、CMの起用社数も9社とテレビで見ない日はないほどの人気ぶりだ。

「マスコミにもファンが多い女優さんです。イベントでも登壇、降壇の際には、必ず会場に向かって丁寧に一礼するのはもちろんのこと、コメントに気を使って会場をわかせるなど、まさに“神対応”。同じステージに着ぐるみが登場した際は、自ら手をさしのべて誘導して、周囲を感心させました」と民放の情報番組スタッフ。

2015年、NHK連続テレビ小説「まれ」でヒロインを演じて、ブレークしたが、実は子役時代から芸歴は14年を数える。14年の朝ドラ「花子とアン」でヒロインの妹役を演じ、若いながらも存在感のある演技で注目されていたのだ。

そして着実にキャリアを重ね、17年は映画「PとJK」「兄に愛されすぎて困ってます」「トリガール!」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」で主演。18年でも映画「となりの怪物くん」「累-かさね-」「春待つ僕ら」、ドラマ「チア☆ダン」(TBS系)と出ずっぱりの状態。

ドラマ「チア☆ダン」でもその片鱗をみせたが、現在は日本女子体育大学に在籍。16年にはNHK紅白歌合戦でダンスを披露している。特技も日本舞踊、クラシックバレエ、ヒップホップダンス、三線、篠笛、小太鼓、陸上、乗馬、スキー、バスケットボールと実に多彩。ただ、その忙しさゆえか、現在6年生となかなか卒業できないでいる。

昨年はインスタグラムに姉とのツーショット写真を投稿したところ、“美人姉妹”として話題を集めた。「姉は富士通でチアリーダーをやっており、姉妹で運動神経の良さを見せています。そして弟の土屋神葉(しんば)も俳優をやっていますが、こちらもイケメンです」とスポーツ紙記者。

2019年には池井戸潤原作の映画「七つの会議」が2月1日に公開されるほか、春には読売テレビ開局60年スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」も控える。今年も売れっ子だ。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

 

 

View this post on Instagram

 

寒波が日本を包もうとしてますが、 今日の東京は綺麗な冬の青空です。 すっかり年末年始の空気感になっていて、 お正月がすぐそこまで来てる感じ✨ これから気を引き締める時間に 向かっているはずなのに、 やわらかくておめでたい空気を 空の色や風の感触から感じながら 会場である新国立劇場に やってきました。 写真は、昨日の楽屋。 今日はまた一味違う、 本番前の雰囲気になってます。 今回の授賞式は 初めての生放送での司会という とんでもない挑戦を させていただくという意味で 本当に大きな節目なのですが、 ふたつ、私にとって 個人的にすごく 胸がいっぱいになることが あるんです。 ひとつは、 今回の受賞者の方々には 私が子どもの頃から ものすごく元気をいただいてきた方々が 本当にたくさん いらっしゃるということ。 氷川きよしさんは 小さい頃、 初めてファンになったかたですし、 大江裕さんは 大江さんが高校生の頃、 まだ「大江くん」と呼ばれて さんまさんのバラエティ番組で 安住さんと御一緒されてた頃から 応援していたかたですし、 ガオレンジャーのガオブラック、 ハリケンジャーのカブトライジャー、 龍騎のゾルダ、 アギトのギルスという 毎週本当に本当に楽しみに待っていた ヒーローの方々が 「純烈」という 素晴らしいグループとして 音楽の世界でヒーローになられた姿を 拝見出来ますし、 ずっとずっとお風呂でも聴いてきた MISIAさん、 去年の日本レコード大賞での映像を 何度も何度も拝見して気合いをいただいた ピンクレディーのおふたり… そして 北島三郎さんには キタサンブラックが大活躍した 大阪杯以来の御挨拶となります。 放送時間は 5時間半ではあるのですが、 そこに、どれだけたくさんの方々の 何十年という時間と想いが 詰まっているのだろうと思うと 本当に胸がいっぱいになります。 音楽って、 本当に記憶と直結してるから、 社会としても人としても 歴史なんだなぁって思うんです。 日本レコード大賞60回分の 音楽の歴史を振り返るコーナーでは 同じように懐かしさやせつなさ、 あたたかさを感じてくださるかたも 多いと思います。 ぜひ、御家族で 楽しんでいただけたら嬉しいです #日本レコード大賞 #第60回輝く日本レコード大賞

土屋太鳳さん(@taotsuchiya_official)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

土屋太鳳 神対応のまとめ

今年のゴチメンバーに選ばれた、土屋太鳳さん

番組で発表する前から本人のインスタグラムでバレると言う失態をしてしまいましたが、

マスコミ人気が高くても、スタッフに嫌われないようにも気を付けなければいけませんね。

コメント

スポンサーリンク