岡勢省二 使用済みティッシュ投げた疑いで逮捕!

事件

会社経営の岡勢省二容疑者が、

近所の住宅の駐車場に使用済みのティッシュを捨てたとして

廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されました。

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

岡勢省二 使用済みティッシュ投げた疑いで逮捕!

使用済みのティッシュを捨てた疑いで逮捕されたのは、

リフォーム会社経営の岡勢省二容疑者(55)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

警察によりますと、近所の住宅の駐車場に、

使い終わって丸めたティッシュペーパーの塊八つを捨てた疑いがもたれています。

12年前から同様の被害が起きていたようで、

張り込みをしていた住人の男性が、

犯行を目撃し岡勢省二容疑者を取り押さえた様です。

岡勢省二容疑者と被害者は面識は無かったようです。

たまたまジョギングのコースにあったと言うだけで被害の対象とされていたのでしょうか。

12年間も不快な思いをして何ともやりきれない怒りでしょうね。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

調べに対し岡勢省二容疑者は

「ジョギング中に鼻をかんだティッシュを捨てていた。被害者が驚き不快感を持つのを想像しながら嫌がらせしていた」

と容疑を認めているということです。

12年前から同様の被害が起きていたという事は、

この行為が日常だったいう事ですよね。

被害者の嫌がるのを想像して喜んでいたとは、

何とも最低な行いですね。

この様な方が、会社を経営してしる

リフォーム会社は大丈夫なのでしょうか?

全ての信頼が無くなる愚かな行為ですね。

 

 

スポンサーリンク

岡勢省二 逮捕についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

やった奴も、やられた方も粘り強い。
12年か、すごいね。

 

自分がやられたらどういう気持ちか考えられないのだろうか?

 

50代おっさんの鼻をかんだあとのティッシュは想像しただけで気持ち悪い。
それで嫌がらせ行為をしようと思った幼稚な考えが、さらに気持ち悪い。

 

まあ、面識がなくとも「この家に決めて何かをやってやろう」と長い間行為を続ければ、いつかは明るみに出てしまうものでしょう。こちらは家の裏にパチンコ屋ができた時に駐車場と庭が接しているので始めはよく空缶を投げられたが、今は客も少なく建物の前ばかりに停めるから何もありませんが。故意に継続すれば必ずバレます。

 

嫌がるのを想像して12年もティッシュの塊・・・・。なんか他に継続の力を注げる生きがいはないのか。幼稚で陰湿で地味。

 

こんな社長がいる会社なんて、どうせくだらない会社なんだろうね。

 

こんなことじゃ警察は動きませんからね。
しかし現場を押さえ通報すれば仕方なく逮捕はしてくれる。
嫌がらせで汚物を捨てられる身にもなってくれても良いと思うんだがね。

こんなことに投じたお金は返ってこない。
せめて私刑でも許してくれるならね。
12年間もご苦労様でした。

 

「ティッシュを捨てただけで逮捕?」と、初めは思ったけど何年もの間続けていたなら納得です。しかも面識なしって…。ジョギングなんかする人は心身ともに健康なのかと思っていたけど、そうでもないんですね。

 

くだらない事だが、当事者は必死で真剣。
忙しいだろうが警察も本気で取り組んだのは良い事だと思う。
迷惑者にも罰は必要。

 

リフォーム会社経営とあるが、ネジ曲がった人間性の為、本業でも産業廃棄物の不法投棄を調べてほしい。

 

逮捕されても良くて罰金、最悪不起訴とかで簡単に出てきそうな感じだし。逆にもっと悪質な嫌がらせをしそうですよね。
強制的に引っ越させるとか出来ないんですかね。

 

スポンサーリンク

岡勢省二 逮捕の詳細

詳しい記事はこちら

「被害者への嫌がらせ」だと供述しています。

福岡市中央区で近所の住宅の駐車場に使用済みのティッシュを捨てた疑いで55歳の会社経営の男が逮捕されました。

廃棄物処理法違反の疑いで逮捕されたのは、福岡市中央区草香江の会社経営、岡勢省二容疑者(55)です。

警察によりますと岡勢容疑者は2月5日、自宅近くの住宅の駐車場に使用済みのティッシュの塊8つを捨てた疑いです。

現場の住宅では12年前から同様の被害が起きていて、張り込みをしていた住人の40代の男性が犯行を目撃し、岡勢容疑者を取り押さえました。

被害者と容疑者に面識はないということです。

調べに対し岡勢容疑者は「ジョギング中に鼻をかんだティッシュを捨てていた。被害者が驚き不快感を持つのを想像しながら嫌がらせしていた」と容疑を認めているということです。

引用元

表示できません - Yahoo!ニュース

 

 

事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jj stand.blog

コメント

スポンサーリンク