クレしん 人気理由がヤバい!29年目も続く人気の秘密はコント?

エンタメ
スポンサーリンク

クレしん 人気理由が注目されていますね。

クレしんこと「クレヨンしんちゃん」は今年で放送29年目を迎えるそうです。

放送30年に迫る長年の人気理由が話題になっています。

どういう理由で人気なのか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

クレしん 人気理由がヤバい!29年目も続く人気の秘密はコント?

「クレヨンしんちゃん」は

嵐を呼ぶ5歳児・野原しんのすけを主人公の子供向けアニメ

ドラえもんと同じように長年続いている人気アニメですが、

その本質は真逆の様な気がしますね。

 

 

 

クレしんのアニメの監督を務めるムトウユージ氏によると

ーー『クレヨンしんちゃん』は、1992年からアニメがスタートし、30年近い歴史を持つ作品です。アニメ放送時から今に至るまで、変化した点はありますか?

時代を反映しているシーンはよく出てきます。たとえば、最近だと風間くんがママからスマホを借りてきているシーンがあったり。テレビがアナログ放送から地デジに移行するタイミングでは地デジのコマーシャルをパロディ化させたシーンが登場しています。『クレヨンしんちゃん』は、常にその時代の幼稚園児が登場するアニメなんです。1992年なら、1992年の幼稚園児。2020年なら、2020年を生きる子どもたちが出てきます。しんちゃんは、その時代・世代での生活に沿っていますね。

ーー時代の象徴をパロディとして出すのも『クレヨンしんちゃん』の特徴ですよね。

しんちゃんの住む春我部駅前にあるイトーヨーカドーをパロディ化したスーパー「サトーココノカドー」みたいに、パロディはよく出てきます。固有名詞をそのまま使えなかったりするので(笑)。今は、逆にコラボしてくれたりします。

確かに以前はパロディが多かった様な気がしますが、

現在はコラボが普通にされていますね。

それだけ「クレヨンしんちゃん」の人気が不動のものになっている

という事なのではないでしょうか。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kasukabe.nsがシェアした投稿

 

スポンサーリンク

クレヨンしんちゃん 人気理由の秘密はコントだった!

――1月11日(土)放送の「おパンツストーリーだゾ」は、Twitterでも「あのクレヨンしんちゃんが過激に戻っている」とかなり話題になりました。お気に入りのアクション仮面のパンツが古くなり、みさえに捨てられそうになったパンツを守るため、しんちゃんがパンツと共に外に逃げ出すという話でした。

あの回のテーマは、あくまでも「自分のおパンツを大事にしている」ということです。少し過剰になったかもしれませんが、モノを大切にしているというのが主たるテーマです。ちなみに、Twitterの反応も少しではありますが、チェックしています。

――Twitterでツイートされた一部を紹介すると、「このご時世に攻めてる」「飛ばしてる」「こんなにカオスだったっけ(笑)」「久々のお下品さ」といったコメントが見受けられました。

放送できているということは、放送コードは大丈夫というのは前提として、少し過剰だったのかもしれません(笑)。でも、おもしろければ何でもいいというわけでないし、過剰な表現も見せ方次第だと思っています。仮にしんちゃんが下ネタを言ったり、風間くんに迷惑をかけても、ちゃんと友情関係が成り立っている、というのを前後シーンに挿入するようにしています。絵コンテの段階では、そういう中和するシーンがなくても、アニメにしたときに「やっぱり、このシーンを挟もう」と提案することはよくあります。なので、過剰なことをしてもちゃんと許される、かわいげのあるようにしています。

ーーキャラクターがわかっているので、視聴者も許せるという点はあるかもしれません。

そうですね。それが『クレヨンしんちゃん』が愛されるおケツ…いや、秘訣ですね(笑)。それと、『クレヨンしんちゃん』では、他の人気アニメでは明らかにしない表現があるんですけど、なんだかわかりますか?

ーー他と違う…。なんでしょうか。

シーンが変わらない話があるんですよ。リビング(茶の間)だけで最初から最後まで完結することがあるんですね。ああいうシーンがあるのって『クレヨンしんちゃん』だけなんですよ。他のアニメはリビングのシーンがあっても、前後で場所が展開してから、リビングを落ち着くシーンで使ったりするんです。

ーーたしかに!ヒロシと遊ぶとか、みさえとの掛け合いだけで場所はリビングから変わらずに終わる物語もありますね。

そう。一室だけで話が成立するんですよ。シーンが変わらない。それはなぜか。『クレヨンしんちゃん』ってコントみたいな話が多いからなんですよ。『クレヨンしんちゃん』の本質は、芝居でありコントなんです。たとえば、父ちゃん(ヒロシ)としんちゃんがリビングで回転寿司屋ごっこをしたりする。これって、ようするにコントです役割を自分たちに与えてボケたり、ツッコんだり

ーーたしかに、ボケとツッコミのやりとりが多いですね。

『クレヨンしんちゃん』はアニメなんだけど、芝居としては実写感覚でつくっています。だから他のアニメと違って場所が変わらなくても、会話の掛け合いを楽しめるアニメなんです。事実、僕は『クレヨンしんちゃん』のネタ探しをするときには、お笑い芸人のコントをよく見ます。『志村けんのだいじょうぶだぁ』とか、ドリフとか、最近のお笑い芸人とか、色々見てます。最近だと、納言(なごん)っていうコンビがおもしろくて、常にしんちゃんで参考にできないか考えています。

ーー言われてみると、長年愛されている理由がしっくりきますね。

 

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

確かに「クレヨンしんちゃん」はコントその物ですよね。

必ずツッコミとボケがいます。

しんちゃんが不動のボケだとすると

母・みさえや風間クンといったツッコミが必ずいます。

言われてみたら正にその通りですね。

それが長年愛される理由なのかもしれませんね。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

stripe_flower(@stripe_flower)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

クレしん 人気理由についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

昔のクレヨンしんちゃんはヒロシがタバコ吸ってたり
パチンコ屋に行ってそのへんに落ちてた玉をしんちゃんが拾って大当たり出したりと今じゃ放送出来ない話がたくさんあった笑

クレヨンしんちゃんのDVDは頭も使わず癒やされるのでたまにレンタルして観てる
このままずっと放送してほしいな

 

クレヨンしんちゃんを観始めた当時、私は10歳の少年だった。野原ひろしは35歳だった。
現在、私は37歳だ。野原ひろしは変わらず35歳だ。
なんだろう、この名状し難い感情は。

 

そんなクレヨンしんちゃんもゴールデンをバラエティー一色にしたいテレ朝の方針により、明らかに視聴者が見なさそうな土曜夕方に追放され、徐々に視聴者に忘れ去られつつあるね。
そのうちしれっとフェードアウトされるのかもね。
そうまでしてアニメを排除したいかねぇ?
あの毒舌番組がドラえもんやクレヨンしんちゃんに取って代わる国民的バラエティー番組とは到底思えないけどね。

 

しんちゃんは漫画でもアニメでも根は優しくて良い子だからね。
あと、「子供らしい」のが凄く良い。
そこらへんは「ちびまる子ちゃん」との共通点かな。
定型的な作られた子役みたいな不自然さがないのが魅力。

あと、パンチの効いた公園の名前とかアパート名とかがいちいち面白い。w

 

高齢出産で息子を産んで、現在息子4歳。
44歳で初めてしんちゃんを毎週欠かさず見るようになりました。
すごく面白い(^^)
ひろしもみさえも、とても良いお父さんお母さんで感心する。

あれほどつまらんと思ってたサザエさんも面白さに気づいてきた。
なんなんだろう、自分が年を取ったからなのか、子供を産んだからなのか。

 

クレヨンしんちゃんが好きなので記事を読んだが、ちょっと違和感があるね
しんちゃん自身の過激さも牙を抜かれたようになっているし、周りもそう
ただ、今も続けられているのは、過激路線より感動路線に持っていって、批判を避けてきたから
特に映画版は子供と見ても勉強になるところがあるし、素晴らしい作品になってきていると思う

 

ひろしが禁煙決断する話とかひまわりが生まれるまでは時間が進んでる感じはあったな
それ以降は、家が爆発してもおばが居候しても、野原家が成長してる感じはなかったな

 

アニメ放送当時はまだ小学生低学年だった。
少しふざけた感じで周りの親からは「あんなアニメを観て!悪影響です!」みたいな風潮があった。

30年経って改めて感じたことは、まだ子どもだからいいじゃないか。という気持ち。映画ではドラえもんのようにみんなで悪に立ち向かうし、野原家はどこにでもありそうな家族描写だなと。

それにしても、ひろしと同い年とは〜。時が経つのは早い!まだまだ続いてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

クレしん 人気理由のまとめ

以上、クレしん 人気理由について調べてみました。

 

コメント