ビートたけし前妻 胸中がヤバい!再婚への思いを激白!画像あり

エンタメ
スポンサーリンク

ビートたけし前妻 胸中が注目されていますね。

再婚したビートたけしさん前妻

胸中を語り話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ビートたけし前妻 胸中がヤバい!再婚に幸せになってほしい

昨年6月にビートたけしさんと離婚したの前妻・幹子さん

ビートたけしさんの再婚に胸中を語りました。

――たけしさんの再婚についてどう思いますか?

「おめでたいことですからね。だから『結婚おめでとう』でいいんじゃないですか」

あっけらかんとした様子で、たけしの結婚を祝う幹子さん。愛人と報じられたAさんへの“複雑な感情”について聞くと……。

「今はそんな気持ちはこれっぽっちもありませんよ。それより第二の人生を明るく楽しく。いつも笑って生きていきたいですね」

これまでになく晴れやかな表情で答える幹子さん。その原動力は残された家族だという。

「昨年、長男に子どもが生まれて孫ができたんです! 家族たちの成長を見守りたいです」

「だから残りの人生、彼にも健康で、幸せになってほしいですね……。これからも元気で仕事をしてくださいって。願いはそれだけ」

 

離婚した今となってはもう

わだかまりも無くなったのでしょうか?

実際には胸中は複雑ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

ビートたけし前妻 胸中の詳細

詳しい記事はこちら

「(別居期間が)長かったですから……。2人の子供たちもすでに心の整理がついていると思います。(たけしの)今回の結婚も、子供たちは報道で知ったと言っていましたね」

2月13日、顔なじみの記者にこう語るのはビートたけし(73)の前妻・幹子さん(68)だ。その表情は明るいが、数々の苦悩に苛まれた結婚生活だった――。

昨年6月に幹子さんとの離婚を発表したたけし。そして、2月8日にはかねてから交際していた18歳年下のAさんとの再婚を発表。たけしが15年に設立した個人事務所「T.N.ゴン」の役員を務め、仕事上のパートナーでもあるAさんだが、幹子さんの心境は複雑だった。

「もともと幹子さんは漫才師だったこともあり、2人は“同志”でもありました。’80年の結婚直後からたけしさんは、月に何度か一緒にご飯を食べるとき以外は家にいない“別居婚”状態でした。それでも2人の絆は強く、夫婦仲はとてもよかったです。しかし、’13年にたけしさんがAさんとの交際をスタートさせてから関係は一変。たけしさんはテレビ番組で『俺の彼女を食事に連れていった』とAさんとの仲を公言するようになりました」(スポーツ紙記者)

幹子さんは、これまで何度も本誌に怒りを打ち明けていた。’18年にたけしは前事務所「オフィス北野」から独立。一部で“背景にAさんの存在がある”と報じられていたことについて尋ねると、幹子さんは冷たく言い放った。

「もしそうであれば、その人(Aさん)が思ういい展開になると思っているんじゃないですか?」

さらに、テレビ番組でたけしが「離婚調停は終わっている」と発言した’19年1月には「あきれた。調停なんて、絶対ないですから」と離婚をキッパリ否定。“本妻の意地”を見せていたのだ。

そんな幹子さんは元夫の再婚に何を思うのか――。冒頭での発言に続いて、幹子さんは語る。

――たけしさんの再婚についてどう思いますか?

「おめでたいことですからね。だから『結婚おめでとう』でいいんじゃないですか」

あっけらかんとした様子で、たけしの結婚を祝う幹子さん。愛人と報じられたAさんへの“複雑な感情”について聞くと……。

「今はそんな気持ちはこれっぽっちもありませんよ。それより第二の人生を明るく楽しく。いつも笑って生きていきたいですね」

これまでになく晴れやかな表情で答える幹子さん。その原動力は残された家族だという。

「昨年、長男に子どもが生まれて孫ができたんです! 家族たちの成長を見守りたいです」

かつて「オフィス北野」の関連会社の代表を務め、現在は大手広告代理店で働く長男の篤氏。“幼少期の父との記憶がほとんどない”という複雑な思いを抱きながらも、ともにたけしを支えてきた息子の幸せは、幹子さんにとっても何よりも喜びだろう。幹子さんが変心を見せた裏には、こんな思いがあったようだ。

「幹子さんは、下積み時代からたけしさんを支えてきた自負があったので、Aさんとの交際を聞いても『絶対に離婚しない』と決めていたといいます。しかし、次第に『いい年なんだし、彼の幸せを私も応援しよう』という気持ちになっていったそうです」(テレビ局関係者)

そして、そんな幹子さんの愛情にたけしも“返信”をしていた。

「たけしさんは、昨年の『NHK紅白歌合戦』に第70回を祝う特別ゲストとして出演。見習い時代の思い出が詰まった『浅草キッド』を披露しましたが、そこには幹子さんへの思いもあったといいます。昨年は、39年連れ添った幹子さんとの離婚を迎えた“節目の年”。誰もが注目する紅白で『浅草キッド』を歌うことは、ずっと支えてくれた幹子さんへのたけしさんなりの“感謝状”なのだと思います」(前出・テレビ局関係者)

最後に、幹子さんにたけしへのメッセージを聞くと――。

「だから残りの人生、彼にも健康で、幸せになってほしいですね……。これからも元気で仕事をしてくださいって。願いはそれだけ」

袂を分かっても、たけしと幹子さんの“絆”は消えなかった――。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

ビートたけし前妻 胸中についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

幹子さんにも是非幸せになってほしいです。たけしさんを支えてきたわけですから、そうとうご苦労があったと思います。孫や家族と、楽しく、ゆっくり過ごして下さい。

 

他にパートナーを作って離婚を要求し、別れた元旦那の幸せを願う元妻だなんてあまりいないと思います。
出来た元奥様ですね。

 

夫婦のことは周りはわからないけど、新しい奥さんは知るはずもない、元嫁とたけししか知らない、わからない時間は必ず存在すると思う。子どもや孫だってその証。

 

子供まで成した前妻さんがいるにもかかわらず愛人のことを「おまえと結婚してくれる人なんてこの人しかいない」なんで言う無神経な兄弟がいたり、それをテレビで嬉しげに喋り散らしたり、それだけでも北野家の人々との付き合いは精神的にキツかったと思わせられる。
お金たくさん貰ってあんな人達と縁を切れたなら、前妻さんは運が良かったんじゃないかな。

 

正直、離婚はして欲しくなかった
たけしにはがっかり

愛人の女・・・幸せになって欲しくない
よって、たけしにも。。。

これでしあわせなら
なんだか奥さんが可哀想
家に居ない夫だけじゃない

愛人何人も致し
フライデー事件も愛人の為

そんな事されて、奥さん、さぞ辛かっただろうね

お金はいっぱい稼いだくれただんなかもしれんけど
それだけじゃないしね。しあわせって

最後に浅草キット歌ったと言ったけど
それでチャラになんてならんよね

 

ひとの言葉をそのまま
受け取ってばかりいちゃいけないよ。
悲しいことがあった時はなおさらだよ。

不倫ってこんな悲しい結末なんだよね。
お孫さんが産まれたことが
彼女の救いになっているね。

あれこれあっても美化できない話だよ。

 

お金もあるし、この先の人生、楽しんでほしい。耐えて、怒って終わる人生より、自分の幸せを取り戻すチャンスをもらえたんじゃないかな。形式上で添い遂げるだけが幸せじゃない。

 

これまで色々とあったと思うが、幾つになっても別れは辛いと思う。
それでもこうして、元旦那のたけしさんの事を言えるのは素晴らしいと思います。幹子さんにもこれからの人生があるし、幸せになってもらいたいです。

 

スポンサーリンク

ビートたけし前妻 胸中のまとめ

以上、ビートたけし前妻 胸中について調べてみました。

幹子さんが長年の間、たけしさんを支えてきていたのは事実です。

幹子さんにもこれからの人生を幸せに過ごしてもらいたいですね。

 

コメント