壇蜜 難読本名が難しすぎてヤバい!支靜加はなんて読むの?

エンタメ

壇蜜 難読本名が注目されていますね。

壇蜜さんがブログで明かした

難読本名が読めないと話題になっています。

壇蜜さんの本名「支靜加」とは何て読むのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

壇蜜 難読本名が難しすぎてヤバい!支靜加はなんて読むの?

壇蜜さんの本名「支靜加

難しい漢字を使っていますね。

何て読むのでしょうか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

北村好夫(@beicunhaofu2070)がシェアした投稿

 

最初と最後の文字は何とか読めます。

おそらくは

「支」=「し」 「加」=「か」

と読むのではないでしょうか?

そうすると自ずと真ん中の「靜」の読み方は「ず」という読みになるのではないでしょうか?

「支靜加」=「しずか」

と読む様です。

壇蜜さんの旧芸名および旧姓は

齋藤 支靜加(さいとう しずか)

です。

現在は漫画家の清野とおるさんと結婚されましたから

「清野支靜加」になったと思いきや

旦那となった清野とおるさんが間違えて「齋藤」なってしまったという話もあります。

 

現在は戻されたのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

壇蜜 難読本名の詳細

壇蜜さんの難読本名について詳しい内容がこちら

タレントの壇蜜が26日に自身のアメブロを更新し、自身の本名にまつわるエピソードを紹介した。

壇蜜は自身について「本名が結構難読な割には、昔から漢字に強いタイプではありませんでした」と振り返り、「支靜加という名前も父方の祖父が漢字に詳しく、気合いを込めて命名してくれたものでした」と説明。漢字の勉強については「私は…どちらかと言えばちょっと苦手…」と明かすも、「学校で毎月漢字のミニテストがあり、点数が低いと指導や補習が待っているので勉強はしなくてはいけませんでした」と説明した。

壇蜜は「おかげさまで卒業するころには漢字がちゃんと人並み(?)には書けるようになりました」と述べるも、「漢字に強い方を見ると羨ましいなと思います」とコメント。一方で、「耳や田など、漢字成り立ちを調べるのは好きな方だと思います」とも述べ、「部首なんかも、「変なの」と不思議がりつつ名前を覚えてみたり。難しくて読めない漢字は「いつ使うのさ」と文句を言いながらも興味はあったのです」とつづった。

「最近では分からない漢字は携帯電話やパソコンで調べればすぐに分かりますね」と述べるも、「でも、画面から細かい漢字の仕組みを書き写すのはなかなかの難しさ…。やっとか書けたと思っても、あれ?棒が一本足りなくない!?となって慌てて書き直したり」と自身の体験をつづり、「「棒」「拝」「秦」…ああ、難しい」とつぶやいた。

この投稿に「壇蜜さん、本名がすごく素敵」「かっこいいですね。知らなかった……」「珍しいですよね~。漢字違いでも今まで出会わなかった名前です」「漢字って難しいですね」「漢字の成り立ちまで興味がいくのはすごいです」などのコメントが寄せられている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

この難しい漢字は壇蜜さんの祖父が名付けたそうで

漢字に詳しい祖父が気合いを込めて命名したものだそうです。

確かに気合が籠った漢字ですよね。

壇蜜さん自体は漢字は苦手だそうで

本名が結構難読だからといっても

漢字に詳しくなるわけでも無いですよね。

最近はパソコンやスマホが普及して余計に漢字が苦手になっている様な気もしますね。

 

スポンサーリンク

壇蜜 難読本名についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

スポンサーリンク

壇蜜 難読本名のまとめ

壇蜜さんの本名「支靜加」と書いて「しずか」と読む

素敵な名前ですよね。

名前を付けてくれた祖父の愛情を感じますね。

以上、壇蜜 難読本名について調べてみました。

 

コメント