オリックス戦 ハプニングがヤバい!謎の関西弁で試合中断!

エンタメ
スポンサーリンク

オリックス戦 ハプニングが注目されていますね。

オリックス戦で前代未聞のハプニングが発生したそうです。

いったい何があったのでしょうか?

オリックス戦でのハプニングを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

オリックス戦 ハプニングがヤバい!謎の関西弁で試合中断!

10日の京セラドーム大阪で行われたオープン戦

オリックス―中日

新型コロナウイルスの影響で無観客試合として行われた試合

6回裏に前代未聞のハプニングが発生しました。

いきなり謎の関西弁で

「ビックリするわ~」

とスピーカーを通して場内に響き渡ったそうです。

いきなり聞こえた謎の関西弁の主は

その後、選手を分析し始めたようなのです。

試合は一時中断

三塁の梅木塁審がネット裏に向けて大声で

「入ってるよ~!」

と叫び音声を切るように要請してようやく

関西弁のおしゃべりは止んだそうです。

本当に選手も「ビックリするわ~」ですね。

でも一番驚いたのは謎の関西弁の声の主だったのではないでしょうか?

音声が出ていた事を知った後で

「ビックリするわ~」

と呟いていたでしょうね

 

試合のハイライト動画がこちら↓

スポンサーリンク

オリックス戦 ハプニングの詳細

詳しい記事はこちら

◆オープン戦 オリックス―中日(10日・京セラドーム大阪)

オリックスが3-1で迎えた6回裏、前代未聞の珍事で試合が中断するハプニングが起きた。

1死で打席にはモヤ。すると突然「ビックリするわ~」など関西弁の男性の声がスピーカーを通して場内に響き渡った。うんざりした表情でマウンド上の中日・福谷はプレートを外し、モヤも打席を外した。

それでも声の主はオリックスの選手を“分析”したと思えるおしゃべりをやめず、三塁の梅木塁審がネット裏に向けて大声で「入ってるよ~!」と音声を切るように要請した。しばらくして声は消えたが、そもそも観客がスタンドに入っていれば、歓声にかき消されていた程度の音量。無観客試合ならではのハプニングだった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

謎の関西弁が流れたときに打席にいた

中日のモヤ選手がこちら↓

 

 

スポンサーリンク

オリックス戦 ハプニングについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

その声の主が知りたい。

おそらく球団関係者で、選手ではなさそうだけど。選手だったら直ぐに特定されてネタにされそうだから。

 

ノムさんは現役の時いろいろぼやいてバッターをイラつかせていたそうだが、無観客だったらぼやきも放送されていたかもしれないね。

 

この場面を再生してみましたが、
球場アナウンスのマイクがオンのままだったんだろうね。

 

関係者には誰の声か分かってるでしょうし、わざわざ暴いて名前を公表する必要もない。ただ、中断するほどの声は迷惑なので注意はしておいて欲しい。

 

モヤが天井を見てたので恐らくマイクがオンのままでスタジアムDJの神戸さんの声が聞こえていたのだと思います。

 

観客が入っていればかき消される程という事は、これを機に新たな改善点が見つかったという事。
犯人探しが生きがいな人もいるが、前向きに改善すれば良いのでは。

 

マイクが入っていたなら、無観客ではなくても聞こえていたでしょうね。

 

守備側がそんな声にびびってはいかん。

しかし、そんなに大きくなくても響くんだよね。

話は変わるが、中日の今日までのオープン戦の不成績はダメだ。このままだと今季も期待できない。
一番勝たねばならないチームなのに、何やっているんだ!
しかも、読売との最下位争いとは。
読売は開幕までには仕上げて来そうだけど、中日は開幕以降もオープン戦みたいな試合をやっていそうで嫌だ。
弱いチームなんだから、何がなんでも勝たねばならんだろ!

 

スポンサーリンク

オリックス戦 ハプニングのまとめ

以上、オリックス戦 ハプニングについて調べてみました。

 

コメント