【動画】大坂なおみ ラケット破壊がヤバい!格下に惨敗でブチ切れる

大坂なおみエンタメ
スポンサーリンク

大坂なおみ ラケット破壊 動画が注目されていますね。

テニスの大坂なおみ選手がイタリア国際の初戦でストレート負けした直後に

ラケットを破壊した行為が物議を醸しています。

いったいどんな事があったのでしょか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

大坂なおみ 格下に惨敗でコートに叩きつけラケット破壊!

5月12日にテニスのイタリア国際・女子シングルス2回戦に出場した大坂なおみ選手

米のジェシカ・ペグラ選手にストレートで敗れ初戦敗退してしまいました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

大坂なおみ(@naomiosaka)がシェアした投稿

 

問題となったのは、敗退した直後

自分の思うようなプレーが出来なかったのかイライラを募らせていた大阪なおみ選手は

コートにラケットを叩きつけて破壊してしまうという行動に。

 

スポンサーリンク

大坂なおみ ラケット破壊 動画

それでは、問題の大坂なおみ選手のラケット破壊した動画を見てみましょう。

 

 

 

初戦でストレート負けで敗退してしまった怒りからでしょうか

何度もラケットをコートに叩きつけていますね。

ジェシカ・ペグラ選手は5月10日現在のWTAランキング31位。昨年度の最終ランクに至っては111位

対する大坂なおみ選手の5月10日現在のWTAランキングは2位。

昨年度の最終ランクは5位と大坂なおみ選手にとって圧倒的な格下の相手

そんな相手に惨敗したとは、コートにラケットを叩きつけて破壊してしまうくらいに怒りが抑えられなかったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

大坂なおみにラケットを提供しているYONEXの見解は

大坂なおみ選手にラケットを提供しているのはヨネックス(YONEX)

YONEXは東京に本社を置く日本のメーカーで、

大阪なおみ選手とは長年に渡り契約を結んでいるそうです。

今回のラケット破壊をした大阪なおみ選手について

弊社のラケットは、自社工場で1本1本作り上げているものです。ですので、今回のような行為は決して望みません。大坂選手は世界ですでに活躍しているアスリートでありますので、影響力があります。ジュニア世代やキッズたちが今回のような行為を真似することを危惧しております。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

としています。

確かに、世界中で有名な大阪なおみ選手が負ける度にこの様にラケット破壊という行為をしていたら

大阪なおみ選手に憧れる子供たちはマネしかねないです。

悪影響を与えてしまうのではないでしょうか。

 

更に次のように苦言も呈しています。

このような行為がもしまたあった場合には、大坂選手のマネジメント会社を通じて、注意をさせていただくことがあり得るかもしれません。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

大坂なおみ ラケット破壊の詳細

詳しい記事はこちら

テニスのイタリア国際女子シングルス2回戦(12日)、世界ランキング2位の大坂なおみ(23=日清食品)は、同31位のジェシカ・ペグラ(27=米国)に6―7(2―7)、2―6でストレート負けを喫し、大会初戦で姿を消した。

格下相手に自滅した。立ち上がりからエンジン全開で第2ゲームで早くもブレークし、3―0とリード。圧勝ムードも漂う中、徐々にペグラにペースを握られてしまう。第5ゲームのブレークを許すと、ミスが増えイラ立ち始めた。その後3度のセットポイントを迎えるも、タイブレークに持ち込まれてしまう。そこでもミスが目立ち、2―5とされた直後に怒りが爆発。ラケットを3回コートに叩きつけて交換を余儀なくされ、そのまま第1セットを失った。

第2セットに入っても流れをつかむことができない。集中力が欠けてきたのか、第6ゲームの40―30の場面でキープ確実と思われたスマッシュチャンスを失敗するなどイージーミスを随所で犯し、あっけなく落としてしまった。ペグラとは2019年にハードコートで行われた中国オープンで対戦。そのときはストレート勝ちしたが、やはり苦手のクレーコートでは勝手が違うのだろうか。

同じ土のコートで行われた先週のマドリード・オープンも2回戦敗退。今大会は4大大会第2戦の全仏オープン(30日開幕、パリ)の前哨戦だったが、不安しか残せなかった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

大坂なおみ ラケット破壊についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

あなたのミスショットはラケットの責任ではない。

自分もテニスをしていたが、ミスしてラケットに当たることは、
勿体なくてできなかった。
自分で買わなくていい人は、壊れてもいいと思うのだろうか…。

 

大坂なおみだけではなく、こういった行為がある度、嫌な感じをしていた。大事な道具を破壊だなんて、考えられないし、大事に作っている会社としては、怒るべきだと思う。プレーヤーなら大事にすべき。

 

ヘイト的コメントは論外だが、やはり道具を大事にしない行為は責められても仕方がないだろう。まだ若いので、今回の件を糧に真の一流選手に成長することを願います。

 

YONEXは優しくたしなめているけど内心はかなり怒っていると思いますよ。商売道具は大事にしないと一流とは呼べない。

 

まだ使えるものを、わざと壊す行為は理解できない。それを、ラケット一本買えない子供が見ているかもしれない。

 

そりゃ作ってる側からしたら試合中に壊れるのと選手自身がその手でぶっ壊すのじゃ心象が違う。
ラケット壊して当たり前みたいな事言ってる人もいたけどテニス界が異常なんだって。

紳士のスポーツを自称するならこういう行為はなくしていかないと。

 

いくら他のトップ選手もやらかしていると言われても
プロだから単なる道具に過ぎないと言われても
唯一の相棒である道具を破壊する必要はない。
有り余る?収入を得た結果人間は傲慢になるのではないか。
自分のプレーミスではなくその道具に不備があるのであれば
メーカである製作者にアドバイスをするのが真のプロだ。
それが道具や製作者に対する敬意というものだ。
道具に問題がないが自分への当てつけにやらかしているのが見え見え。
こんなことをいつまでもやっていてはいくら強くても応援は出来ない。
ただただ見苦しいだけ。

 

子供達には悪影響ですよね。
野球もバットを折ったりとか。
メーカーが契約をしないスポンサー契約を解除とかにはいかないですからね。
ルールでとても重い罰金とかがいいと思う。
尊敬されあこがれるプレイヤーのそんな姿は子供達は見たくないのですから。大人が見てもいやですからね。

 

スポンサーリンク

大坂なおみ ラケット破壊のまとめ

以上、大坂なおみ ラケット破壊について調べてみました。

 

コメント