アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話 あらすじと感想

アニメ

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話 「ポルポの遺産を狙え! 」

パッショーネに無事入団できたジョルノは仲間に紹介され

ポルポの隠し財産を回収するため仲間と共にカリブ島に向かいます。

 

引用:http://jojo-animation.com/

スポンサーリンク

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話 あらすじ(ネタバレ)

ポルポが亡くなったと言うニュースが出回っています。

その中のある一部の者たちの間で、ポルポの隠し財産があるのではと噂されています。

その金が手に入れば、、、

その隠し財産知っているのは、ポルポが気に入っていたブチャラティなのでは?

その話を聞いたズッケェロは即座に動き出します。

とあるカフェに集まるメンバーの元にジョルノを連れたブチャラティがやってきました。

ブチャラティの紹介で挨拶をするジョルノでしたが皆は知らんぷり

ブチャラティは怒りますが、店員から電話があると席を離れます。

その時です、ジョルノに見えないようにポットに尿を仕込むアバッキオ

愛想よく、お茶でも飲んで話をしようとジョルノに語り掛けます。

席に座り、お茶を手に取ると中身がなんであるのかを理解したジョルノは戸惑います。

飲むことが出来ずにいるジョルノでしたが、一気に飲み干すようにカップを空にしました。

本当に飲んだのかと、驚くメンバーたちをしり目に

君たちも能力を秘密にしているのだろう

と不敵に笑います。

ゴールドエクスペリエンスの能力で歯をクラゲに変え吸い取らせたのです。

メンバーに認められはじめ輪に入ることに成功しました。

メンバーと共に港に来たブチャラティはヨットを一台借りようとします。

同じように並ぶヨットの中からlagoon2をレンタルしたようです。

海に出てしばらくっ経ったところで、音楽を聴くナランチャをうるさく感じたミスタは

ナランチャに飲み物を分けて貰うのでした。

スパライトが透明だからいいという理由で決めます。

ナランチャに缶を開けるから本を持っていてと、頼み本を目隠しにして少しラジカセにかけます。

しばらくしてスパライトによってラジカセが動かなくなりました。

喚くナランチャをしり目に、ミスタはブチャラティに船がどこに向かっているのかを聞くのでした。

陸も遠くなってブチャラティが口を開きます。

カプリ島に向かっている

目的はポルポの隠し財産を回収するためだと告げました。

100億リラだ

みんなが沸きあがる中、ナランチャが突如消えます。

片方の靴を残しナランチャの姿はどこにも見当たりません。

海に落ちたんじゃないか

心配する中、浮輪を手に持っっていたミスタも消えていきます。

残されたのは浮輪だけです。

消えたミスタのいた辺りを調べようとフーゴが近づいていきますが、瞬間

フーゴも消えてしまいました。

突然の状況にブチャラティは、お互いに離れるな、攻撃されている

ブチャラティとアバッキオが状況を話し合っていると、

ジョルノがナランチャ達は生きています。

この船のどこかで生きていると断言しました。

なんでそんなことがわかると聞くアバッキオに対し

ナランチャの靴をハエに変え飛ばしています。

ハエは主人であるナランチャの元に帰ろうと飛び回っています。

あの辺りにいるのは間違いはないのにわからない、この謎をとかないとどうしようもないとジョルノは訴えます。

ブチャラティはアバッキオにお前のスタンドならああいう奴は倒せるかもなと囁きますが。

ジョルノの前では、能力を見せたくないとアバッキオは訴えるのです。

このジョルノ・ジョバーナには夢がある

謎、解けるんですよね

と、ジョルノは自らが出ていきます。

敵に攻撃されなすすべなくやられてしまうジョルノ

クレイジーな野郎だな、とジョルノの自分の身を犠牲にした行動にアバッキオの心に火が灯りまます

 

スポンサーリンク

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第5話 感想

今回の話の最大の見どころは、アバッキオの入れた通称アバ茶でしょう。

ギャングのパワハラここにありと言ったところでしょうか。

断る事も勇気と思いますが、夢のためジョルノは飲み干します。

まあ、ゴールドエクスペリエンスの能力で歯をクラゲに変えて吸い取らせたのですが、それってどうなのでしょうね。

クラゲ自身は水分でできているから大丈夫と言っても取り込んだことには変わり在りません。

後で外に排出できなければ体に取り込むのでしょうから、飲み干したのと変わらないですよ。

考えれば考えるほど、ジョジョ最大の恐怖です。

アニメオリジナルとして、船をレンタルする場面があります。

同じ船が並ぶ中で一つを選ぶ、この何気ないネタが後々に生きてきます。

 

 

コメント

スポンサーリンク