コナン作者 衝撃発言がヤバい!100巻で完結?オチは決まっている

エンタメ

コナン作者 衝撃発言が話題となっていますね。

名探偵コナンの作者・青山剛昌さんが、

TV番組に出演して衝撃発言をしました。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

コナン作者 衝撃発言がヤバい!100巻で完結?オチは決まっている

名探偵コナン」作者・青山剛昌さんが

24日の日本テレビ「1周回って知らない話」に出演して衝撃発言をしました。

 

 

View this post on Instagram

 

・ キャラクターno.1 江戸川コナン 「小さくなっても頭脳は大人!」 ・ 大人顔負けの推理をする小学生だが、その正体は高校生探偵・工藤新一。 組織の裏取引現場を目撃した際、口封じのために開発中の毒薬を飲まされ、その結果体が縮んでしまった。 新一の生存を隠すため、江戸川コナンと名乗り毛利探偵事務所に居候しつつ、組織の動向を探っている。 卓越した推理力は衰えず、毛利小五郎の陰で事件を解決に導く。 ・ 初登場: 第1巻 FILE.1 「平成のホームズ」 ・ 名探偵コナンの情報は、プロフィールのリンク(https://www.sunday-webry.com/ )🔗から ・ 皆様の好きな名探偵コナンのキャラクターを 「#名探偵コナン_キャラ 」でシェアして下さい。 ————————————————— #名探偵コナン #探偵 #comic #conan #detectiveconan #少年サンデー #漫画 #サンデーうぇぶり #キャラクター #江戸川コナン #江戸川乱歩 #コナンドイル #真実はいつもひとつ #青山剛昌 #小学館 ————————————————

名探偵コナンさん(@conan.official)がシェアした投稿 –

現在96巻まで出版されている「名探偵コナン

コナン作者の青山剛昌さんは番組で、

100巻を迎えるにあたってどうなっていくのかと質問に、

「100巻だとキリがいい」

と思わせぶりな返答

「もうオチは決まっているからね」

と衝撃発言をしました。

コナン作者の青山剛昌さんが衝撃発言している動画はこちら↓

「オチは決まっている」

名探偵コナンの最後がどうなるのかは決まっている、

という事は長く作品を続けてきた中で当然と言えば当然ですよね。

完結になるのが、100巻になってしまうのではないかという事は、

ついに終わってしまうのかと寂しい思いになってしまいます。

しかし、きりが良いと言う発言は、物語が動く可能性を示しているだけで、

完結を迎えるという事では無い、そう思いたいですね。

スポンサーリンク

コナン作者 衝撃発言についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

毎回毎回のトリックには感心します。25年ストーリーをよく考えつくものだと。

 

劇場版がヒットしてる限り、物語が続けられなくなるような結末は商業的に迎えさせてもらえないのでは?

 

”あの方”は明らかになったけど、”RUM”の正体はもうすぐ明らかになるのかな?
映画に関しては、組織編の内容を再編成して新規作画で何部作化すればまだ続けられるが、声優陣の年齢を考えると何年もやれないな。

 

もうコナンVS黒の組織は120巻くらいまでで終わらせて、不定期連載で名探偵工藤新一で小ネタを挟みつつ、劇場版は普通にやってけばいいのではと思う

 

25年間、アイデアとやる気を維持できるって事に、尊敬する。

 

「コナン」の替わりになるような、新人が台頭してヒット作が生まれないと終わりたくても終わらせることが出来ないもんな…。
青山先生の体調も万全ではないし、「怪盗キッド」だって描きたいだろうけど、それを許してもらえる状況でもないもんな…。

 

青山先生はおそらくコナンをそろそろ終わらせたい意向なのでは?と思う。
あだち先生との対談を見てもタイミングをうかがっているのは間違いないと感じた。
大人の事情が非常に大きいとは思うが作品が不幸になりすぎない内に上手く完結してくれることを期待しています。
何より先生の次の作品を待っているファンのためにも。

 

サブキャラたちのストーリー展開も大きくなっているので最後大円団にどう持ち込むのか結論はわかっていてもまったくわからない。だからこそ楽しみ。
でも結末が楽しみな反面、終わってしまうのも寂しい。
映画も最近はアクション感が強く迫力もあるが初期作のように推理ももうちょっとして欲しいかな。

 

たぶん、終わりは最初の頃からずっと構想があったと思います。
ただ、人気作品になってしまい、作者の意向だけではなかなか終わらせられないというのが今日まで黒ずくめの組織との決着を先延ばしにした理由でしょうね。

新一は高校生から小学生のコナンになったからいいけれど、私は小学生から読み始めて今やいいオジサンです。
早く決着してくれ〜!

 

コミックはもちろんのこと、劇場版も安定して稼げるコンテンツになってしまったからこれは作者が終わりたいと望んでも小学館が終わらせてくれないパターンでは?
サンデーをコナン目的で買っているという人もいるだろうし、コナンが存在しているだけで無限にメディア展開できるから小学館としてはこんなおいしい作品を簡単には終わらせたくないでしょう
しかし、こういうことしてると必然的に作品の質は下がるので作者が終わりたいタイミングで終わらせてあげてほしい、まぁ大人の事情があり厳しいのかもしれないが

 

スポンサーリンク

コナン作者 衝撃発言の詳細

詳しい記事はこちら

人気漫画「名探偵コナン」の作者・青山剛昌氏(55)が24日、日本テレビのトークバラエティー「1周回って知らない話」(木曜後7・00)に出演。コナンの「オチは決まっている」と衝撃発言をした。

今年で連載25周年を迎えた「名探偵コナン」。その人気の理由について青山氏本人は「分からない」と不思議顔。連載当初は「3カ月くらいで終わっちゃうかなと思った」と、青山氏自身もビックリの結果となった。

長く連載するにあたって、青山氏がこだわっているのは「コナン君は泣かない」「共犯はない」といったところ。後者は探偵モノの設定上なかなか難しいシバリに思えるが、青山氏は「話がややこしくなる」ため避けているという。

また、最近になって主人公・工藤新一とヒロイン・蘭の恋愛が発展したり、“黒ずくめの組織”のボスが判明したりと、ストーリーが急展開。ネット上を騒がせている。取材に訪れた足立梨花が現在96巻まで出版されていることを踏まえ、「(単行本)100巻あたりでどうなっていくんだろうな?物語が動くのかな?」と振ると、青山氏は「100巻だとキリがいい」と思わせぶりな返答。さらに「もうオチは決まっているからね」と衝撃の言葉を口にすると足立らから驚きの声が上がった。

ちなみに事件のトリックは編集の2人と月に1度、延々12時間くらいかけて考えているとか。この打ち合わせは25年間同じルーティンでやり続けているという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190424-00000200-spnannex-ent

 

 

 

View this post on Instagram

 

ConanNewsさん(@conannews)がシェアした投稿

スポンサーリンク

コナン作者 衝撃発言のまとめ

以上、コナン作者 衝撃発言について調べてみました。

新一と欄の交際、黒の組織のボスの正体の判明と、

物語が終盤に差し掛かってきている事は確かですね。

100巻まで後僅かです、どうなるのか注目ですね。

 

コメント

スポンサーリンク