山里亮太 人気理由がヤバい!10年かけて見た目を改造していた

エンタメ

山里亮太 人気理由が注目されていますね。

南海キャンディーズの山里亮太さんの

レギュラー本数がテレビ、ラジオ合わせて現在16本とあり、

その人気理由が話題となっているようです。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

山里亮太 人気理由がヤバい!10年かけて見た目を改造していた

南海キャンディーズの山里亮太さんと言えば、

その特徴的な見た目で、かつては「気持ち悪い」と言われていました。

しかし、いつしか彼の実力は皆の知るところとなり、

現在では、レギュラー本数はテレビ、ラジオ合わせて16番組となっているようです。

 


 

山里亮太さんは

「昔は“気持ち悪い”を武器に戦ってきたんですけど、最近は毛先を遊ばせたり、見栄えにも気をつけ出しました。おかっぱから、10年計画で変えていったんです。切るたびに前髪を薄くしていった。10年間かけて“気持ち悪い”以外の武器を勉強しようと思ってやってきたので」

と密かに10年計画で見た目を改造して来ていたといいます。

10年間かけて、改造していたとは驚きですね。

 

 

確かに、最近の山里さんの画像を見ると毛先がクルっとなっていますね。

言われるまで全く気がつきませんでした。

しかし、こういう人知れぬ努力が成功の一端を担っている事は間違いないですね。

かつてはキモいと言われ、どこか鼻につく存在でしかが、

今は、どんな場面でも馴染んでしまうカメレオンスタイルのMCとなっています。

自分が目立ちたいと思う芸能人が多いなか、こういう存在の山里さんは貴重なMCですね。

 

スポンサーリンク

山里亮太 人気理由についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

自分がメインMCにならず、誰と組んでもサブMCの位置を必ず確保している。山ちゃんがサブでいる番組は安定して面白い。つまらないMCはちゃんと盛り上げて、面白いMCのじゃまにならない。かなり貴重な逸材。

 

スッキリの天の声は山ちゃんにピッタリの役だと思います。声だけなのに山ちゃんらしさは伝わってくるし、面白いし、それでいてちゃんと進行してくれるし。時々早口で何言ってるかわかんないときあるけど、ちゃんと最後はまとめてくれるし。
最初は嫌われもののイメージだったけど、いつの間にかテレビに欠かせない存在になりましたね。それってすごいことだと思います。

 

容姿で損をするタイプの人は、どうすれば自分が輝けるかを潜在的に考えながら生きているので空気が読める人が多い。ただそれは努力や頭の良さも伴って時間もかかるし、若いときは辛い思いもする。容姿がいい人はそれをしなくても子供の頃から周囲が輝かせてくれるので、意識をしなければついつい自己中になってしまう。
この世の中、周囲に振り回されず自分を信じて一生懸命生きている人が勝ち。

 

山ちゃんは昔から面白いし、ワードセンスが他の人と違って自虐の上に相手の攻撃をするので、観ていて不愉快にならない。頭が凄くいいのだろうし、自分を常に俯瞰で見ている感覚がある。

 

トークが上手いし若者から年配者まで幅広く起用出来るのは使いやすい
それとJUNKなどラジオでも抜群のトークスキルは素晴らしいです

 

山里さんは出演している場所場所で場の雰囲気を読み取りながら自分の役割を瞬時に察することが出来る素晴らしい芸人さんだと思います。
いじって良し、いじられて良し、すべって良し。
三拍子そろっていてトークもいけるという他を寄せ付けない実力を持っていると思います。
が若林さんが本の帯に書いていたように、それでも慕われないのはよっぽっど人望がないのだろうとw
それもまた彼の武器なのだと思います。
確かに本の中身は引くぐらい性根は・・・ですからねw
でも今のテレビには必要な人材だと思います。
日本は全体的に見ればリア充より非リア充の方が多いので、上手く批判していた方が世の中を見方に付けやすいですからね。
あまりやりすぎると・・・ですけどw

 

山ちゃんの凄いところは、誰もが心にある少しゲスい気持ちのディテールを瞬時に口に出来るから、共感をよんでると思う。洞察力とまでいってない観察力の高さもあるかな。洞察力まで高めてしまうと少々上から目線的になるけど、少しマイノリティ目線なのがクスっとなってしまう。キモさとのバランスが絶妙なんだよな。

 

この人、天の声とかやってるけど、あれって結構難しいと思うよ。
番組全体を把握して的確に発言しないといけないから。

あと、10年計画って言えるところがすごい。
キモいを売りにしてバカやってるだけでは、今のようにならない。
ちゃんと先を見てきたから、自信があるからサラッと言えるんだと思う。

 

スポンサーリンク

山里亮太 人気理由の詳細

詳しい記事はこちら

南海キャンディーズの山里亮太(42)がノッている。MCを務める新番組が、4月から3つスタート。これでレギュラー本数はテレビ、ラジオ合わせて16番組と、平成から令和にかけた“山ちゃんフィーバー”が起こっている。新番組の1つとなるTBS系「メイドインジャパン!」(月曜、後9・00)の第2回(6日放送、後7・00から3時間SP)収録後に直撃。引っ張りだこの理由を探った。

赤眼鏡におかっぱ頭が山里のパブリックイメージだろう。でも、近くで見ると、思っていたビジュアルと少し違う。10年かけて見た目を改造してきたという。

「昔は“気持ち悪い”を武器に戦ってきたんですけど、最近は毛先を遊ばせたり、見栄えにも気をつけ出しました。おかっぱから、10年計画で変えていったんです。切るたびに前髪を薄くしていった。10年間かけて“気持ち悪い”以外の武器を勉強しようと思ってやってきたので」

計画の成功を示すように、4月からMCの新番組が3つもスタート。NHK「逆転人生」では実際にあったどんでん返しの物語を追い、テレビ東京系「ひねくれ3」では成功者たちの生き方を独自の視点で味付けする。

TBS系「メイドインジャパン!」は、日本に住む外国の人々が故郷に里帰りし、日本のよさを伝えるバラエティー。VTRにそっとコメントを添える、山里の引いた距離感が印象的だ。「『メイドインジャパン!』で下ネタを言うわけにもいかないので」とボケつつ、根底にあるのは「感謝」だと明かした。

「ゲストの方やVTRが、いかにありがたいものかを感じているってことですね。VTRが面白いから、その感謝として、どうコメントしたらお邪魔にならないか、とやっている。ずっと人の顔色を見て、生きてきた人間なので、そこで使ってもらえているのかなって思ってます」

歯に衣着せぬ毒舌や個性の強さで多くのMCを担当する坂上忍(51)やマツコ・デラックス(46)らとは違うカメレオンスタイル。福田健太郎プロデューサーは「いろんな番組をやられているんですが、番組のカラーに合わせるのが天才的。相手が何をしてほしいのか、天性で分かっている」と絶大な信頼を寄せる。

何色にも染まれる“受け”の手腕は、漫才で磨いてきたものだという。「基本的にカウンターを狙ってるタイプ。漫才で培ってきた自分のスタンスが、センターマイクがなくても他の現場で生きるというのが芸人として一番幸せな形だと思う。それに近いことをやらせてもらえていることはありがたいなと思います」。まじめに語ると「MCの空気出てますよね?自分でも出てるなぁと思いながらしゃべってました」と、表情を崩した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000018-dal-ent

 

 

 

スポンサーリンク

山里亮太 人気理由のまとめ

以上、山里亮太 人気理由について調べてみました。

 

コメント

スポンサーリンク