特濃ソース顔 50代俳優がヤバい!塩顔・しょうゆ顔の俳優も調査

エンタメ

特濃ソース顔 50代俳優が注目されていますね。

特濃ソース顔と言われる阿部寛さんと北村一輝さんなどの

50代俳優が需要が高まっているのだといいます。

特濃ソース顔とはどういう顔なのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

特濃ソース顔 50代俳優がヤバい!塩顔・しょうゆ顔の俳優は?

特濃ソース顔と言われる

阿部寛さんと北村一輝さんの顔を見てみましょう。

 

阿部寛さんと北村一輝さんの顔画像がこちら↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

エムコ(@___0717.kk)がシェアした投稿

 

2人が並んでいる顔みたら一目瞭然ですね。

顔が「濃い

濃い顔がソース顔と言われる顔ですね。

思いつく男性と言えば

 

TOKIOの長瀬智也さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

kumasanmorino(@mumunorinori)がシェアした投稿

 

嵐の松本潤さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

みく(@ara.shi0523)がシェアした投稿

 

勿論、阿部寛さんと北村一輝さんも

ソース顔に入りますよね。

その中でも特に顔の濃い

個性的な濃厚ソース顔という事なのでしょうね。

 

スポンサーリンク

特濃ソース顔 50代俳優の詳細

詳しい記事はこちら

映画が銀幕と呼ばれた頃、スターは「ソース顔」が多かった。だが80年代頃から中性的で「塩顔」「しょうゆ顔」が主流になり現在に至るが、そんななか今期ドラマシーンで異彩を放っているのが『スカーレット』『ニッポンノワール』の北村一輝と『まだ結婚できない男』の阿部寛だ。2人に共通するのは50代、そして映画『テルマエ・ロマエ』でともにローマ人を演じたほどの「特濃ソース顔」。2人は俳優としてのタイプは正反対。双極のポジションながら、エンタテインメントシーンのど真ん中を盛り上げている。そんな2人の軌跡を振り返りつつ、現代における50代俳優の需要を考える。

~中略~

いまの2人は、光と影とも捉えられる。順風満帆でなかった過去という意味では共通点があるが、コミカルで明るい正統派の主演側の阿部寛に対して、北村一輝は陰鬱で暗い悪役、もしくは変人がハマる敵役側の存在。そしてそれぞれが現在の日本のシーンにおいてその分野のトップに立っている。

もうひとつの共通点は、顔が“濃い”ことだ。改めて見ると50代俳優には顔が“濃い”人が多い。今年1月クール月9『絶対零度』に出演する沢村一樹をはじめとして、遠藤憲一、石丸幹二、神保悟志、高嶋政宏、寺島進、佐藤浩市などなど。さらに見れば、いわゆる名バイプレイヤーと呼ばれている俳優の割合も多いことが分かる。

この背景には、80年代頃からの“中性的”俳優人気の時代がある。演技力や芝居への情熱など高レベルの俳優でありながら“濃い”顔ゆえに抜擢されることがなかなか叶わず、“影”の時代を歩む羽目に。そんななかVシネや2時間ドラマ、脇役や端役などでは重宝されたが、扱いがB級扱いだった感は否めない。この兆候に変化が起こったのが宮藤官九郎が台頭してきた頃。宮藤はVシネ的なものや2時間ドラマものをリスペクトしつつネタにし、メインストリームへと昇華。その後、『トリック』など2時間ドラマをパロディ化する流れが起き、この結果、2時間ドラマ的、脇役的な俳優が女性陣から「かわいいおじさん」と愛されるようになり、空前のバイプレイヤーブームが起こった、という流れがある。

スポットライトが当たれば後は演技力。長年培われた力は本物であり、ドラマ通が注目する。視聴者の目が肥えた時代ともマッチした。情熱を持って確かな経験を重ねてきた“本物”であり、人生をしっかり歩んできた“先輩”が評価を集めるのは、エンタメシーンのみならずどの業界においても当然のことであり、幸せなことだろう。

そんななか、今期異彩を放っている阿部寛と北村一輝。お互いにかぶらない立ち位置で経験を積み重ね、良い歳のとり方をしてきた2人は、『テルマエ・ロマエ』シリーズで共演もしているが、這い上がってきた者同士のシンパシーをお互いに感じているかもしれない。彼ら50代俳優が、今後のエンタメシーンを盛り上げる“鍵”であることは否めない。若きスターの台頭を待つと同時に、50代ベテラン俳優の活躍からも目が離せない。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

塩顔・しょうゆ顔の俳優の画像がこちら↓

塩顔の俳優の画像

 

長谷川博己さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

けい(@steptocloud_plus)がシェアした投稿

坂口健太郎さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fukiのサブ(@fuki.sub)がシェアした投稿

 

しょうゆ顔の俳優の画像

向井理さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomoko(@tomo.429)がシェアした投稿

 

小栗旬さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

OGURIFAN (おぐりまにあ)(@pitoogu1226)がシェアした投稿

スポンサーリンク

特濃ソース顔 50代俳優についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

言われてみれば確かにこの世代の俳優さんは特濃ソース顔が多い。
逆に若手の俳優さんで濃い人が思い浮かばない。

 

この二人だけでなく、最近若い方の美的感覚が変わってきたのか、最近のかっこよいと言われている若手俳優がどうもしっくりこない。中身も含めて男が憧れる感じが無いというか。雰囲気とか顔で言うと韓国系の影響を受けてるのかなって思う。

 

このお二人ももう50代なんですね。
大人の色気に溢れてて、でもかっこつけてなくて自然体で
様々な役を演じきっていらっしゃって本当に素敵ですよね。
お二人が出ていると絶対おもしろいだろうなと思って見てしまいます。
お二人とも大好きな俳優さんです!

 

こういう特徴がハッキリしていてカッコいい方が
自分は好きだけどなあ。
最近の若いイケメンてなんていうかなあ
皆整ってる顔してんだけど個性がないっていうかなあ。
なんか量産品のお人形みたい。

 

若くない私としては今の若い俳優さんたちの細身でアッサリ顔には全然魅力を感じないのだけど、この年代の特濃顔には男性としての魅力や顔面の迫力(笑)を感じる。今の若い男性は中性的なのかな。

このお二人はシリアスからコメディ、映画テレビ舞台など様々に活躍されてて素敵です!

 

好きな俳優です
黙ってればイケメンだと思うけど、コミカルからシリアスまで演じれて個性派の仲間になるのかな
色気や外見も大事だけど、それを忘れるくらいの演技をされる俳優は長く一線で活躍出来るのかなと中堅俳優の方の活躍を見ていると思う

 

自分は眉毛が濃くて子供の頃かよくネタにされてた。一昔前の男も眉毛が細い方がカッコいいみたいな風潮の時も眉毛が濃いというだけで論外みたいな扱いを受けてたけど、この手のキリッとした眉毛が印象的な俳優さんの活躍を見て自信を持って生きられるようになった。

 

もともとはスッキリした顔が好みですが、北村さんだけは別。あんなに彫りが深くて、色気があって、演技上手い役者はそうそういないです。年をとっても渋さが増していい感じ。外国の映画に出ても違和感なさそう。

 

スポンサーリンク

特濃ソース顔 50代俳優のまとめ

以上、特濃ソース顔 50代俳優について調べてみました。

 

コメント