ボンネットマスコット 減少理由がヤバい!高級車の象徴が無くなる

エンタメ

ボンネットマスコット 減少理由が注目されていますね。

高級車の象徴とも言えるボンネットマスコット

減少している理由が話題になっています。

どの様な理由で減少しているのか?詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ボンネットマスコット 減少理由がヤバい!高級車の象徴が無くなる

ボンネットマスコットをまず一番に思い受べるのは

メルセデス・ベンツのボンネットに立体で飾られている

ベンツマークではないでしょうか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ワイズプロジェクトWAKO ファクトリー(@yprowako)がシェアした投稿


車のボンネットにそびえ立つ

ボンネットマスコットは高級車の象徴の様に見えます。

国産車でも

日産「シーマ」やトヨタ「クラウンマジェスタ」

といった高級車に採用されていました。

 

しかし近年では、

ボンネットマスコットを採用するクルマは激減しているのだといいます。

ボンネットマスコットの減少理由は

2001年6月に、クルマの国際基準調和の一環として道路運送車両の保安基準等が改定され、国際基準である「乗用車の外部突起(協定規則第26号)」が導入されたことが要因です。

 

「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」では、2009年1月1日以降に登録したクルマについて、「自動車の外部には、衝突時又は接触時に歩行者等に傷害を与えるおそれのある形状、寸法、方向又は硬さを有するいかなる突起を有してはならない」と規定されています。

この告示によって

メーカーとして歩行者保護の姿勢を示す観点から

ボンネットマスコットの採用を取りやめる事が増えていった様です。

 

歩行者保護の優先に考えると致し方ないのかも知れませんが

各メーカーそれぞれに色んなデザインがあるボンネットマスコットが

無くなってしまうのは寂しいですね。

 

スポンサーリンク

ボンネットマスコット 減少理由の詳細

詳しい記事はこちら

ボンネットマスコットを見なくなったワケ

クルマのボンネット先端で美しく輝く「ボンネットマスコット」は、ブランドが持つ格式を示すシンボルでした。

しかし近年では、ボンネットマスコットを採用するクルマは激減しています。なぜボンネットマスコットは採用されなくなったのでしょうか。

ボンネットマスコットとは、自動車メーカーのロゴやシンボルを立体化し、ボンネットの先端中央部に取り付けられるアクセサリーのひとつです。

平面的に作られるエンブレムは車内から見えませんが、ボンネットマスコットは立体的に作られるため車内からも見え、先端部の中央に設置されることから、クルマの先端を把握する目安にもなります。

また、ブランドのシンボルとして一部の高級車に採用されるため、羨望の眼差しを受ける存在でもありました。

そんな高級車に積極的に採用されていたボンネットマスコットですが、近年は見かけなくなりました。これは2001年6月に、クルマの国際基準調和の一環として道路運送車両の保安基準等が改定され、国際基準である「乗用車の外部突起(協定規則第26号)」が導入されたことが要因です。

改定された「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」では、2009年1月1日以降に登録したクルマについて、「自動車の外部には、衝突時又は接触時に歩行者等に傷害を与えるおそれのある形状、寸法、方向又は硬さを有するいかなる突起を有してはならない」と規定されています。

多くのボンネットマスコットは、この告示に抵触する恐れがあっただけでなく、メーカーとして歩行者保護の姿勢を示す観点からも採用を取りやめる例が増え、現在では街中で見ることも少なくなりました。

そんな絶滅が危惧されるボンネットマスコットは、現在でもメルセデス・ベンツの「Sクラス」や「Eクラス」の一部グレードで採用されているほか、ロールスロイスでは全車種で採用され続けています。これらの車両は法令には抵触しないのでしょうか。

法令では、「装飾部品であってその支持部から10mmを超えて突出しているものは、その先端部分に対し、装飾部品を取り付けた表面に平行な平面内のあらゆる方向から10daNの力を加えた場合に、格納する、脱落する又はたわむものでなければならない」と明記されています。

また、「装飾部品は、格納、脱落又はたわんだ後に残った突出量が10mm以下でなければならない」と規定されており、表記内の10daNとは、およそ10kgを荷重した状態です。

現在、メルセデス・ベンツで採用されているボンネットマスコットは可倒式となっており、衝突時に倒れることで衝撃を緩和します。また、倒れたときの突出量が10mm以下となっているため、法令に抵触しないようになっています。

また、ロールスロイスのボンネットマスコットは、マスコットへの衝撃を検知するとボンネット内に格納されるようになっています。

盗難防止としても実装された機能ですが、ロールスロイスのクルマにボンネットマスコットである「フライングレディ(スピリット・オブ・エクスタシー)」はなくてはならない存在です。

複雑な機構を搭載することなろうとも、ボンネットマスコットを採用し続けるロールスロイスの意地を感じます。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

ボンネットマスコット 減少理由についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

まあ、歩行者衝突時の安全性のための措置としては仕方ないのだと思います。
ボンネットマスコットと同じ理由で、車の形自体もまるみを帯びたものばかりになったと聞いたことがあります。ちょっと昔の角ばったデザインの方が好きな私としては、ちょっと残念です

 

僕が子供の頃父のクルマのエンブレムが根こそぎ剥がされていたことがありました。
青空マーケットやバザーなどで高級車や外車のエンブレムなどが売られているのを見かけたこともあります。
そういうことも要因のひとつかも知れませんね。

 

ボンネットの突起物として衝突時(とくに歩行者)へのダメージ軽減のためというのはわかっていたけどこれによって昔のスポーツカー、スーパーカーの持ち味だったリトラクタブルヘッドライトも消滅してしまったのが寂しい。
リトラは衝突以外に開閉機構での部品の点数や電動ゆえの配線の取り回し、設置スペースなど今のLEDヘッドライトより不利かもしれないけどライトONでポップアップする感じが当時、憧れたな。

 

ベンツに乗ってる。学生の頃、スリーポインテッドスターに憧れて、勤続30年の暁に購入した。
金持ちではないが、乗れば優雅な気持ちと頑張って働いて良かったと思う気持ちになる。
そう思いながら、エンブレムを磨いでる。
古臭いおじさんだけど。

 

安全性の観点は理解できる。
別にボンネットマスコットに憧れた世代の人間ではないが、最近は「ドライブレコーダー録画中」ってステッカーが増えてきて、決してカッコよくないものが増えてきたのはちょい残念。
時代の流れなんだろうけど。

 

初代ギャランΛ(ラムダ)オーナーでした。
エントリーグレードの1.6LのSLでしたが立派な「M」を象った
マスコットがボンネットフードに付いてました。

当時から「可倒式」でしたよ。

洗車してWAXをかけてふき取りするたびに、角型4灯ヘッドライトのフロントマスクとマスコットをうっとり見てました。低級グレードでしたが。

思い返せばまだ若かったです。
今はクルマに憧れよりも実用を求めてしまいますから。

 

安全性など様々な問題からというのは分かりましたが、
先日、オールドメルセデスを見たんですがやっぱり凄く格好良かったです。
乗ってるのは身なりの良い高齢紳士でしたが…。

最近の車はどれも速さ重視のダサい流線型ばかりですごく残念です。

 

あれはイタズラの対象でもあった。2回壊されて直すのを諦めた。

最近は安全性のためにボンネットとエンジン間の隙間も一定量必要らしいが、それでデザインが大幅に規制されるのも面白くはないな。

 

スポンサーリンク

ボンネットマスコット 減少理由のまとめ

以上、ボンネットマスコット 減少理由について調べてみました。

 

コメント