若一光司 生放送中激怒の真相がヤバい!動画あり

エンタメ

若一光司 生放送中激怒が注目されていますね。

読売テレビの「かんさい情報ネットten.」で

コメンテーターの若一光司さんが生放送中激怒する場面があり話題となっている様です。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

若一光司 生放送中激怒の真相がヤバい!動画あり

読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.

街でさまざまなことをリサーチする「迷ってナンボ!」のコーナーで、

店の常連が男性なのか女性なのかがわからないという店員の依頼があり、

藤崎マーケットが該当の人物に男か女かを確認するというVTRが放送された後、

コメンテーターの若一光司さんが

「あのね、男性か女性かという聞き方、許しがたい人権感覚の欠如ですね。個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃないです」

と激怒。

番組が一時、凍り付く事態になっていました。

 

若一光司さんが生放送中激怒した動画はこちら↓

若一光司さんが激怒するとい事もわかりますね。

ニュースを扱う情報番組で男か女か分からないことを楽しむ企画はどうかと思います。

該当者の許可を得ていると言っても、失礼な事には変わりないです。

「個人のセクシャリティにそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」

というのは、若一光司さんが生放送中激怒するのも、

言っている事は間違いないではないと思います。

 

 

男性なのか女性なのかがわからないとされた常連客が、

5chの実況に降臨

「自分では普通のおじさんだと思ってたからあんなこと聞かれて驚いた。不快ではなかった。」

と男性なのか女性なのかがわからないとされた事には驚いたそうですが、

不快では無かったと本人は言っている様です。

 

若一光司さんは

「たとえご本人がテレビに出ることを了解しているとしても、個人のセクシャリティにそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」

と、本人がたとえTVに出る許可をしていて、深いと感じていなくとも、

企画の内容自体が、個人のセクシャリティにそういうアプローチをすることそのものが

許しがたい人権感覚の欠如と激怒しているという事です。

 

 

スポンサーリンク

若一光司 生放送中激怒についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

言っていることは正しいんじゃないの。
読売のコメンテーターがこういうことを言うのは珍しいね。

 

わたしはこの人が正しいと思う。
男か女か分からないことを楽しむっていうのはね。
センシティブなところがあるよ。

しかし、例えば、整形美人かそうでないかをバラエティでよくやってるけど、あれは本人がいいならたぶんいいよね?

とすると、やっぱりセクシュアリティが生れながらのもので、本人に変えられない性質の微妙な問題を含むものだから、やっぱり人権問題として、アウトってことなのかなと思う。

 

もっと他人の気持ちを慮る必要があります。
嫌でもはっきり断れない人もいる。
後になって番組を見た心無い人に人権侵害されることも考えられるBPOでも良く審議して欲しい。
人それぞれ考え方は違う当事者でない人が傷つくこともあり得る、成熟した社会は多様性をみとめて良く知る必要がある。
実際いま教育現場でも男性意外でもスラックスを着用して良くなっている。
本人が自身が女性と認識していてもスカートを拒否する自由はあるのだ。

 

動画見たけど、企画に問題あるよね。
こういうのは怒って良いと思う。
藤崎マーケットは出演者として色々叩かれるだろうけど
制作側に問題があると思う。

面白くて本人も出演に了承してるからokとかそう言う問題じゃないよね。

 

まともな感覚だなって思う
他人に興味を持つことは大事なことだし素晴らしいことだが
世間にも一見興味を持つフリをして人を小馬鹿にしている輩が大勢いますし

 

ちょうど見ていました。

私としては、内容がどうこうと言うより報道番組の1コーナーとしてどうなんだろうという気持ちで見ていました。

局は違うけど、探偵ナイトスクープなら笑って済ませられる内容だったんじゃないかなと。

「これじゃ完全にバラエティーやん」と。

ロケに出ていた藤崎マーケットも笑いを取るべくああいう持って行き方になったと思うので、責められるべきは番組制作者だと思うのですが、藤崎マーケットにもケチは付くだろね。

若一さんの発言でスタジオが凍りついてましたね。

 

確かにね、放送を見てこういう事しても良いんだ、何て解釈して同じ事やっちゃう人って居るから。
御本人が了承してるから放送して良い、というのは危険ですよね。
ただ言い方伝え方もブチ切れではなく、冷静に指摘して欲しいところではあります。

 

映像を見ていないので難しいところはありますが。
下手なイエスマンになることなく、言いたいことがあれば言えばいい。
それでこそコメンテーターというポジションなんじゃないですか。
また提示された内容について、それを見聞きした視聴者がどう受け止めるのか。それもメディアの役割だと思う。
ただ余計な喜怒哀楽を入れちゃうと、見ている側も冷静になれなくなってしまうような気がします。

 

スポンサーリンク

若一光司 生放送中激怒の詳細

詳しい記事はこちら

読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」(月~金曜、後4・47)で10日、コメンテーターの作家・若一光司氏が、お笑いコンビ・藤崎マーケットが男性か女性かわかりづらい人の性別を知るために免許証を見せてもらうなどして確認したことに対して、「許しがたい人権感覚の欠如。よくこんなもん放送できるね」と怒り心頭に発し、生放送でスタジオが静まりかえる事態になった。

若一氏が激怒したのは、藤崎マーケットが街でさまざまなことをリサーチする「迷ってナンボ!」のコーナー。店の常連が男性なのか女性なのかがわからないという店員の依頼で当該人物に確認するという内容で、当初は恋人の有無や下の名前を聞いたり、胸を触ったりしていたが、最終的には免許証を見せてもらい“解決”した。

このVTRに若一氏が激怒。「あのね、男性か女性かという聞き方、許しがたい人権感覚の欠如ですね。個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃないです」とバッサリ。中谷しのぶアナウンサーや澤口実歩アナ、小島康裕解説デスク、ライセンス・藤原一浩、菊間千乃弁護士がいたが、誰も一言も発せないままだ。

若一氏は「こんなもんよく平気で放送できるね。報道番組として、どういう感覚ですか。ちゃんと考えろよ」と語気を強めた。中谷アナが「皆さんの悩みを聞きながらということですから…」とフォローしようとしたが、それを遮り、「たとえご本人がテレビに出ることを了解しているとしても、個人のセクシャリティにそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」と、憤まんやるかたないようだった。

ネットでは「放送事故になっとる」、「生放送にブチ切れやばい」、「急に凍り付いた」といった声が並ぶ一方、「取材された当事者がOKなんだから」と、VTR放送を擁護する声もあった。

なお、番組ラストでは、和歌山・白浜のパンダの話題に、若一氏をはじめ出演者一同が笑顔を見せていた。

若一氏は地元大阪の歴史や、イスラエル問題、第2次世界大戦の日本軍一等兵を扱った著作で知られる。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000167-dal-ent

 

 

スポンサーリンク

若一光司 生放送中激怒のまとめ

以上、若一光司 生放送中激怒について調べてみました。

 

コメント