読売テレビ 謝罪の真相がヤバい!生放送で若一光司が激怒

エンタメ

読売テレビ 謝罪が注目されていますね。

読売テレビ「かんさい情報ネット ten.」での企画に、

出演者の若一光司さんが苦言を呈した問題で、

読売テレビが謝罪しました。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

読売テレビ 謝罪の真相がヤバい!生放送で若一光司が激怒

読売テレビの夕方の報道番組「かんさい情報ネット ten.」

「迷ってナンボ!」のコーナーで

「常連客の性別がわからない」という疑問を解決すると言う企画のVTRが放送された後、

コメンテーターで若一光司さんが生放送中にも拘らず激怒

「個人のセクシュアリティーにそういう形で踏み込むべきじゃないです。そんなものをよう平気で放送できるね。どういう感覚ですか、これは報道番組として」

と苦言を呈していました。

 

 

番組放送後に物議をかもしていました。

番組を放送している読売テレビの総合広報部は

「プライバシー情報に関する不適切な取材だった。視聴者並びに関係者の皆さまに深くおわびします。事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」

と謝罪しました。

 

スポンサーリンク

読売テレビ 謝罪の詳細

詳しい記事はこちら

読売テレビ(大阪市)は10日、夕方の報道番組内のロケ企画で「男性か女性かどっち?」と一般客に確認するシーンを放送した。生放送中に、番組コメンテーターで作家の若一光司(わかいちこうじ)さんが「許しがたい人権感覚の欠如」と指摘。同局総合広報部は「プライバシー情報に関する不適切な取材だった。視聴者並びに関係者の皆さまに深くおわびします。事態を重く受け止め、再発防止に向けて取り組む」と説明している。

報道番組「かんさい情報ネット ten.」で放送されている、お笑いコンビ・藤崎マーケットが、街の人々の疑問を調査する「迷ってナンボ!」と題するコーナー。大阪市内の飲食店を訪ねた2人が「常連客の性別がわからない」との話を聞き、客本人に「性別はどちら」「彼女は?」と質問したり、保険証の性別欄を確認したりした。「おっぱいあります?」と尋ね、客が「ちょっと触ってみます?」と答えると、胸のあたりに触れる場面もあった。「正真正銘の男だったということで、お姉さんに報告へ」「お兄さん、失礼なことを聞いてすみませんでした」というナレーションも入っていた。

VTRを見た若一さんは「個人のセクシュアリティーにそういう形で踏み込むべきじゃないです。そんなものをよう平気で放送できるね。どういう感覚ですか、これは報道番組として」「ご本人がテレビに出ることを了解していたとしても、個人のセクシュアリティーに関してそういうアプローチをすること自体が、人権感覚、人権認識にもとります」などと批判した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000019-asahi-soci

 

 

スポンサーリンク

読売テレビ 謝罪についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

若一さんがブチ切れた事が「放送事故」と見出しにしていた記事もあったけど、そもそもあの企画が放送事故なんだよな。

 

実際の番組を見てはいませんが、記事を読む限りは、夜中のバラエティ番組ならまだしも、夕方の多くの人が見そうな報道番組としては不適切な内容に思えます。放送中に苦言を呈したことで、まだ救われてるような気はしますが…。

 

見たけどとにかく下品だった。
下の名前をしつこく聞く。
彼女がいるかどうかをしつこく聞く。
同性愛の可能性あるからと保険証で性別確認する。
男性器の汚い表現での別称をそのまま放送する。
胸が女だと言い張る。触る。

単なる性別確認でそこまでする?言う?のオンパレード。報道番組としてありえないというのに同意しかない。

 

若一氏に賛同。
言語道断の企画。

報道番組ではあり得ない。
おそらく制作色が強い番組なのでは。
世間並みの知識や常識が無く
ニュースや新聞を見ていない
社会情勢にも疎い人物のお粗末企画だろう。

LGBTに関する諸問題がようやく認識され、法律の不備などが議論されるようになってきた矢先にまだこんな企画が通り、しかも放送された事実に唖然。

企画したディレクターはもちろん取材に同行したカメラマン、インタビューしたタレント、チェックした上司まで、放送には多くの人間が関わったはずだが、

『これ、やめましょう』

声を上げる人物が一人もいなかったのか。

関わった全ての人に責任がある。
局のモラルの低さ、社会常識の無さに愕然。

生放送で
毅然と発言をされた若一氏の行動が
唯一の良心であり救い。
もっともだと思う。

 

発信力のある人の中にダメなものはダメとはっきり言える人がいてくれたのは本当に良かったと思う。子供の教育も同じで、こんな風に叱れる大人が絶対必要だと思います。

 

若一さん以外は誰も何も言えない雰囲気が全てだろう。

 

番組を見ていましたけど、私も不愉快な気持ちな。りました。胸を触って確認するとかありえない。
必要以上に聞いていたのでそこまでする必要あるのかと思っていたら若一さんがインビューで激怒した時、視聴者の代わりに怒ってくれたのでよかった! 制作側は、笑いを取るのではなく報道番組である事を理解して番組を行なってほしい

 

ちょうど番組見てたけど聞くだけならまだ良かったのかもしれないけど
あの芸人の聞く態度が良くなかったよね。
普通に聞くんじゃなく街中で変わった人見かけるといじりたがる中高生と同じような好奇心で見世物にしようという気満々な態度がダメだと感じたよ。
態度だけじゃなく中身からしてそうなのかもしれないけど。

 

この番組は見ていないけれど、読売テレビは謝罪までしているのだから事実なのだね。はっきり言って信じられない。若一さんが番組内で「よう平気で放送できるね」とはっきり言ってくれたから、まだそこまでで食いとどまったのかもしれない。
読売は新聞もテレビも非常にわかりやすいという特徴がある。テレビもテンポがあって、特に若い人には受け入れられるだろう。だが、物事の洞察力・判断力が非常に浅い。そのことがまた「くどくない」という好感度につながっているのだろうが。ただ、この件に関しても事前にきちんとした判断をしていれば、こんな番組放送すべきでないことぐらいはわかるはず。それがわからないとまた同じ過ちを繰り返す可能性がある。二度と繰り返さないでほしい。

 

報道番組のようで、実際にはバラエティーやワイドショーみたいな
企画って地域を問わずに多いなと感じる。
しっかりとしたゾーンを区分することも必要だけど、今の時代感覚
に合わない企画にGOサインを出した時点で番組制作として駄目だ。

 

スポンサーリンク

読売テレビ 謝罪のまとめ

以上、読売テレビ 謝罪について調べてみました。

 

コメント

スポンサーリンク