宮澤エマ 回顧がヤバい!総理の孫は落ちこぼれだった!

エンタメ
スポンサーリンク

宮澤エマ 回顧が注目されていますね。

宮澤エマさんが回顧した記事が

話題となっている様です。

どういう記事なのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

宮澤エマ 回顧がヤバい!総理の孫は落ちこぼれだった!

宮澤エマさんは、

第78代首相の故・宮澤喜一氏の孫です。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮澤エマ Emma Miyazawa(@emmamiyazawa)がシェアした投稿

 

偉大な祖父を持つ宮澤エマさんは

「宮澤家のなかでは、私は落ちこぼれ。引っ込み思案だし、勉強もできない。点数が悪いテストの答案用紙は、ベッドの下に隠していました。夏休みの宿題も8月31日までやらない、行きあたりばったりの、“ちびまる子ちゃん” みたいな子供でしたね(笑)」

 

自分が落ちこぼれだったと語ります。

 

「たまたまテストで90点台をとったときも、祖父は、『満点以外の点数があるの?』という人でした。祖父なりのジョークなんですけど(笑)」

 

戦後もっとも頭がよい首相と言われていた宮澤喜一氏ならではのエピソードですね

最も、落ちこぼれと言っても秀才ぞろいの宮澤家のなかでの話

世間的にみたらそうでは無かったのかも知れませんが、

周りの頭の良い家族が多い中では劣等感がいっぱいあったのでしょうね。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮澤エマ Emma Miyazawa(@emmamiyazawa)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

宮澤エマ Emma Miyazawa(@emmamiyazawa)がシェアした投稿

スポンサーリンク

宮澤エマ 回顧の詳細

詳しい記事はこちら

「宮澤家のなかでは、私は落ちこぼれ。引っ込み思案だし、勉強もできない。点数が悪いテストの答案用紙は、ベッドの下に隠していました。夏休みの宿題も8月31日までやらない、行きあたりばったりの、“ちびまる子ちゃん” みたいな子供でしたね(笑)」

第78代首相の故・宮澤喜一氏を祖父に持つ宮澤エマ(31)。『ワイドナショー』(フジテレビ系)のコメンテーターから、バラエティ、ニュースのMCまで、“孫タレ” の枠を超え、マルチに活躍中だ。

東大法学部卒で、戦後もっとも頭がよい首相といわれる祖父だけではない。彼女の父は、米国人で元駐日代理大使。「母も姉も米国の名門大学卒」というインテリ一家で育った。劣等感を抱きながら、幼少期を過ごした。

「たまたまテストで90点台をとったときも、祖父は、『満点以外の点数があるの?』という人でした。祖父なりのジョークなんですけど(笑)」

多忙を極めた祖父と、2人きりで買い物に行った記憶が1度だけある。8歳のころ、祖父に「誕生日に欲しいものある?」と聞かれ、SPを引き連れ、原宿に「たまごっち」を買いに行ったのだ。

「祖父の姿を見るなり、“モーゼの海割り” のように、大勢の人が避けていくんです。と思ったら、『宮澤さんですよね』と声をかける人もいて。そこで初めて、『祖父はすごい人なんだ』と思ったんです」

宮澤家の家訓は、「働かざる者食うべからず」。孫といえども、甘やかされなかった。

「トランプの神経衰弱で姉が負けて泣いていると、祖父は『泣いたら許してくれると思うな』と叱っていました。いま思うと、勝負の世界の厳しさを、教えてくれていたんです」

~中略~

英国のケンブリッジ大学にも1年留学し、一度は、米国での就職を考えたという。だが、歌や芝居への情熱を断ち切れず、23歳で日本に帰国して芸能界へ。テレビ初出演となった『ネプリーグ』で、竹下登元首相を祖父に持つ、DAIGOと共演した。

「DAIGOさんは、『孫タレとして頑張ろう』と言ってくれたんですが、DAIGOさんは『おじいちゃんが消費税を導入したせいで、学校でいじめられた』とか、エピソードがおもしろくてオチがある。でも私にそんなネタはなくて。

『インテリ枠』でクイズ番組に出してもらっても、クイズが苦手。『何をやってるんだ』と、落ち込んでばかりでした」

歌と芝居がやりたい。そして挑んだのが、宮本亜門氏が演出するミュージカル。だが、楽な道ではなかった。

「稽古で延々1時間も駄目出しされて、悔しくて泣きました。後にも先にも、現場で泣いたのはあの1度だけです。でも初日を終え2日め、やっと亜門さんが『大丈夫。できているよ』と言ってくれた。やっと芝居ができた、という喜びが大きかったんです。

その後もオファーをいただけるようになって、『私の居場所は、ここかもしれない』と思えるようになったんです」

いまでも「総理の孫」と言われるのは、嫌ではない。

「でも、政治家には絶対になりたくありません。母が “首相の娘” として、祖父の大変な苦労を見てきて、『絶対に政治家にはなりたくない』と思っていたそうなんです。

祖父は、戦争を生き抜いて、『絶対にこの国をよくしたい』と誓っていた。そういう思いがなければ、政治家にはなれないし、なってほしくないですね」

2世、3世議員が起こす数々の不祥事。宮澤家の家訓、「働かざるもの食うべからず」を、いまこそ肝に銘じてほしいものだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

宮澤エマ 回顧についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

勉強はいまいちだったのかも知れないですが人間的には素晴らしいし魅力的な方です。育て方もよかったのでしょうね。

 

でも、DAIGOさんも品があるし、エマさんも、ガッツがあると思う。孫タレ頑張ってると思う。

 

有名になる、または人の上に立つポジションにつく等した時に自分の子どもへの愛情を持つ、教育・考え方をその幼少期から示していかなければならない。

愛情を持つ、示していかないと、子どもは大きくなって二世として比較されること、プレッシャーをはねのけられない。むしろ反社会的行為(多いのが薬物中毒)を起こしてしまうこととなったりする

宮澤元首相、おじいちゃんの教育に加えて娘さん、エマ氏のお母さまの教育が良かった。
好きな舞台に取り組んでより自己実現されることを願う。

 

最近テレビで歌を拝聴する機会が多くなりましたが、数年前舞台でお聴きした時より格段歌唱力が上がっており、すさまじい努力なのだと思いました。

以前ワイドナショーに出演されていた時も、的確なキレる発言を連発されていました。

今や、祖父の七光りではなく、彼女の実力そのものであると思います。

 

ご本人は落ちこぼれとかおっしゃってますけど、米国のオクシデンタル大学もレベル高いんじゃなかったかな、、それよりもなによりも、自分で歩く道自分で切り開いていっていることだけで、すごいと思います。

 

この子なかなか可愛いな。
美人というほどではないが、可愛いくて愛嬌がある。
人間関係も円満なようだ。
エリカ様のような勘違い女優にはならないだろう。
やっぱり家庭教育は厳しくしないとダメだな。
エリカ様は十代の頃からメチャクチャだったみたいだ。
若い頃から生活態度の乱れた人の更正は難しい。

 

知的な感じで可愛らしさもあって好きです。コメント聞いていると地頭は良いと思いますよ。

 

賢明な選択ですね。国際組織はともかく、他国のルーツへの愛をもつ方に国民の代表は難しいですから。エマさんなら他の職業なら活躍できると思います。

 

スポンサーリンク

宮澤エマ 回顧のまとめ

以上、宮澤エマ 回顧について調べてみました。

 

コメント