バーベキュー味 正体がヤバい!元々はカレー味だった?

エンタメ
スポンサーリンク

バーベキュー味 正体が注目されていますね。

スナック菓子の「バーベキュー味」の正体が

話題となっている様です。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

バーベキュー味 正体がヤバい!元々はカレー味だった?

スナック菓子などにある「バーベキュー味」とは

どんな味なのでしょうか?

 

バーベキュー味の商品を販売するの3社での味の表現を比較は

  • カルビー=じっくり煮込んだ野菜とチキンの素朴な味
  • 湖池屋=ほおばりたくなる肉の旨(うま)みとコーンの甘さ
  • マクドナルド=太陽の恵みを受けたトマトペーストに、ミックススパイスと赤ワインビネガーなどをブレンド。スモーキーな風味が特長

となっています。

 

バーベキュー味の誕生のキッカケ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

あんこ🍡(@hungry_family5)がシェアした投稿

『サッポロポテト』のバーベキュー味は、実はもともと『カレー味』として商品開発されたものでした。

しかし、カレーの味は家庭によって千差万別なので、消費者のカレーのイメージと合致しないかもしれないという懸念から、カレーと同じように野菜や肉を使う『バーベキュー味』という表現を採用したといわれています。これが定着し、現在のバーベキュー味となったと考えられます。

 

何とバーベキュー味は元々カレー味として開発された物だったのだといいます。

確かにサッポロポテトのバーベキュー味には

カレーと似たスパイシー差がありますね。

 

本来のバーベキューと言えば、外での

肉や野菜、魚介類などを焼く料理

明確な味は実はありませんよね。

言ったもの勝ちの様な気もしますが、

バーベキュー味は美味しいからそれでいいのかもしれません。

 

スポンサーリンク

バーベキュー味 正体の詳細

詳しい記事はこちら

行楽シーズンの楽しみの一つとして、サンマやキノコといった秋の味覚を使ったバーベキューで、食欲の秋を満喫する人も多いことでしょう。バーベキューといえば、さまざまなスナック菓子に「バーベキュー味」という味付けがされた商品が多くあり、老若男女問わず人気です。しかし、このバーベキュー味について、ネット上では「つまり何味?」「肉と野菜の味?」「作れそうで作れない味」など、さまざまな疑問の声もあります。

世代を超えて幅広く愛されるバーベキュー味の“正体”について、一般社団法人日本味覚協会の水野考貴さんに聞きました。

誕生のきっかけは「カレー味」

Q.そもそも「バーベキュー味」とはいつ、どのように誕生したものですか。

水野さん「誕生についてはさまざまな説がありますが、有力なものとしては、スナック菓子の『サッポロポテト』(カルビー)が挙げられます。『サッポロポテト』のバーベキュー味は、実はもともと『カレー味』として商品開発されたものでした。

しかし、カレーの味は家庭によって千差万別なので、消費者のカレーのイメージと合致しないかもしれないという懸念から、カレーと同じように野菜や肉を使う『バーベキュー味』という表現を採用したといわれています。これが定着し、現在のバーベキュー味となったと考えられます。

この『サッポロポテト バーベQあじ』は1974年に販売開始されており、バーベキュー味自体もその年に誕生したといえるのではないでしょうか」

Q.ずばり、バーベキュー味とは、どのような味のことを指すのでしょうか。

水野さん「『バーベキュー味=○○の味』という明確な定義は特にありません。そこで、バーベキュー味の商品を持つ、カルビー、湖池屋、マクドナルドの3社で味の表現を比較してみました。

カルビーは『じっくり煮込んだ野菜とチキンの素朴な味』、湖池屋は『ほおばりたくなる肉の旨(うま)みとコーンの甘さ』、マクドナルドは『太陽の恵みを受けたトマトペーストに、ミックススパイスと赤ワインビネガーなどをブレンド。スモーキーな風味が特長』と表現しています。

こうして見ると、それぞれに違いはあるものの、バーベキュー味は『甘味』『スパイシーさ』が共通点として挙げられると思います」

Q.バーベキュー味は子どもから大人まで幅広く愛されていますが、それはなぜだと思われますか。

水野さん「理由の一つとして、バーベキュー味はほんのりスパイシーで甘味があり、癖になる味であることが挙げられます。先述3社のバーベキュー味商品の成分表示を見ると、砂糖や甘味料、果糖ブドウ糖液糖、オニオンパウダー、香辛料、粉末しょうゆ、スパイスミックス、からし粉などが含まれていることが分かります。

甘味とスパイシーさの組み合わせが、癖になる味付けとなり、人々を引きつけます。甘味とスパイシーさの度合いは商品によって異なるので、甘味の割合が多ければ子どもが食べやすい味になり、スパイシーさが強ければ大人向けのお酒のつまみにもなるので、バーベキュー味は幅広い世代から好まれる味だと考えられます。また、スモーキーな風味や複雑な味わいでコクを感じるという特徴も、多くの人から好かれる理由でしょう」

Q.一般家庭でも、バーベキュー味をつくることは可能でしょうか。

水野さん「可能だと思います。先述の通り、バーベキュー味には甘味とスパイシーさが欠かせません。砂糖もしくは蜂蜜を使用して甘味を出し、スパイシーさの要素としてコチュジャンを少量加えるのがポイントです。なお、ベースとなるソースは、ウスターソース、中濃ソース、あるいはとんかつソースでつくるとよいでしょう。そこにケチャップや、バターとニンニクで炒めたタマネギを加えます。

塩で味を調整しつつ、赤ワインを加えたり、コチュジャンの量を増やしたりすると、大人向けのバーベキューソースになります。蜂蜜の量を多くすると、子どもでもおいしく食べられるソースになるでしょう」

Q.味覚の観点から、バーベキュー味と相性がよいと思われる食材はありますか。

水野さん「バーベキュー味のソースは、肉や野菜、海鮮など多種多様な食材とマッチします。特に肉類は、どんな種類の肉とも相性がよく、一般的に、スペアリブやチキンナゲットにはバーベキューソースを使う人が多いと思います。野菜とも相性がよく、野菜炒めの味付けとしても使えます。

甘辛いバーベキュー味はご飯との相性も抜群で、焼きおにぎりを作るときは、しょうゆの代わりにバーベキューソースを使うととてもおいしく感じられると思います。ただ、バーベキューソースは“強い味”なので、“弱い味”の食べ物はソースの味に負けてしまいます。繊細な味わいを楽しみたい料理にはふさわしくないといえるのではないでしょうか」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

バーベキュー味 正体についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

インチキくさいネーミングには、ある種の夢があると思う。
メロンの味なんかしないけれど、緑色の液体をメロンソーダとして飲む。
本当にぶどうってこんな味だったけ?と感じる紫色の液体をグレープ味として飲む。
ウ〜ン、バーベキュー味。。。
微妙だが、そこには駄菓子屋とか無駄な物を売っている何でも屋の雰囲気が漂うのだ…
違うと分かっていても、それを楽しむ気持ちが大切だ・笑

俺は珈琲とは少し違うコーヒー飲料が大好きだ。
難しいことは分からないが、実に幸せな人生だと思う。

 

アメリカには普通にバーベキューソースが売っていますよね、メーカーによって様々な味ですがバーベキュー味ってありますよ

 

実際のBBQする時はあんな味付けで食べるわけじゃないから、バーベキュー味ってなんか違和感あるけど、なんでバーベキュー味って言うんだろう。

 

イメージを模した表現の味って感じ?
そんなら、ブルーハワイ味ってなんやねん!って思うけど、夏の暑い時、何となく涼しげな味が思い浮かぶ。

 

サッポロポテトのBBQ味なら噂を聞いたことあるよ。
肉と野菜と香味感があるフレーバーパウダーで、網目のポテトスナックに味付けしてるから。イメージ的に網焼きのバーベキューと言うことらしい。と聞いたことがあった。

 

実際、日本でバーベキューをするとき、
焼いた肉野菜にたれは焼き肉のタレを
使う人が多いと思う。だから厳密には
日本のバーベキュー味にコレだという
味はないのでは。。。
でも明確な味がない曖昧な味って
凄く魅力的に感じます。

 

いいんだよ。
何かわからんが、消費者にそれが受け入れられて定着したんだから、この味がバーベキュー味なのであって、バーベキュー味は何の味、とは違うの。
新しく出来た味。「この味」がバーベキュー味でいいの。

 

もしか、サッポロポテトバーベキュー味の事ですか?私は好きですが…そういや,バーベキューとは違うね。原材料見たら肉や野菜入ってるようですが…
確かに何を考えてバーベキューと結びつけたいかは不明かも。美味しいけど。

 

スポンサーリンク

バーベキュー味 正体のまとめ

以上、バーベキュー味 正体について調べてみました。

 

コメント