笠井アナ 妻・茅原ますみの告白がヤバい!支える家族の思いとは?

エンタメ
スポンサーリンク

笠井アナ・妻 告白が注目されていますね。

がんの闘病中の笠井アナ・妻の茅原ますみさん

インタビューに答え現在の心境を告白した記事が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

笠井アナ 妻・茅原ますみの告白がヤバい!支える家族の思いとは?

昨年12月にがんが発覚した笠井信輔アナウンサー

フジテレビから独立してフリーになったばかりでした。

そんな笠井アナを支えているの笠井アナ・妻の茅原ますみさんはどういう思いなのでしょうか?

 

夫はフリーになりたての頃から腰痛を抱えていたんです。病院で骨盤に「影らしきもの」が見つかり、それががんだとわかった時、夫は帰宅して、「ごめんね。病気になっちゃった」と言って、悲しい顔をしたんです。私は、「いやいや大丈夫。ちゃんと向き合わなきゃね」ってサラッと言いました。そうじゃないと、彼が泣きそうな感じで。その時は会社を辞めたばっかりで、彼の中で、家族に対して申し訳ない気持ちとか、新しい仕事が順調だから中断するのは悔しいとか、いろんな感情が渦巻いていたんだと思いますね。

病気の公表は、彼の意思でした。「何より自分は、これまで有名な方の闘病も含めて報道する側にいて、いざ自分が病気になったときに、『そっとしておいてください』という態度を取るのはフェアじゃない」という考えだと。だから、私は「尊重するよ」って伝えました。実は、私のこのインタビューも最初は受けようか迷ったんです。でも彼に相談したら「ぜひ受けて」と言われたんです。

彼は「入院を終えて自宅で療養したら、いつ仕事に復帰できますか?」とお医者様にしつこいぐらい聞いていました。正直私は、「まずは命の方が大事でしょ」と思ってしまいました。お医者様は「2カ月療養して、それからですね」と目安はおっしゃってくださって、彼もそこへ向けて頑張っているところです。彼にとって復帰が切実な問題だというのは痛いぐらいわかりますが、数字に引っ張られるとプレッシャーにもなりかねません。私はただ励ますだけじゃなく、彼が空回りしないようにウォッチしてあげなきゃと。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

突然のがんの発覚

更に

それを公表している笠井アナ

それを尊重してあげた笠井アナ・妻の茅原ますみさんも凄いです。

病気の当事者が一番辛いですが、それを支える家族もまた辛いはずです。

 

スポンサーリンク

笠井アナ 妻・茅原ますみの告白 支える家族の役割とは?

夫婦としての私の役割は、ともに悩むことじゃなく、要所要所の判断やマネジメントで、物理的にやれることをちゃんとやることだと。子育ても含めて、そんなスタイルを通してきました。検査は彼が受けるわけだし、病院に付き添っても、私にできることはない。だったら、私の役割は普段通り働くことだよねと

ただ、彼はフリーになりたてで、入院までの仕事の整理が大変だった。「この仕事とあの仕事があるから、生番組で病気の経緯を話した後も、入院まで3日間ほしいかな」と直前に迷っていました。私はアナウンサー経験のある仕事の同志でもある。「そこはスパッと区切って入院してください」と言いました。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

そうですよね。

共に悩む事りも、普段通りの生活をして支える事も大切なことですね。

笠井アナには、まずは治療に専念して貰って

また元気な姿を見せて欲しいですね。

 

スポンサーリンク

笠井アナ 妻・茅原ますみ プロフィール

  • 名前:茅原ますみ(ちはら ますみ 結婚後の本名:笠井 ますみ)
  • 生年月日:1964年6月23日
  • 職業:テレビ東京編成局ドラマ制作部所属の社員

 

○ちはら・ますみ/1964年生まれ。テレビ東京で報道記者、アナウンサー、ドラマ制作などを経て、現在は総務人事局でCSRなどに携わる。笠井さんとは学生時代のアナウンサー学校の同期

 

スポンサーリンク

笠井アナ 妻・茅原ますみの告白についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

私も癌を患い、頑張ってます。感じたのは、癌は肉体を蝕むと共に心を蝕みます。治すのは医師、直る努力は患者自身の努力です。最後に命を決めるのは神様だと思います。決してネガティブになる必要はありません。悲壮感でベッドに向かう必要もありません。逃げるのです、楽な、楽しいに逃げるんです。そして自分の治癒力を信じ、一番は悪魔と戦う体力を作る事だと思い、勿体無いを捨て自分の食べたい物を食べてます。大腸がんステージ3で術後二年弱ですが、薬は飲むも、少量の酒と外出を楽しんでます。笠井さん頑張りましょう。

 

奥様の言う通り、まずは治療に専念ですよね。
素敵な奥様ですね、笠井さん。

何も出来ませんが、私も応援してます。

 

奥様が同業者で笠井さんの1番の理解者であることが大きいですよね。経済的にも自立してるから、落ち込んだり右往左往せず、どんと構えて笠井さんを励ませる。一緒に病に立ち向かうチーム、パートナーとして心強い存在だと思います。
ちょっとせっかちでそそっかしい笠井さんを上手にコントロールしてるんだろうなと感じました。復帰を焦っていたみたいですが、長い人生で見たら数ヶ月の差なんて大したことないし、きちんと治療して完治すれば、思う存分仕事はできますから、今はしっかり病と闘って欲しいです。

 

私の姉も癌を患って約10年。抗がん剤治療をやっている時は、やせ細り髪の毛が抜け落ちる姉をお風呂に入れながら姉は死んでしまうのか?と怖くなったことを思い出します。
でも今は、病気の事も承知で結婚してくれた義兄と仕事をしながら元気にいます。ケンカする事も多々ありますが生きていることに感謝です

 

凄いなあ。
確かに「そっとしといて下さい」って言いたくなるよね。
でもフェアじゃないって凄く好感が持てるよ。
オリンピックでアナウンサーとして携わりたいと言ってたし良くなると良いね

 

自分の家族が闘病中です。
医療が発達していて凄いと思いました
本当に有り難い

でもやっぱり抗がん剤や手術は体力とメンタルを持っていかれます。

そしてそれを支える家族もまた辛いです
辛いけど 病気の当人を差し置いて
自分が辛い等とは言えません

「癌患者の家族にも心の支援を」と言う設備や本がありますが 現実は難しいです。当たり前ですが二の次三の次です

家族が病気になったときの 負担はこんなにも大きいのかと ・・・自分はうつになりかけました
「仕事なら退職」と逃場がありますがこればっかりは逃げられない。
これが 本当に 辛いです。

 

奥様だいぶ感じが変わりましたが(ヘアスタイルなど)、ご夫婦の絆の強さは変わらないようですね。それなしには、前に進めさえしなかったと思います。早く良くなられ、寛解を迎えられますように。

 

笠井さんが発信してくれているおかげで、現在病気と向き合っている方はもちろん、今後自分が病気になった時の参考になることが多い。

色々と覚悟はあっただろうし、公表することへの葛藤はあったかと思いますが、心から頑張ってほしいと思います。

 

スポンサーリンク

笠井アナ 妻・茅原ますみの告白のまとめ

以上、笠井アナ・妻 告白について調べてみました。

 

コメント