将棋界 ひえーがヤバい!驚いた時にベテランから若手まで使ってる!

エンタメ

将棋界 ひえーが注目されていますね。

将棋界では「ひえー」が

将棋士のベテランから若手まで使う言葉だと話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

将棋界 ひえーがヤバい!驚いた時にベテランから若手まで使ってる!

「ひえー」と言えば驚いた時に使われる言葉ですよね。

しかし、全ての人が使う訳でありません。

寧ろ実際に使っている人を見かける事の方が少ないのではないでしょうか?

ところが将棋界では将棋士のベテランから若手まで使う言葉なのだといいます。

将棋界の業界用語なのでしょうか?

 

「ひえー」は驚きを表現する言葉です。実際に使っている方も、少なからずおられるようです。ただし将棋界ほど話し言葉として頻繁に使われる業界は、やっぱりかなり珍しいでしょう。

筆者がいま手元で使えるデータベースにおいて、新聞観戦記上で最も早く「ひえー」という声が確認できるのはこちらです。

ここまで我慢を重ねてきた森下に、ついに攻めの手番が回った。指し手は▲1五桂。羽生、「ヒエー」と叫んで頭をかきむしる。森下は「ウーン」と低い声。

将棋界では、新聞記事に乗るほど普通に使われているのだそうです。

 

スポンサーリンク

将棋界 ひえーはいつから使われている?

では、いつから将棋界では「ひえー」は

いつから使われる様になったのでしょうか?

 

 観戦記者の椎名龍一さんは1993年に記者として将棋業界に携わるようになりました。その椎名さんに、この業界ではいつぐらいから「ひえー」は聞かれていたのか、尋ねてみました。

椎名「いつぐらいから言われ始めたのかはわからないけど、僕が入った頃にはもう、みんな言ってましたね。(1997年に)比江嶋さんが女流棋士になった時には、すぐに豊川さん(孝弘七段)が『ひえーじままいこ』って言ってました」

なるほど、という証言です。

 

 

「ひえー」はたいていの場合、終盤の切羽詰まった状態の中で発せられる言葉です。だからその前後の記述も面白いわけです。そしてそれぞれの棋士の人となりを知っていれば、その棋士の声で「ひえー」という声が再生され、当時の情景が容易に想像できるでしょう。

念のために記しておくと、棋士のつぶやきが椎名さんなど観戦記者の頭の中で全部ひとくくりに「ひえー」と変換されている、というわけではありません。みんな文字通り、そう言っているわけです。

以上は比較的、若い世代の描写です。「ひえー」という言い方が現在、将棋界でここまで定着しているのは、羽生善治九段、佐藤康光九段、森内俊之九段らの世代が若い時からよく口にしていて、それを見た多くの後進、そのまた後進が自然と真似をして受け継いでいったからではないか・・・というのは筆者の推測です。

 

いつから誰が使い始めたのかはわかってはいない様です。

しかし、将棋界ではもはや誰もが普通に使う定番になっているのでしょうね。

 

 

将棋はスリル、サスペンス、スペクタクルに満ちあふれたゲームです。百戦錬磨の大家、大先生であっても驚きを隠せない、想像を絶するような手が日常茶飯事で現れます。現在の将棋は戦国時代頃から指されています。おそらくは将棋が指し始められた頃から、人々は「ひえー」に類する言葉を叫び続けてきたでしょう。

将棋を指す人が「ひえー」と言い始めたのはいつなのか、完全に特定するのは難しそうです。雑なことを言えば、それは少なくとも「ひえーざん延暦寺」という言い回しがされ始めた昔にまでさかのぼりそうです。

 

スポンサーリンク

将棋界 ひえーについてネットの反応

ネットの声を集めてみました

スポンサーリンク

将棋界 ひえーのまとめ

以上、将棋界 ひえーについて調べてみました。

 

コメント