田中律子 移住の理由がヤバい!海に恩返し?移住先は沖縄・恩納村

エンタメ
スポンサーリンク

田中律子 移住 理由が注目されていますね。

現在は沖縄・恩納村で生活している田中律子さん

移住した理由が話題になっています。

どういう理由なのか?詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

田中律子 移住の理由がヤバい!海に恩返し?移住先は沖縄・恩納村

バラエティー番組・歌手に女優と

マルチなタレント活動をしている田中律子さん

2012年の離婚後、生活の場と選んだのは沖縄・恩納村

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中律子(@ri2kotanaka)がシェアした投稿

 

現在は沖縄・恩納村で家を購入して生活をしているそうで

芸能活動と共にヨガインストラクターとしても活動しいるという事です。

と言えば、

ダイビングを趣味としていてインストラクターの資格も持っているそうです。

沖縄への移住はダイビングのためなのでしょうか?

 

移住の理由は

田中さんが移住を決めた理由は「サンゴの養殖」のため。

恩納村にはキクメイシ、エダコモンなど約200種のサンゴが分布し、養殖や保全活動もさかんに行われている。

この日、田中さんが訪ねたのは有限会社海の種にあるサンゴ畑。サンゴの赤ちゃんを育てるサンゴ畑を管理し、海に移植する活動を行っている。

サンゴの養殖のためという理由で移住を決めたのだといいます。

 

田中律子さんは

「恩納って恩を納めるだから、私の中では海に対する恩。私にとっての恩返しなのです」

と語り海に恩返しするためだという事です。

 

ダイビングで海に潜る機会が多かった田中律子さん

サンゴの現状に黙ってはいられなかったのでしょうね。

しかし、離婚で人生をリセットした直後だといえ

沖縄に移住する決断はなかなかできる事ではないですよね。

レジャーで沖縄にいくのと実際に住むのでは全く異なりますよね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中律子(@ri2kotanaka)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

田中律子 移住 理由の詳細

詳しい記事はこちら

今、さまざまな芸能人が海外や地方へと移住している。

1月9日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)では、「あの美女たちの海外・離島移住生活のシンソウスペシャル」と題し、3人の女性に密着した。

沖縄本島中部の海沿いに位置し、空港から車で約50分の場所にある、沖縄・恩納村。

豊かな自然が残る風光明媚な日本屈指のリゾート地で、美しいサンゴの村としても有名な場所だ。

そんな場所で移住生活を送っているのは、女優の田中律子さん48歳。

1984年に12歳でモデルデビューし、16歳のときには歌手デビューも果たす。その後、ドラマ「101回目のプロポーズ」など、90年代を代表する名作トレンディドラマに出演。2011年からは芸能活動と並行してヨガインストラクターとしても活動している。

~中略~

悠々自適に暮らしているという田中さんだが、なぜ沖縄に移住を決めたのか。

離婚直後に移住に向けて突然沖縄に家を購入した田中さん。当時、娘は中学生で苦手な語学を猛勉強して単身、イギリスへと留学。田中さんは「多感な時期だったからかわいそうだと思いました。高校に入るまでは離婚せずにいようと思っていたんだけど、娘が『ママ、離婚していいよ』と言ってくれたので」と離婚当時を振り返った。

今は東京で暮らす娘とは何でも話せる友達のような関係になったというが、娘も家の購入にはかなり驚いたという。

そんな沖縄での1人暮らしを田中さんは「寂しくないんですか?ってよく聞かれるんですけど、仲間がいるから寂しくない」と笑う。

今、沖縄では移住者が増え続け、密着中に催されたパーティーでも参加者のほとんどが移住者。仲間と過ごす時間に田中さんの笑顔が絶えなかった。

そんな田中さんが移住を決めた理由は「サンゴの養殖」のため。

恩納村にはキクメイシ、エダコモンなど約200種のサンゴが分布し、養殖や保全活動もさかんに行われている。

この日、田中さんが訪ねたのは有限会社海の種にあるサンゴ畑。サンゴの赤ちゃんを育てるサンゴ畑を管理し、海に移植する活動を行っている。

サンゴ畑を管理する金城浩二さん。田中さんが番組の撮影で訪れた際、サンゴ絶滅の危機を知り、その保護活動に身を捧げることを決め、NPO法人アクアプラネットを設立。田中さんが理事長を務め、サンゴ畑でサンゴを養殖し、ダイバーがひとつひとつ海底に移植している。

金城さんは、田中さんとの出会いを「最初テレビで来たときには、社交辞令と思っていました。そうしたら、しばらくして電話が掛かってきて。ハンマーを持たせても一緒に作業するし、『マジか!』と思ったのが正直なところ」と当時を振り返り、笑った。

「恩納って恩を納めるだから、私の中では海に対する恩。私にとっての恩返しなのです」と語る田中さん。サンゴを守ることが人生を支えてくれた海への恩返しになると思い、沖縄に移住したのだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中律子(@ri2kotanaka)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

田中律子 離婚した元夫は?

田中律子さんの離婚した元夫はカメラマンの杉本学さん

田中律子さんが出演していたCMの撮影現場で知り合ったそうで、

結婚を発表した時には妊娠4ヶ月のできちゃった婚だった様です。

しかも元々はは田中さんのほうから、

杉本学さんにアプローチしていたのだそうです。

その後、15年の結婚生活の末、離婚してしまいました。

 

離婚当時を振り返る田中律子さんによると

「多感な時期だったからかわいそうだと思いました。高校に入るまでは離婚せずにいようと思っていたんだけど、娘が『ママ、離婚していいよ』と言ってくれたので」

と娘の言葉で離婚を決意したという事です。

その時点で娘さんも気遣ってしまうほど

夫婦仲が良くなかったのでしょうか?

 

田中律子さんの娘の現在は

娘は中学生で苦手な語学を猛勉強して単身、イギリスへと留学

今は東京で暮らす娘とは何でも話せる友達のような関係になったというが、娘も家の購入にはかなり驚いたという。

田中律子さんの離婚後はイギリスへ留学

現在は東京で暮らしているのだという事です。

 

離婚後はシングルマザーとなったそうですが、

田中律子さんの沖縄・恩納村への移住は

娘さんの理解無くしては出来なかった事でしょうね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中律子(@ri2kotanaka)がシェアした投稿


 

スポンサーリンク

田中律子 移住 理由についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

嫌な夫と別れて自分のしたいことをして
優雅に暮らす
誰にでもできることじゃないから
羨ましいよね

 

こうやっていろいろな価値観をテレビで放送するのは一極集中是正の為に素晴らしいと思う。東京で社畜になって後悔して死んで行くよりいいだろ。

 

心機一転して縁があった所に
条件が整えぱ住み着くのもいいかもね。
それが沖縄だった!って話しでしょ?

 

会社辞めて、家も売って、沖縄へ来る人が多いですが、かなりの人が失意のうちに本土へ戻ってます。観光の延長気分で移住すると後悔しますよ。田中さんは芸能人でお金もあるレアケースだということをお忘れなく。

 

人それぞれですね。
何が幸せか、どこに住みたいかは
個人で違いますね。
この方は、沖縄がご自分にすごく合っていたのでしょう。
旅行で遊びに行くのと、
実際に現地に住んで生活するのでは
大きな違いがあります。

 

芸能人は都会にも家が有ります。人間関係は都会の方が楽です。田舎は地域の主に嫌われたら終了です。観光と移住は違います。海外移住は医療費が大変です。泣いている人達が沢山いるそうです。

 

お金と健康な体と勇気があれば女一人でも色々できる。既に一人立ちした子供もいるのならなおのこと。
なんでも自分で決められるしね。
旦那がいると旦那に聞かなきゃならんこともあるし。
人それぞれ。

 

色んな人生があってもいい。
彼女は彼女なりの生き方があるだろうし、海が綺麗な沖縄でサンゴの養殖に携わるのもいいし。
海は癒してもくれるけど、一度荒れるとかなり凶暴と化す。
そんな海でサンゴの養殖をするのは大変かと思うけど、あまり無理せずこれからも可愛い赤ちゃんサンゴを育てて下さい。

 

スポンサーリンク

田中律子 移住 理由のまとめ

以上、田中律子 移住 理由について調べてみました。

 

コメント