モンスターエナジー 人気理由がヤバい!レッドブルより人気?

エンタメ
スポンサーリンク

モンスターエナジー 人気理由が注目されていますね。

モンスターエナジーレッドブルより人気だと話題になっています。

その人気理由は何故なのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

モンスターエナジー 人気理由がヤバい!レッドブルより人気?

エナジードリンクと言えば

レッドブルとモンスターエナジーが思い浮かびますね。

この2つのドリンクが今の2強でしょう。

かつては「エナジードリンクと言えば、レッドブル」

という様にレッドブルの方が人気がありました。

ところが最近は

モンスターエナジーがレッドブルよりも人気になっているのだといいます。

 

 

モンスターエナジーがレッドブルより人気になったのには

6つの理由があるのだといいます。

 

(1)若者をターゲットにして、ブランド認知度を高める

一つ目の理由が若者をターゲットにしているという事

まず、「疲れた」「元気になりたい」と思った人は今までは栄養ドリンクを選んでいたのですが、栄養ドリンクの“オヤジ臭さ”などを理由にして、“カッコいい”イメージのエナジードリンクへ切り替えていく人が増えていきました。

この切り替えた人の多くは若い世代という事もあり、モンスターエナジーはこの若い世代をターゲットとして、色々なPR戦略を実施してきました。

若い方はSNSを日常的に利用しているので、シェアしやすい・シェアしたくなる戦略が多く、「SNSでのレビューを見て飲みたくなった人が、コンビニへ行ってすぐに飲む」という購買行動を促します、またSNSでシェアするという流れも、1つの知名度拡大に繋がっていると考えられます。

確かにエナジードリンクは栄養ドリンクと違い

若者が好んで飲む印象が強いですね。

 

(2)コストパフォーマンスが高い

二つ目はレッドブルより安い

容量と価格の面でもモンスターエナジーの人気が伺い知れます。レッドブルは250mlで275円、それに対してモンスターエナジーは355mlで200円と、シンプルにお得さが感じられます。

実際、若い方にモンスターエナジーを飲んでいる理由を聞くと「安くて量が多いから」という回答がもっとも多く、その次に「味が好きだから」という回答が続きます。モンスターエナジーはライバルであるレッドブルを上回るための戦略として、この量と価格設定を行ったと言われていますが、この策が功を奏したというわけです。

当時、アマゾンでレッドブルがケース売りでかなり安く販売されていたのですが、どこからか正規価格に戻されたタイミングがありました。その辺りから、モンスターエナジーを飲む人が増えたような気もします。

これは一番大きな理由かもしれませんね。

同じくらいの性能なら

安くて量の多い方がお得感が強いです。

 

(3)毎年、新フレーバー(味)を展開する

三つ目は毎年、新味の商品が出る

 日本で発売開始された時は、緑色の「モンスターエナジー」と、オレンジ色の「モンスターカオス」の2つのフレーバーのみでした。緑色は王道のエナジードリンク味。カオスはオレンジジュースのような飲みやすい味で、こちらはエナジードリンクっぽさは控えめの商品です。

モンスターエナジーは、約1年に1つの新フレーバーをリリースしているのですが、事前に新商品情報が流出する事が多々見られます。

その情報がSNSで拡散されることで、<発売を待ち遠しく思う人が増える→販売されたらすぐに味の感想などレビューが拡散される→新商品の宣伝効果になる>という好循環が生まれるようです。こうした新商品情報の流出が、モンスターエナジー側による計画的なものなのか、はたまた偶然の産物なのか、気になる所です。

ちなみに、前述のモンスターカオスは人気でケース買いする人が多く、そのためか店頭で品切れを起こし、「販売停止か?」と騒がれたほどでした。その後も、さっぱり柑橘系フレーバーの「モンスターエナジーロッシ」、トロピカル系フレーバーの「モンスターエナジーパイプラインパンチ」などはかなり人気を呼び、飲んだ人の評価も高かったです。

新しい味は、一度は試したくなります。

その上で好きな味を選べる事は

飲む楽しみが増えますね。

 

(4)「サンプリング」が365日開催されている

四つ目はサンプリングが開催されている

 モンスターエナジーは毎日どこかで製品サンプリングが開催されており、新商品が発売された時には新商品をもらうことができます。

サンプリングカーは黒いボディーにモンスターエナジーのロゴがペイント。配る人は、モンスターエナジーロゴの服を着用しており、カッコいい、カワイイ、といった印象を与えます。

モンスターエナジーを無料配布することで知名度を拡大することや、新しい味を飲んでファンを作るという意味ももちろんあるでしょう。ですがそれ以上に、このサンプリングカーと配る人と一緒に“映える”写真を撮影してもらい、インスタグラムなどのSNSにシェアしてもらうという流れに繋がっていることが注目すべき点です。

サンプリング自体はレッドブルも同様に行っていますが、モンスターエナジーのほうがその回数が多く、かつ若い人向けにデザインをしているので、よりシェアされやすいと予想されます。

まだ飲んだことのない人でも

サンプリングで味を知ってもらう事は大きいですね。

また飲んでみようと新規の客を増やす事になります。

 

(5)ファッションアイテムなど関連グッズが豊富

五つ目は関連グッツが豊富

 モンスターエナジーの特徴として、Tシャツ、パーカー、キャップといったファッションアイテムを中心とする公式グッズを展開していることが挙げられます。これらのグッズは、まだ国内で販売されているものは少ないですが、人気のため海外からの輸入品が国内でも多く流通しています。

また、国内では定期的にコンビニでのキャンペーンが開催されています。たとえば、「モンスターエナジー2本購入でステッカー1枚プレゼント」という形でステッカーが比較的簡単に入手できるようにする一方で、Tシャツやパーカーなどの非売品グッズはそのキャンペーンに応募することで、抽選で当たるようになっています。

非売品のグッズ欲しさに、モンスターエナジーをコンビニでまとめ買いをしてしまう。こうしたファンの購買行動を刺激する巧みなマーケティングが見て取れます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

竹之内豊(@daino_kitchen)がシェアした投稿

(6)有名アーティストと積極的にコラボする

最後の六つ目は有名アーティストとコラボ

モンスターエナジーは、有名アーティストとのコラボイベントを積極的に行っています。ライバルのレッドブルはスポーツ選手とのスポンサー契約が多いイメージですが、モンスターエナジーはアーティストとのスポンサー契約を行うことで、より若い人の取り込みを狙っているようです。

筆者の個人的な印象ですが、スポーツ選手の場合、その選手が参加する大会が開催されていないと、メディアなどで目に留まる機会は少ないのかもしれません。その一方で歌手、アーティストらの場合は、スマートフォンで毎日曲を聴いたり、SNSのアカウントを見たり、より身近な存在となりえます。

単純に自分の好きな有名アーティストとコラボしていたら

やっぱり飲みたくなりますよね。

 

スポンサーリンク

エナジードリンク 関連動画

モンスターエナジーやレッドブルなどの

エナジードリンクの動画を集めました。

 

 

 

スポンサーリンク

モンスターエナジー 人気理由の詳細

詳しい記事はこちら

最近の国内エナジードリンク市場は、コカ・コーラが「コカ・コーラ エナジー」を販売するなど、大手飲料メーカーも積極的に参入。市場規模は2014年頃から大きく伸びており、リサーチ会社の調査によれば、2019年には450億円市場まで拡大しています。

この背景には、まず「レッドブル」の影響が大きいと言えます。

発売当初、エナジードリンクをあえて「清涼飲料水」というカテゴリーでコンビニで販売。そして最近になるとどこでも手軽に入手できるようにしたことで、栄養ドリンク市場からエナジードリンク市場への乗り換えをスムーズに図ったと見られます。

近年、続々と新しいエナジードリンクが販売されてきているのですが、正直、このレッドブルと詳しく後述する「モンスターエナジー」が強すぎるためか、1年も持てば良い方という感じで、早ければ半年で撤退していくという感じが否めません。

実際、筆者はこれまでに100種類程のエナジードリンクをレビューしてきました。しかし、今現状で残っているものはその中のかごくわずかです。

エナジードリンクの市場規模は確かに増加しています。しかしいま、“2強”のレッドブル、モンスターエナジーが強すぎて、他の新規参入を阻んでいるというのが筆者の印象です。

~中略~

モンスターエナジーは今後、栄養ドリンクの市場をはもちろんのこと、人気のジュース系フレーバーで、他の清涼飲料水の市場にまでシェアを奪っていくのではないかと筆者は思っています。

ただ、エナジードリンクとして見れば、カフェインが入っている以上「元気になる」「目を覚ます」というイメージが付いて回るため、そろそろノンカフェインのエナジードリンクが出てくるかもしれません。それが果たして、エナジードリンクなのか、疑問は残りますが。

今後参入してくるメーカーにとっては、今までのケミカルな「王道エナジードリンクフレーバー」は厳しいことが予測されます。それは、たとえレッドブル、モンスターエナジーを超える美味しさだとしても、すでに消費者の身近なポジションを確立した両者を差し置いて、「どうしても飲みたい!」と消費者に思わせることが想像できないからです。

大手メーカーの動きとして、大正製薬の「RAIZIN(ライジン)」は辛口ジンジャーエールフレーバーが人気で、長く続いているほか、「コカコーラ・エナジー」も注目すべき商品です。それでもまだ2者を追い越すまでの影響力はなく、今後も他の新規参入が厳しいことが予測されます。

結局、この2者が強いのは、コンビニなどの売り場の棚を確保し続けられているからです。小売り側にとっても、エナジードリンクは利益率が高く、キャンペーンイベント時には売り上げも高くなるメリットがあるため、棚から外すことはそう容易なことではないでしょう。

エナジードリンクにおいては、味や価格ももちろん大切なのですが、この売り場の棚を奪えるかどうかが、一番のカギではないでしょうか。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

モンスターエナジー 人気理由についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

量がモンスターのが多いのと、ロゴがモンスターのが好みってだけでたまに飲む。
エナジー 効果は正直わからん。
モンスター飲んでも数十分後普通に寝る時ある。眠い時は寝た方が元気になる

 

エナジードリンク、若者がターゲットと言うけれど、小・中学生くらいの子が普通に飲む姿を見るととても心配になる。
強いカフェインで中毒性がある、ということを子どもには教えたほうがいい。

 

糖尿になるしカフェ中になるしあまり良い飲み物ではないと思う!
あれをウォッカ等で割って大量摂取はかなり危ないしょ!
無ければ動けない身体になりそう。
切れた時の怠さも気になる。
100mlくらいの小さいのでいい。

適量で飲み過ぎなきゃいいけどね!

 

ファッションと言うかイメージだよね。
日本で販売するレッドブルは海外のものと成分が違うしね。
本当に効果が違うやつはコンビニでは買えない。

 

クルマの添加剤と似て非なりw

実際、計器などで計測して燃費やパワーが
向上した話など聞いたことがないw

でもいいんじゃないですか。
それで本人が効いた「気持ち」になれるのであれば。

 

個人的には味はレッドブル。
ただ翼が生えない。
モンスターは量が多いような気もする。
成分的には、原材料、成分の多少の違いがあれどさほど変わらない。

日本で販売される商品なので、成分的には色々とかなり少なめの配合です。

 

モンスターは普段は飲まないけどマラソン、ランニング途中で疲れた時に飲むとかなりシャキッとする。

イコールかなりのカフェイン量だと思うし、飲み過ぎは身体に良くないと思う。

 

成分なんて各社大差ないと思う。ただ、ブルやモンスターは長年かけややマイナーイメージのスポーツなどをコツコツとスポンサードしてブランド育成をしてきた成果だと思う。二強の切り開いたマーケットでパッと出のエナジードリンクが勝てる訳がない。
とはいえ、売れなくて直ぐに撤退してしまうのは日本メーカーの悪いところ。地道にブランドを確立するするしかないだろう。

 

スポンサーリンク

モンスターエナジー 人気理由のまとめ

以上、モンスターエナジー 人気理由について調べてみました。

 

コメント