植村花菜 現在がヤバすぎ!印税切り崩しての生活で旦那は何を?

エンタメ

元・植村花菜 現在が話題となっていますね。

トイレの神様のヒット曲で知られる、植村花菜さんがTV番組で現在の状況を明かしたそうです。

今は名前を変えて活動しているそうなのですが、どんな状況なのでしょうか?

スポンサーリンク

植村花菜 現在がヤバすぎ!印税切り崩しての生活で旦那は何を?

トイレの神様」のヒット曲で知られる、植村花菜さん

祖母との思い出を楽曲にしたこの曲で、一躍有名になったのは記憶に新しいですね。

現在は「Ka-Na」名義で音楽活動は続けている様子です。

 

 

 

 

そんな植村花菜さんは、ジャズドラマーの清水勇博さんと結婚し、長男を出産

現在は、ニューヨークで生活をしているそうです。

ニューヨークでの生活は、おばあちゃんの恩恵で暮らしていけているそう。

つまりは、「トイレの神様」の印税で現在は生活しているそうですね。

 

 

 

 

ここで気になるのは、旦那さんは?

ジャズドラマーの清水勇博さんと結婚されたそうですが、

生活を植村花菜さんの印税でしているとは、旦那さんは何も仕事はしていないのでしょうか?

 

スポンサーリンク

植村花菜 現在の詳細

トイレの神様」などのヒット曲で知られ、「Ka-Na」名義で活動する歌手の植村花菜(36)が7日放送の日本テレビ「ヒロミーティング~またTVでイジりたい美女SP~」(後11・59)に出演。移住した米ニューヨーク生活の実情について明かした。

2010年、祖母との思い出を楽曲にした「トイレの神様」が大ヒット。同年の大みそかには「紅白歌合戦」にも出場するなど一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。その後、13年にジャズドラマーの清水勇博氏と結婚し、15年には長男を出産。長男が2歳になる前にニューヨークに移住し、現在は歌手活動と子育てを両立させているという。

2012年に単身で渡米した当時を振り返り「コネもつてもなく行った。地元のバーでギャラもなく、何もかも自分で運んで。交渉も自分でやってライブをするというところからスタートした」。現在もライブハウスなどで歌っているが、ここで「野性爆弾」のくっきー(42)から「貯金を切り崩してる?」と直球の質問が及ぶと「そうですね。おばあちゃんの恩恵で暮らしております」と、「トイレ…」による財が生活を支えていると告白した。

さらに「(これだけでは)全然暮らしていけない」とも。「数年暮らしていけるくらいの貯金を頑張って貯めて、後はお母さん(植村)が日本で出稼ぎをして、またニューヨークに戻って…」と生活のために日米を往復しているとも打ち明けた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

植村花菜 現在についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

番組見てました。
性格キツかった。旦那は、勉強したい事があって学校に通ってるらしい。たぶんほぼ無収入。それを必死にかばう女。
あーダメなパターンねて思った。
まずあの歌の良さがわからない。

 

番組、観ました。
あれじゃ、ダメだと確信した。
あの曲がったキツい性格じゃ、スタッフも関係者も一緒に仕事はしたくはないだろう。一発屋になったのは、本人に原因がある。

 

貯金を切り崩してまでNYに住み続ける意味が私には理解できない。
貯金がなくなったら路頭に迷うのは時間の問題。

 

ヒットしたのはもう10年近く前になるんですね。あれだけヒットして自分で曲を作ったのなら相当印税が入ってると思うし今もカラオケなどの収入がそこそこあるのでは?

印税切り崩してまでNYで活動するのは創作活動する人にとって魅力のある街なんでしょうね。

 

なんか、ぼ~としたメロディとよくある歌詞で

なんであんなに売れたのかって感じでしたね。

それ以上に、「これは全部で一つだから、途中で切ることはできない!」とか大きく出てた植村女史の態度も違和感

 

紅白歌合戦出場の際にフルコーラスでなければ嫌だみたいな我が儘を押し通した事でイメージを大きく下げた印象になります。
その影響だったのか紅組はこの年負けましたので尚更イメージダウンに拍車を掛けたとも言えるでしょう。
人其々考え方や好みは千差万別だと思いますが、あの歌は何が良いのか?未だにわからないです。

 

まあ一発屋やったけど、日本では売れないからアメリカで一発当てて有名になろうと考えてたんやろか。でもこの人レベルの歌ではとても成功するとは思えないが、それに子供を抱えて今の様な先の見えない生活をしていて何がしたいんやろか、ただのアメリカへの憧れだけ

 

日本で出稼ぎが出来るほど歌手としての収入などをまだ得られるのだろうか。

 

スポンサーリンク

植村花菜 現在のまとめ

ネットのコメントを見ると、植村花菜さんの性格を含めキツイ意見が多いですね。

ニューヨークで実力を磨き、日本で再ブレイクする時が来るのでしょうか?

今後の、Ka-Na=植村花菜さんに注目ですね。

エンタメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
jj stand.blog

コメント