秋本奈緒美 回顧がヤバい!ジャズ志望ではなかった?企画ものだった

エンタメ
スポンサーリンク

秋本奈緒美 回顧が注目されていますね。

女優、そして歌手として活躍する

秋本奈緒美さん回顧が話題になっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

秋本奈緒美 回顧がヤバい!ジャズ志望ではなかった?企画ものだった

1982年の19歳の時、ジャズシンガーとしてデビューしていた秋本奈緒美さん

女優としてのイメージが強いので知らない方も多いのではないでしょうか?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

naomiakimoto(@naomiakimoto)がシェアした投稿

 

ところが秋本奈緒美さんはジャズ志望では無かったそうなのです。

デビュー当時を回顧した秋本奈緒美さんはこう語ります。

ジャズシンガーとしてデビューしたのは1982年、19歳のときでした。でも、オーソドックスなジャズを歌っていたわけではなく、気鋭のミュージシャンらのバックアップで、ロックやテクノなどの要素もミックスされた、すごく「とんがった音」を作っていました。

そういう時代でしたね。とはいえ、私自身は普通の女子高生のように、ユーミンやオフコースなどのニューミュージック、アメリカンポップス、それに歌謡曲も好きだったんです。もちろん、ジャズも聴いてはいましたが。

 

実は秋本奈緒美さんは「企画もの」だったのだとか

いつも冗談のように言っているんですが、私は「企画もの」でした(笑)。最初にデビューが決まっていて、事務所やスタッフが「秋本奈緒美をどうやって売り出すか」を考えた結果がジャズになったんです。

同期デビューしたのは、小泉今日子ちゃんとか中森明菜ちゃんたちですからね。でも、私は身長が168センチあり、アイドルはみんな私より10センチ以上も低い。年齢も上だったので、アイドルは無理だな、と。

最初に所属したレコード会社には、人気ジャズシンガーの阿川泰子さんが所属されていたんです。私の周囲の音楽関係者が「この線はあるんじゃないか」と言い出した。みんなでおもしろがって、「秋本奈緒美」を作っていった感じです。だから、私は「企画もの」(笑)。デビューして、1年間に3枚もアルバムを作ったのに、シングルは切らないとか。

意外でしたね、

まさか企画ものでのデビューだったとは

 

秋本奈緒美さんのジャズシンガー当時の動画がこちら↓


その後の秋本奈緒美さんは

シンガーから女優へとシフトしていきます。

秋本奈緒美さん現在のイメージは女優としての方が強いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

秋本奈緒美 オールナイトフジについて

 

転機となったのがオールナイトフジ

最初は何をやるのか知らなかったのだそうです。

フジテレビの別の音楽番組に出演したら、プロデューサーがおもしろがって、決まっちゃったみたいなんです。私自身は、何をやるのか事前にまったく聞かされず、打ち合わせだと思って出かけていったら、いきなり台本を渡されて「秋本って書いてあるところを読んでください」と指示されて……。よく見たら、「これ司会じゃないですか!」って。慌てました(笑)。

何も知らられず出向いた秋本奈緒美さんを待っていたのが

オールナイトフジでの司会

 

オールナイトフジでの秋本奈緒美さんと言えば

現在で言うところの塩対応ですね。

ホントに大変でしたね(笑)。とにかく、常に考えていたのは、冷静にその場を終わらせることだけ。何かハプニングが起こっても、「キャー」とリアクションするのは、一緒に進行していた鳥越まりちゃん、(松本)伊代ちゃんがやってくれましたし。

私が「わかりました。はいはい」みたいに冷静に対応していたら、視聴者は「ナマイキだけどおもしろい」と思ってくれたみたいです。「怒っているの?」などとも言われることもありました。「別に怒っているわけじゃないけれど、あのままじゃ、いつまでたっても次に進めないですから……」と。

いきなりやるはめになってしまった

オールナイトフジの司会

ハチャメチャな出演者達の中で

必死に番組を進攻しようとした結果が塩対応になったのでしょうね。

 

伝説のオールナイトフジに出演する秋本奈緒美さんの動画がこちら↓

 

 

女優として活躍するかたわら

歌手としては休業状態になってしまったのだといいます。

その理由は

そうですね。でも私は不器用なタイプで、2つの仕事を同時にはやれないと思っていました。歌をやっている当時から、お芝居のオファーもいただいていたのですが、全部、お断りしていたんです。でも、25歳ぐらいになって、音楽については、その時代に私がやるべきことはやれたような気がしました。それで、ちゃんと女優をやってみたいなと思ったんです。

私がやっていたのは、あの時代だからこその音楽だったと思っています。時代も変わっていったし。だから、ちゃんと女優をやりたいとの思いが強く芽生えてきました。

私には、音楽とお芝居を両方ちゃんとやれる器用さはありませんから。事務所も変わって、しっかり女優に取り組んでみようと。

 

 

スポンサーリンク

秋本奈緒美 最初の結婚

秋本奈緒美さんの私生活、最初の結婚については

最初の夫は、私の状況をよく理解してくれ、「それなら、秋本奈緒美から離れてみようか」と連れ出して、救い出してくれました。

だから、すごく感謝しています。結婚相手なのに、お兄さんみたいなおもしろい関係でした。結婚してから、「ああ、秋本奈緒美じゃない私も、ちゃんと人と話ができる」とほっとしたぐらいですから。

離婚したのは27歳のときでした。女優の活動は本格的になったのは、それからです。最初に結婚していた時代が、音楽とお芝居のその交差ゾーンだったと思います。

 

秋本奈緒美さんの結婚は22歳の時

音楽プロデューサー日向大介さんと結婚したものの、

1990年に離婚しています。

現在は歳の差婚が話題になった

16歳年下の俳優・原田篤さんと結婚しています。

 

秋本奈緒美さんと原田篤さんとのツーショット画像がこちら↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

naomiakimoto(@naomiakimoto)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

秋本奈緒美 回顧についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

久しぶりに聞いた名前で、とても懐かしく感じました。15歳も年下の夫と再婚し、幸せそうで良かったです。またの活躍を楽しみにしてます。

 

懐かしいですね。アルバム持ってました。確か秋本さんを知ったのが中学か高校生ぐらいだったと思うけど、35年以上も前なんですね。多分、物心ついて異性に敏感になってた頃だったと思うけど、すごくきれいなお姉さんって感じでした。
そして、記事の写真見て衝撃受けました。
何を隠そう、僕の好きな女性のタイプが外見的には完全に秋本さんだったんです。
なのに、すっかり忘れてました。
でも、初恋の人に出逢えた感じがして、朝から妙にドキドキしてます。

 

オールナイトフジは大学生の教科書。地方から出てきて右や左がわからない学生はいろいろ社会勉強になったと思う。若き日のとんねるずが絶妙なスパイスとして番組を盛り立てていた。まだテレビ業界が生き生きして、新しいコンテンツを取り入れられた良き時代。その後、勢いを増しフジテレビは業界トップになっていった。まさに恩人の一人だね。とても元気そうですね。また同窓会番組のMCとして見たいですね。

 

オールナイトフジ、自分の地域では放送されてなかったような気がするけど秋本奈緒美さんは何故かずーっと知ってるんだよね。
仮面ライダー555に出てた原田さんと結婚した時も年齢差にビックリしたけど、その年齢差を感じさせないビジュアルと若さには感服。

数年前までいうとテレビ東京の旅番組でのリーダー(渡辺正行氏)との夫婦感がとても良かったと思います。

 

オールナイトフジの海外音楽紹介が最新で素晴らしかったですね。スリラーなどはMV完成直後に紹介してましたからね。日本で一般に流行ったのは3年後ですからね。リアルタイムで海外の音楽情報を知り楽しめましたね。当時はネットもこんなに一般的でなく海外情報はリアルタイムではなかったのですよ。天気予報ならぬ週末の波予報したのも初めてでしたね。サーフィンブーム到来でサーファーの人には嬉しい予報だったと思います。

 

おそらく髪の毛はかなり白くなっていると思いますが、年齢を考えたら全然綺麗です。一緒にやっていたアシスタントの鳥越マリさんとかどうしているかなぁ。当時の鶴太郎の暴走ぶりとか、今の時代なら絶対にNGでしょうね。鶴太郎も時代の流れを上手く察知して文化人になってしまった。

 

綺麗に年を重ねられてますね。無理に若く作ろうとしていないけどイメージ壊さずきれいなまま。痛々しい元アイドルの人たちと違って素敵です。

 

この人って最初ジャズシンガーだったとは意外だ。確か水樹奈々や吉木りさが最初は民謡歌手で・・・というのは聞いたコトあるがそれと似た話だろうか。あと今の旦那が「二人目」というのも初めて知った。確か今の旦那と結婚したのはテレ朝のラブホを舞台にしたドラマで女教師と教え子、という関係で共演してそのまま実生活でも、というのは印象深い。

 

スポンサーリンク

秋本奈緒美 回顧のまとめ

以上、秋本奈緒美 回顧について調べてみました。

 

コメント