Slack謎マナー 公式見解がヤバい!チャットでの謎マナーとは?

エンタメ
スポンサーリンク

Slack謎マナー 公式見解が注目されていますね。

チャットツールのSlack謎マナーにたいしての

公式見解が話題となっています。

どういうことなのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

Slack謎マナー 公式見解がヤバい!チャットでの謎マナーとは?

企業などでも導入されているチャットツールのSlackなどに

謎マナーがあるのだといいます。

 

 

謎マナーの一覧がこちら↓

 

必要な事も多いとは思いますが、

中には

「メールと違って絵文字も駆使して親しみを出す、ただし1文に2つまで」

この様な変なものもありますね。

マナーとして決めつける事では無い様な気もします。

このSlack謎マナーは誰が決めたのでしょうか?

余りマナーを決めつけられてしまうと窮屈になってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

Slack謎マナーについて「公式見解」は?

Slack Japanの生垣侑依氏によると

「Slackの利用に関して、マナーのようなものを設けていることはない」とのこと。一方で、Slackを使うときに心掛けるべき「コアバリュー(=“Slackぽさ”)」を定めているという。

例えば、Slackを使う上で最も重要なのは「相手への思いやり」だという。読み手のことを考えた文章作成は、お互いの顔が見えないチャットだからこそ、必要な気遣いだといえる。

発言するときに、その発言が適したチャンネルに行うことも重要だという。数人規模であればよいかもしれないが、数十人、数百人単位が入っているチャンネルで、関係のない投稿をしてしまうことは迷惑となり得る。Slack社内では、チャンネルに最適ではない議論が始まった場合には、「アライグマ」の絵文字を使い、最適なチャンネルへ案内するように促しているという。アライグマはごみをあさる習性があることから、不必要な発言を適正化する意味で、用いているのだとか。

「マナーとまではいかないが、こうした“エチケット”を心掛ける必要はあるのでは」と生垣氏は話す。

生垣氏は「組織の“あるべき姿”にSlackを適応させることは重要。そのために、エチケットのアドバイスを行うこともある」と話す。現場で日々カスタマイズできるからこそ、企業の特性にあった使い方やルール策定がおすすめだという。

例えば、ZOZOテクノロジーズがSlackを導入した際には、あえてダイレクトメールやプライベートチャンネルを禁止したという。せっかく組織のコミュニケーションを円滑するツールを取り入れたのに、一部の人だけで議論しているのでは意味がない。また、昨今話題の「心理的安全性」を高めるという観点からも、誰もが気軽に発言できるよう、上記のような制限を設けた。

また、ガレージ、倉庫やホースの製造販売などを行うカクイチ(長野県長野市)で導入した際には、「社長のつぶやきチャンネル」を設けた。ふだんなかなか現場の社員とコミュニケーションが取れないことから、より風通しを良くするためにメッセージ性の強い投稿を行っている。

生垣氏は「Slackの使い方は1000社あれば1000通り。プロジェクトをまわす、会議をする、といった基本的な使い方はもちろん、カクイチさまのようにTwitter的な使い方もできる」と話す。

基本的には企業内での

マナーとうよりもエチケットという物は存在するでしょうね。

それがチャットツール全体に飛び火した様な感じなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

Slack謎マナー 公式見解の詳細

詳しい記事はこちら

「お疲れ様です」「お世話になっております」「何卒宜しくお願い致します」――。メールで誰しもが打ち込んでいるこうした文言は、「マナー」とされる。一方で、「ここまで丁寧な必要もないのでは?」と感じるくらい、丁寧すぎるメールを受け取った経験がある人もいるのではないだろうか。

また、用件に直接関係がないのに、「一応……」とCcに上長や「関係ありそうな人」を取りあえず入れる人も少なくないはず。仕事を円滑にするための「報連相」は必要だが、こうした過剰なコミュニケーションマナーがビジネスパーソンを疲弊させ、日本の労働生産性を下げているといった見方もある。

一種「ムダ」ともとれるコミュニケーションを省き、業務をより効率化する。こうした流れを受けて、チャットツールを導入する企業が増えてきた。チャットツールの代表格が、SlackやMicrosoft Teamsだ。単刀直入に議論へ入れる気軽さや、忙しいときでもメッセージにスタンプを付ければ「既読」の意思表示もできることから人気を博す。

一方、チャットツールでも旧来のツールのような「マナー」が発生し始めているようだ。SNSで話題となり、波紋を広げている。

これによると、「冒頭は喫緊でお世話になったことを述べ、お礼から」「メールと違って絵文字も駆使して親しみを出す、ただし1文に2つまで」といった「謎マナー」があるようだ。さらには「重要なことはメールでお送りする」ともあり、そもそもSlackを使う意義すらなくなりかねない。こうしたマナーについて、Slackはどのような見解を持っているのだろうか。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

スポンサーリンク

Slack謎マナー 公式見解についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

最近は変なマナー講師が増えて来た
無駄なマナーが増え過ぎれば窮屈な世の中になってしまう

 

マナーは大事だけど、
度を超すと無駄な作業が増える。
察する人わかると思う。

 

メールはあくまで手紙主体的な考え方でもいいと思う。
Slack、Lineなどはチャット的な会話の延長上で問題ないと思っている。
毎回会話の初めに「拝啓、本日は~」なんて言わないでしょ。

ただ、どちらにも毎回とは言わないが
「お疲れ様/こんにちは/ありがとう」等の挨拶単語はそれなりに必要かと思う。
もちろん、時と場合にもよるけどね。

 

マナー講師の講習受けると、それあなたが決めたマナーじゃない?ってのがある。
マナーって、ようは相手と共通の動作を知り共有することで不快感をなくし人間関係を歯車が噛み合うがごとく円滑にするものだと思うんだけど、いらない歯車が多すぎる気がする。

 

何かにつけてルール化しないと気が済まない人が一定数いますからね。
その一定数が権限あるポストに就くと謎のルール化が始まります。

 

そもそも作業効率をあげるためのチャットツールなので、手紙のような丁寧な文面にする必要はないでしょ…。マナーにこだわる人はやらなきゃいいと思うし、周りに強要するのはおかしい。

 

何かの決め事(ルール・規則・規定・常識・・・等)が気になって仕方がない人が多いですねこの国は。
自己責任と直ぐに言う割に本当に自己責任感がある人は粗いません。

メールこそ自己責任で書けば良いだけの事ですし、日本人は気配りが得意と言うならば相手に合わせて書き換えれば良いだけです。

 

相手が受け取った時にどう思うかを考えて送ることが重要かなと。
嫌そうなら丁寧な文章付けたらいいし、そう出ないならつける必要は無いと思う。
ただ、七面倒臭い文面を毎度書かないと気分を悪くするようなやつはどうせ仕事も出来ないだろうから付き合わなくて良いかな(笑)

 

スポンサーリンク

Slack謎マナー 公式見解のまとめ

以上、Slack謎マナー 公式見解について調べてみました。

 

コメント