アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話 あらすじと感想

アニメ

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話

ホルマジオのリトル・フィートの能力によって体が小さくなっていくナランチャ。

完全に小さくなる前にホルマジオを倒そうとするナランチャですが

 

引用:http://jojo-animation.com/

スポンサーリンク

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話 あらすじ ネタバレ

ナランチャのスタンド、エアロスミスの衝撃音に周りの人が集まって来ました。

その場を離れようとナランチャは脱げた靴を履き直そうとしますが

この靴は俺のじゃないぞ

違和感を感じます。

車に乗りますが、また違和感を感じます。

座席やハンドルの位置が合わない

この車も乗って来た車じゃない

ナランチャはパニックに陥りますが、

小さくなってポケットに潜んでいるホルマジオはスタンド能力が出始めた効果を確信します。

ホルマジオのスタンド、リトル・フィートは小さくする能力

効果に時間がかかりますが、確実に縮んでいます。

体が小さくなっている事に気づいたナランチャは、仲間に連絡しようと公衆電話に向かいます。

小さくなった体で苦労しつつも電話にたどり着いたナランチャでしたが、どの電話も線が切れて通話ができません。

自分の近くにホルマジオがいる事に気づいたナランチャは辺りを探します。

ホルマジオはポケットの中に潜り込んで隠れようとしますが、居場所を見つけたナランチャはホルマジオを捕まえます。

ナランチャは小さいホルマジオを手で掴んで、エアロスミスで攻撃しようとしましたが

一瞬の間にペンを元に戻し、その反動の力でホルマジオは脱出します。

リトル・フィートの能力小さくするのは時間がかかりますが、元に戻すのは一瞬で戻る様です。

ナランチャが小さくなるまで、物影でやり過ごそうとするホルマジオでしたが、エアロスミスに発見されてしまいます。

どんなに逃げてもエアロスミスは追って来ます。

逃げているうちに下水道に落ちてしまったホルマジオ

ホルマジオのいるチームは9人

彼らはボスからの報酬に不満を抱えていました。

自分達はもっと評価されていいとボスに反感を持っていました。

ある日チームの2人がボスを探ろうとし制裁を受けてしまうのです。

諦めかけていた時に、ボスの娘の情報が飛び込んで来たのでした。

下水道に落ちたホルマジオは何がなんでも這い上がってやると、決意を固めます。

エアロスミスが下水道の中にいたネズミを攻撃しているのを見て気付きます。

エアロスミスが探知しているのは呼吸だと

吐いている二酸化炭素を感知しているのです。

ホルマジオは近くにいたネズミを大量に走らせナランチャを撹乱する策に出ました。

大量のネズミによってホルマジオを見失ったかに思えましたが、エアロスミスはホルマジオに狙いを定めるのでした。

ホルマジオがネズミの背に乗ったので、そのネズミだけが息が上がって区別する事が出来たのです。

ナランチャのエアロスミスが攻撃を開始します。

元の大きさに戻ったホルマジオはエアロスミスの攻撃を耐えきる事が出来たようです

 

スポンサーリンク

アニメ ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第10話 感想

今回の見どころは、中盤のホルマジオ達チームの紹介ですね。

ホルマジオ以下全員の顔出しでした。

原作ファンはまさかこの段階で顔出しするとは、思わなかったのでないでしょうか。

原作では、登場するまでは顔出しは無かったですね、

あるキャラなどは登場しても、黒い影で覆って、直前までは顔出しは無かった者もいました。

アニメ、面白くなって来ましたね。

ブチャラティチームとの、チームとしての戦いが始まります。

敵キャラクターを更に掘り下げる事によって、よりチーム間の差が出てきますね。

ホルマジオとの戦いは時間佳境に入ります。

小さくする能力にナランチャがどう挑むのか楽しみです。

 

 

コメント

スポンサーリンク