安納サオリ 不屈の精神が凄い!自ら取材を望んだ話したい事とは?

エンタメ
スポンサーリンク

安納サオリ 不屈が注目されていますね。

女子プロレスラーの「絶対不屈彼女安納サオリさん

ツイッターで自ら取材を望んだインタビューが話題になっています。

自ら取材を望んだ話したい事とはいったいどのような事なのでしょうか?

詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

安納サオリ 不屈の精神が凄い!自ら取材を望んだ話したい事とは?

「絶対不屈彼女」のキャッチコピーを持つ安納サオリさんが

ツイッターで自ら取材を望んだそうです。

新型コロナウイルスの感染拡大でプロレス界でも試合が自粛され

現在は試合ができない状態になっています。

安納サオリさんの所属するDDTでは無観客試合を行いましたが

多くの大会は中止・延期になってしまっています。

 

安納サオリさんの不屈について次のように報道されています。

「私を取材してください
この想いを話したいですわ。
うずうずですねん」

プロレスラーの安納サオリがツイッターにそう書いたのは、3月26日のことだった。この日、安納が主戦場としている団体、OZアカデミーの後楽園ホール大会(4月11日)が開催中止となった。「レスラーとしても人間としても憧れ」である尾崎魔弓と初のシングルマッチを行なうはずだった大会だ。

 

安納サオリさんのツイートがこちら

 

安納サオリさんの話したい事とはいったいなんなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

安納サオリ 不屈の詳細

それでは安納サオリさんのインタビューを見てみましょう。

 新型コロナウィルスはすべての団体・選手の活動に影響をもたらしたが、安納の“ダメージ”は特に大きかったかもしれない。昨年末に所属のアクトレスガールズを離れ、フリーになった。2月から試合を再開し、さあここからという時に“自粛要請”だ。3月の試合は予定の半分に減ったという。フリー1年目、顔と名前を売らなければいけない大事な時期に、予想もつかない邪魔が入ってしまった。

ツイッターを見てすぐにコンタクトを取り、スケジュールを合わせてインタビューしたのは4月6日、月曜日だった。緊急事態宣言の直前だ。

この週、多くの団体が長期間の大会中止・延期を発表している。
「“プロレスのない私ってなんなんだろう”って」

実際に会って話すと「もう気持ちを切り替えました」と安納は言った。「私、得意技が“切り替え”なんです(笑)」。

とはいえ、不安や戸惑いが完全に消えたわけではない。

「試合がなくなったのは、やっぱりショックですけどね。試合から離れることへの恐怖はあります。“プロレスのない私ってなんなんだろう”って」

安納は18歳で故郷の滋賀から役者を目指して上京した。

うまくいかずに「やさぐれていた」こともあったが、そこでスカウトされたのが“女優によるプロレス団体”というコンセプトのアクトレスガールズだった。

「見られるのが好き」な安納にとって、リングという表現の場はとてつもなく刺激的だった。
「こうなる前から、普段は引きこもり(笑)」

「360度、全部の方向から見られるのは気持ちよすぎますね(笑)。お客さんの反応もすぐに返ってくるし、たくさんの人が自分の名前を呼んで応援してくれるのも嬉しい。それにプロレスは“主役”が1人じゃないんですよ。リングに上がったら全員が“私が主役”と思ってる。実際に内容しだいで、前座でもその日の主役になれますから」

今はそんな大好きな場所を失った状態だ。

「こうなる前から、普段は引きこもり(笑)」な彼女は、人に見てもらわないと「“安納サオリ”になれない」と言う。

人に見てもらえることでプロレスラー「安納サオリ」になれる

普段の安納サオリさんが引きこもりだったというのは意外ですね。

 

私はコスチュームを着て、試合用のメイクをしてリングに上がることで“安納サオリ”になるんですよ。今はスイッチが入っていない状態。それが続くのは怖いですね。“安納サオリ”としての感覚が鈍るんじゃないかって。試合ができない、ファンのみんなと会えない。これは病みますよ(笑)。でも今、自分の一番の仕事は家にいること、健康でいることですもんね。それが周りのためにもなる。病んでばかりもいられないから、とにかく“安納サオリ”のことを考え続けてます

彼女はプロレスラーとしての自分を「安納サオリは」と三人称的に表現する。曰く「前は自分に自信がなかった。でも今は誰よりも自分が“安納サオリ”を好きでいたい。自分が好きでいられる“安納サオリ”にならなきゃいけない。そうじゃなかったらお客さんが愛してくれるわけがないって思うんですよ」。

 

 

 

スポンサーリンク

安納サオリ 不屈の動画

安納サオリさんのYouTubeチャンネルの動画を集めました。

 

コメント