ミカエル・ミシェル 帰国がヤバい!コロナで日本にいられなくなった

エンタメ
スポンサーリンク

ミカエル・ミシェル 帰国が注目されていますね。

フランス人ジョッキーのミカエル・ミシェル騎手

緊急帰国したことが話題になっています。

どういう事なのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

ミカエル・ミシェル 帰国がヤバい!コロナで日本にいられなくなった

フランスから地方競馬の短期免許を取得し来日していた

フランス人ジョッキーのミカエル・ミシェル騎手が緊急帰国しました。

 

 

先月31日で短期免許の期限が切れた後も

日本残留を希望していましたが

新型コロナウイルスの感染拡大が広がっているなかで

やむを得ず帰国することになったようです。

フランスに帰国するにあたってミシェル騎手は

「フランスに帰国後はしばらく隔離期間が続くと思うし、隔離が解除されても制限が厳しい中での生活となる。ただレースに出られなくても、何人かの調教師から管理馬の調教に乗せてもらえることになったので、馬と接することができるのは良かった。秋にはJRAの一次試験を受けたいと思っているので、レースに乗れないぶん、日本語の勉強に時間を費やして、一人でもしっかりコミュニケーションできるように頑張りたい」

とコメントしています。

 

スポンサーリンク

ミカエル・ミシェル 帰国の詳細

詳しい記事はこちら

フランスから地方競馬の短期免許を取得し、先月31日まで、南関東競馬で騎乗したミカエル・ミシェル騎手(24)が9日朝、成田空港からフランスへ帰国した。

日本ではコロナウイルス拡大の影響で緊急事態宣言が出され、さらに来週からフランスへの航空便がなくなる可能性が高い状況を踏まえ、当初の予定を早めることとなった。

ミシェルは「フランスに帰国後はしばらく隔離期間が続くと思うし、隔離が解除されても制限が厳しい中での生活となる。ただレースに出られなくても、何人かの調教師から管理馬の調教に乗せてもらえることになったので、馬と接することができるのは良かった。秋にはJRAの一次試験を受けたいと思っているので、レースに乗れないぶん、日本語の勉強に時間を費やして、一人でもしっかりコミュニケーションできるように頑張りたい」と日本語のさらなる上達を目標に掲げた。JRAの一次試験を受験後は、再び地方競馬の短期免許を取得し、南関東での騎乗を予定している。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

スポンサーリンク

ミカエル・ミシェル 関連動画

ミカエル・ミシェル騎手の動画を集めました。

スポンサーリンク

ミカエル・ミシェル 帰国についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

今はどちらの国にいても状況は似たようなもんでしょう。
フランスの方が外出禁止が早かった分、落ち着くのも早くなるかもしれませんが。
ご本人が一番落ち着ける場所で過ごすのが、メンタルが安定して免疫力向上にもつながるでしょうから、良いことだと思います。

 

ミカエルミシェル騎手、お疲れさまでした。また、再来日して、JRAの試験合格し、将来的に、藤田菜七子騎手、今年入学した3人娘と一緒に中山競馬場で、有馬記念に是非騎乗して下さい。華やかになりそう。想像しながら、楽しみにしています。その前に、船橋競馬場でも、是非勇姿を。それと、フィアンセも一緒に、帰国したのですか?結婚間近なのですか?某記事で知りました。公開、報告もお願いします。新型コロナウイルスには気を付けて、頑張って下さいね!

 

かわいい。
名前もかわいい。
また日本で活躍して欲しい。

 

・特例での年度またぎでの短期免許更新めぐるNARとの騒動
・3月下旬に不要不急の外出(東京駅近く)で花見やカフェ
・3月下旬に馬主や調教師と会員制和牛懐石で会食
・4月1日に報知の取材陣連れて小田原と箱根を観光
ちょっと騎手としての対応や行動(感染予防含めて)が微妙だなとは感じた。

 

猛々しく嘶く馬を雅な世界から競走馬の世界へ乗ってくださいと思う騎手になれる事を願い勉強を邁進してください。

 

ミカエル ミッシェルって完璧な素敵な名前。

 

モレイラと同じくJRAは忖度しないだろうから日本語の勉強を頑張ってください。
そこが最大の障壁だと思うので。

 

やはり報道陣が集まってしまったんですね。
彼女自身が「報道陣の皆さん、緊急事態宣言が出たのだから空港には来ないで」と懇願していたにもかかわらず…。
日本のマスコミは、なぜこうも危機管理能力が低いのだろう?
ワイドショーやニュースでは不安を煽るような特集ばかり組んで、視聴率稼ぎに躍起になっているくせに。

 

スポンサーリンク

ミカエル・ミシェル 帰国のまとめ

以上、ミカエル・ミシェル 帰国について調べてみました。

 

コメント