関根潤三 秘話!今明かされる長嶋一茂ドラフト1位指名の裏話とは?

エンタメ
スポンサーリンク

関根潤三 秘話が注目されていますね。

元プロ野球選手の関根潤三さんが死去されました

かつてヤクルトの監督だった当時、入団してきたのは長嶋一茂さん

ドラフト1位指名の裏話が関根潤三さんの秘話とともに明かされました。

スポンサーリンク

関根潤三 秘話!今明かされる長嶋一茂ドラフト1位指名の裏話とは?

長嶋一茂さんがプロ野球・ヤクルトにドラフト1位指名で入団した当時

監督だったのが関根潤三さんでした。

あの長嶋茂雄氏を父に持つ長嶋一茂さんを

関根潤三さんはどのように見ていたのでしょうね?

 

秋季キャンプで記者と二人でいる時

神宮球場で見たけど、一茂は違ったよ。いっぱいいる選手の中で“軍旗”を立てていた。『俺が長嶋だ』ってネ。ウチ(ヤクルト)にはそういう選手がいないんだ。欲しい

関根潤三さんは思わず口を滑らせてしまったそうです。

この話を聞いた記者は

長嶋一茂1位指名スクープをとったのだとか。

 

長嶋一茂さんのドラフトの動画がこちら

 

 

 

スポンサーリンク

関根潤三 秘話の詳細

詳しい記事はこちら

関根さんには、ニュースの裏取りでよく「嘘」をつかれた。「監督というのはネ、嘘をつくのも仕事のひとつなんだよ。お前さん、まだ若いね。ホッホッホ」。おとぼけがうまく、カッときている記者をたしなめるセリフを何度も聞いた。

【写真】長嶋一茂、ヤクルト時代のミーティングで「ETとかドラえもん…漫画を書いてた」

そんな関根さんが、口が滑りニュースをくれたことがある。1987年秋のヤクルト伊東キャンプ。1対1で世間話をしていると、長嶋一茂の話を振ってきた。言わずと知れた長嶋茂雄さんの長男、幼少期から関根さんとも親交があり当時は立大の4年生。ドラフトで進路が注目されていた。「神宮球場で見たけど、一茂は違ったよ。いっぱいいる選手の中で“軍旗”を立てていた。『俺が長嶋だ』ってネ。ウチ(ヤクルト)にはそういう選手がいないんだ。欲しいよ」。

心臓が張り裂けそうになった。初めて本音を聞いた瞬間だった。「ヤクルト 長嶋1位指名」を他紙に先駆け1面で書いた。ドラフトではその通りにヤクルトが1位指名し、競合の末、相馬社長が黄金の左腕で引き当てた。ドラフト当日、関根さんは案の定「俺、そんなこと言ったっけ」と、とぼけながらもホッホッホッと微笑みを返してくれた。心にしみたあの瞬間は今でも忘れない。(87、88年ヤクルト担当・若菜 泉)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

スポンサーリンク

関根潤三 秘話についてネットの反応

ネットの声を集めてみました

六大学時代の長嶋一茂は立大の他の選手より体格が優っていて大きく見えた。
またサードからファーストへ投げるフォームは長嶋茂雄そのもののように見えた。
確かに花はあったけど、それだけ。上手くはなかった。

 

一茂の入団で、関根監督の次は長嶋監督になるものと期待していたのを思い出します。実際には、スワローズの野村監督が誕生。長嶋巨人と競い合ってセ・リーグを盛り上げることができたので、万々歳でした。

 

関根さんは温厚な方と言われていまずが、広島のコーチ時代に夜ベロベロに酔っ払って戻ってきた故衣笠選手に「衣笠、バット素振り1000回忘れているよ」と優しい声でベロベロの衣笠選手に1000回素振りをやらされたと衣笠選手が話していました。

 

関根さんのヤクルト監督時代からしか知らないけど、今の社会に大事な人を使う技量はずば抜けていたと、後にプロ野球ニュースの解説者でお話されているのを見て感じました。
決して、威圧感を出さずに好きなようにやれ、ダメなら俺が責任とるって言う指導者、上司は一生に一度巡り会えばラッキーです

 

いくら血筋とはいえ、高校から本格的に野球を始めて大学でレギュラー、ドラ1でヤクルトに入っていきなりホームランデビューなんてそうは居ませんよ。自分は運良く生で観戦したのですが、負け試合でヒーローインタビューを受けるなんて後にも先にも一茂だけでしょう(笑)

 

一茂さんの潜在能力は関根さんや落合さんに言わせると
お父さん以上って言っていたよね。
関根さんが一茂さんに対してある意味で後悔ともとれる
事を言っていたのは、お父さんに獲得意思を表明する為
に家を訪問したら、すでに手首が腱鞘炎にかかっている
からプロとしてはどうか?っていうのを大丈夫と言って
獲得したものの、実際キャンプイン後に二日間打撃練習
をさせたら手首が腱鞘炎で痛いという事で大事を取って
打撃以外の練習もスロー調整にさせて結果的に中途半端
な状態のまま監督を辞めた事らしいね。
そういった背景があったとしても落合さんやデーブさん
がいう内角が怖い状況だったから一流の成績を残せたか
どうかはわからないけれどね

 

立教高校、立教大学、四番サード長島、主将。
長島茂雄の長男。
それだけで、
巨人か、ヤクルトか、西武は、絶対ドラ1。
採るべきだったね。
そして即、4番サードで出すべきだった。
みんな、それを観たいのよ。
デビュー4打席連続三振を。
プロ野球は興行だからな。

 

関根さんの解説はよく、ニッポン放送のショーアップナイターで聞いていました。当時、巨人贔屓の解説者が多い中で関根さんの解説は公正中立。今でもよく覚えています。
関根さん、安らかに

 

スポンサーリンク

関根潤三 秘話のまとめ

以上、関根潤三 秘話について調べてみました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

コメント