富川アナ謝罪 識者疑問がヤバい!感染発覚後もスタッフ無視で番組継続

エンタメ
スポンサーリンク

富川アナ謝罪 識者疑問が注目されていますね。

新型コロナウイルスの感染が発覚した報道ステーションの富川アナが謝罪したことが話題になっています。

しかし、番組スタッフ全員が2週間の自宅待機になっているにも拘らず

報道ステーションの製作は継続して放送されるようです。

どういう事なのか詳しく調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

富川アナ謝罪 識者疑問がヤバい!感染発覚後もスタッフ無視で番組継続

新型コロナに感染した報道ステーションのメインキャスター、富川アナの

謝罪のコメントが番組で紹介されました。

「番組で繰り返し感染予防を呼び掛けていた立場にもかかわらず、このような事態を招き、視聴者の皆様、関係者の皆様に大変なご迷惑をおかけしました。申し訳ございません」と謝罪コメント~

「すぐに平熱になったことから、発熱を軽視してしまい、上司や会社に報告せず、出演を続けたことを深く反省しています」

「視聴者の皆様からは、多数のお叱りの電話やメールを会社にいただいていると聞いています。これらを真摯(し)に受け止めたいと思っております」

「なお、3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」

しかし、謝罪した富川アナに対して

報道ステーションは番組として謝罪は行われていなかったようです。

発熱後の行動は反省の対象のようです。感染前の行動は、大きな問題はなさそうです。でも、お叱りの電話メールが殺到です。

■謝罪しなかった番組、謝罪した個人

その前日の番組では、番組としての謝罪はありませんでした。

 

スポンサーリンク

コロナ感染発覚直前の富川アナの動画

発熱があっても無理して報道ステーションに出演していた富川アナ

声がカスカスで明らかに調子が悪そうです。

 

このような状況でも休ませて貰えなかったのでしょうか?

感染自体は恥でも罪でもありません。しかしその前後の行動は、反省や謝罪の対象にもなるでしょう。

今までも様々な病気が偏見差別を受けてきました。そのために、当事者や家族が苦しむことに加えて、社会全体が歪められてきたのです。

今回の新型コロナでも、たとえばある島の第一号感染者が誹謗中傷の対象になりました。彼は島外からの転入者だったことも、非難の的になった理由の一つでしょう。

学生から感染者を出した大学に嫌がらせの電話が殺到し、さらに「殺す」「火を付ける」といった脅しめいたことまで起きています。

病気や怪我など不祥事ではないのに、迷惑をかけましたと謝罪する日本文化は、悪くはありません。しかし、その謝罪は周囲からの温かな許しが前提です。

責任ある個人や組織が、安易な謝罪で、病のスティグマ(烙印)化を進めてはいけません。

 

コメント